スロット新基準機ハイエナでおすすめする機種TOP5を発表!

5号機新基準機は勝てないイメージが強いんだよなぁ。

何か新基準機で勝てるおすすめの機種はありませんか?

6号機は2400枚規制があるので、イマイチなので一撃で出るやつがいいです。

今回の記事は、5号機の中でも新基準機に含まれている機種を中心に天井狙いで稼ぎやすい機種をお伝えしていきます。

5.5号機の部類のため、5.9号機から搭載されている有利区間や6号機の2,400枚規制などが全くない機種になります。

ちなみに昨今のコロナの影響もあり、2021年11月まで設置期限が延長された機種を中心に厳選してみました。

まだまだ打てる機会が残っているので、是非チェックしてみてください。

この記事でわかること
・まだ打てる5号機新基準の中でおすすめ機種TOP5

・各機種の狙い目や天井条件を復習

・新基準機が狙い目になる理由を独自考察

・新基準機でより稼ぎやすくる方法の紹介

スロット新基準機ハイエナでおすすめする機種TOP5を発表!

通常時がマイルドになりながら、一撃性も併せ持つ5.5号機の新基準機。

その中でもハイエナにおすすめな機種を主観的にランキング形式で発表していきたいと思います。

ハイエナに特化しているので、天井が隠れやすかったり、他の人に取られにくいような仕様は上位にランクインされています。

それではランキングを発表していきます。

5号機新基準機のおすすめランキング
第5位:BLOOD+
第4位:エウレカセブンAO
第3位:バジリスク3
第2位:リング終焉
第1位:G1優駿倶楽部

番外編:モンスターハンター恐竜戦線

完全に独断と偏見ですが、こんなランキングにしてみました!

おすすめする理由と狙い目などを順に見ていきましょう。

第5位:BLOOD+

この機種の天井期待値は単純にG数ではなく、BEのスルー回数によって決まるのでやや複雑な仕様になっています。

それからほぼ青天井になっているので、時間がかかるため時間的リスクがある部分も、多くの人が敬遠する理由です。

天井到達後のDEADorALIVEが一番の叩きどころで、ALIVEでは「+1000G」という爆乗せが確定します!

まだ一度も入れたことはありませんが、撤去までに引きたいところです。

天井期待値をおさらいすると

ブラプラ 天井期待値

※引用:期待値見える化様ブラッドプラス 天井期待値・狙い目・やめどき・朝一リセット解析

狙い目は700G前後くらいになりますが、G数が隠れるタイプではないためそれほど拾いやすくはない機種です。

ただ天井の恩恵がおおきく比較的期待値が取りやすい機種なので、ハマり台はチェックしてみてください。

時間に余裕がないと取りこぼしのリスクがあり攻めにくいですが、条件は他の人も一緒なので敬遠されるところを狙い撃つことも可能です。

資金と時間に余裕があるときは、「+1000」目指して突撃してみては?

第4位:エウレカセブンAO

BAR揃い

続いてエウレカAOが第4位にランクインです。

この機種の特徴としてはボーナス間天井であり、非常に隠れやすい特性を持っています。

ARTでデータカウンターがリセットされるので思わぬお宝台が落ちていることもありますよ。

僕が拾った中で一番美味しかったのは、天井まで残り100Gを切っている状態でしたね。

データカウンター上は150Gくらいで、一見普通に落ちている台だったのですが、中身を見て驚きました!

確認方法も「PUSH」を押すだけなのでとても簡単に確認できることもありがたいですね。

天井は900Gと浅く、ART中もG数が増える仕様のため気が付かずに捨てられるケースが多いです。

少し前の機種で天井発動条件を忘れがちになっているのもあり、非常に拾いやすい機種の代表です。

稼働がそこそこ付いているホールであれば、狙い目にもなりますのでチェックしておいてくださいね。

天井期待値はこちら

※引用:期待値見える化様『エウレカセブンAO スロット新台 天井期待値・狙い目・やめどき・朝一リセット解析』

狙い目としては時間効率が良いので550G~とされていますが、個人的にはもう少し深くても大丈夫な印象です。

ゴロゴロ落ちているわけではありませんが、600G~でも落ちている可能性が高いので育ち待ちするのもありだと思います。

その辺は状況次第で判断して、他に打てる台があれば先に消化して育つのを期待する立ち回りもいいですね。

一撃待ちのゲーム性で、ツボにハマれば万枚も狙える機種であり6号機にはない夢がある機種ですね。

第3位:バジリスク3

個人的には好きな機種ですし1位も考えましたが、稼働が弱くリセットも掛からなくなり拾える機会が激減してしまいました。

この機種はART間が本当のハマりでボーナスを引いてもリセットされないのが大きな特徴ですね。

本当のハマりG数は筐体で確認できるので必須です。

ART間1000G以上のハマり台も数台拾ったことありました(爆)

期待値はこちら

※引用:期待値見える化様『バジリスク3 天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき解析』

狙い目は700G~くらいですが個人的にはもう少し早めでも良いような気がします。

バトルの解析から考察上、真瞳術の突入契機である「鬼哭啾々」は、連チャンしていればポイントが溜まって1回は突入するような仕組みです。

僕が書いたバトルシステムの解析はこちら
↓↓↓

今回紹介した期待値はバトル解析が出る前のことなので、このことは考慮されていないことが考えられます。

天井での当選の場合ART確定+CZが付いてくる関係で、連チャン期待度が通常の当たりより上がるはずなので、「鬼哭啾々」にも入りやすくなる分の期待値が上がると思います。

鬼哭啾々自体の突破率が低いので、それほど大きな上昇ではないでしょうが・・・。

それでもプラス要素にはなるので、もう50Gくらい早めでも問題ないと思っていますね。

隠れやすいポイントがあり、3位となりました。

第2位:リング~終焉の刻~

実践自体は数えるほどですがゾーンがかなり強く狙いやすい台です。

期待値はこちら


※引用:期待値見える化様『リング 終焉ノ刻 スロット 天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき・朝一リセット解析』

狙い目は
天井狙い・・・780
ゾーン狙い・・400~650G付近までとなっています。

天国に入りにくいけど一度入ると連チャンしやすいという仕様もあるので、止め時が重要になりますね。

この台は前兆がわかりにくかったり、突然あたり告知が来たりとちょっと特殊な機種なのでやめ時が難しいです。

打ってみての注意点や、やめ時の考察をまとめていますのでこちらも併せてご覧ください。
↓↓↓

この記事にもあるように、天国フォローする状況で落ちていることもあり、狙い方が多彩なのもありがたいポイントです。

前兆が非常にわかりにくいので、案外ゾーン手前で落ちていることもあるのでおすすめです。

第1位:G1優駿倶楽部

栄えある個人的おすすめハイエナ新基準機はG1優駿倶楽部です。

スゴく拾いやすいかと言ったら、実はそこまで拾いやすくはないのですがそれを補うくらい面白い、斬新なシステムの台ですね。

通常時も飽きさせないように毎G変化がありますし、ART中も爆発要素あり萌え要素(!?)ありで凄く楽しく打つことができます!!

期待値についてはこちら

※引用:期待値見える化様『G1ダービークラブ 天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき・朝一リセット解析』

狙い目はちょっと複雑でシンボリクリスエスが出現したかどうかで変わって来ますが、不明な場合は500G近くから確認が取れている場合は350Gくらいからですかね。

少し古い機種になってG1優駿倶楽部2と混同しがちなのか、シンボリクリスエスで落ちていたこともあります(笑)

単純にG数だけで狙いにくい仕様なので、他の人が敬遠しがちなところがポイントアップです。

G数が隠れるわけではないですが、複雑なシステムによって他の機種よりは拾いやすい状況が生まれています。

今一度狙い目を確認しておいて他の人が打っている時や空き台になっている時は情報を集めて自分だけ有利に動けるようにしておきましょう。

番外編:モンスターハンター~狂竜戦線~

最後に本当は入れたかったけど入れられなかった機種を紹介します。

この機種は当初はスルー狙いを主で注目されていましたが、HR狙いの方が効率が良さそうだと言うことが判明してきています。

ただその頃には稼働がほぼなくなって通路状態になってしまって、今では設置がなくなってしまいました。

HR黒を拾ったりモードを推測しながら狙ったり、狙い所は多くてハイエナ的には「あり」な機種だったのですがシステムがあまり受けなかったのですかね!?

実際の稼働では1頭もモンスターを倒せず、全て単発で終わってしまっているので、あまり良い思い出はないのですが、隠れやすくて狙われにくいことから番外編にあげさせてもらいました。

旧基準機が撤去されて行く中でこの機種が再導入されることがあれば注目していきたいと思います。

スロット5.5号機新基準機を狙うのが今だと考える理由!

この記事を執筆しているのは、2020年夏。

なぜ、今になって5号機の新基準機を狙うべきだと考えているのか、3つの理由があります。

今こそ新基準機を狙うべき3つの理由
・相対的な評価が上がって稼働が上がりつつある

・ライバルが少なくなりやすい

・天井情報が忘れられているケースがある

それぞれの理由を解説していきます。

相対的な評価が上昇し、稼働が上がりつつある

アナザーゴッドハーデスやバジリスク絆など5号機時代を彩った様々な機種が撤去され、代わりに6号機が導入されている状況です。

6号機は純増枚数が8枚/Gに迫るなど瞬発力を秘めている反面、2,400枚規制により1回の最大獲得枚数が決まってしまっています。

そういったことも敬遠されることになり、6号機の稼働がイマイチ上がらない状況です。

一昔前は5号機の新基準機は出ない・稼げないと言っていたのと近い状況なのかなとも感じますね。

確かに5号機の新基準機は純増が遅く、1回あたりの獲得枚数も少なくなる傾向があります。

そういった傾向から敬遠されがちで、稼働が上がらず狙える台も少ない状況がありました。

でも、今は違います。

強かった旧基準機は凱旋や沖ドキなど一部を残すのみで、相対的な評価が上がっています。

なんと言っても魅力は、枚数上限がないことですね。

エウレカAOやBLOOD+なんかは、ツボにハマれば一撃万枚も可能になるほどの強力なART性能を併せ持っています。

ランキングには入りませんでしたが、一撃性能で言えば番長3や聖闘士星矢海王覚醒もとてつもない爆発力があります。

いつの時代もスロットの稼働状況は相対評価です。

設置されている機種の中で一撃性能が高い機種が人気になりやすいものです。

これから完全6号機になるまでのわずか1年足らずの期間ですが、今が5.5号機新基準機の一番輝く時代になると僕は予想しています。

一時は旧基準機に完全に押し負けていた新基準機も、徐々に存在感を見せるようになってきました。

本編にも一部あったように、ハイエナをして稼ぐには「誰かが台を育てる」必要があります。

稼働がないと前提条件をクリアできないので、なかなか難しい状況だったのが相対的評価の高まりにより、少しずつ稼働が改善しているのです。

地域やホールにもよりますが、以前に比べて狙う機会が増えていると肌で感じています。

ライバルが少なくなりやすい

まだ完全に5号機の旧基準機が撤去されたわけではなく、凱旋を筆頭にまだ現役で活躍している台と併存している状況です。

どうしても旧基準機と比較すると弱いのが新基準機なので多くの人はまだ旧基準機の方に目が向いています。

だからこそ、今は新基準機のマークが薄くなりやすい状況が生まれているのです。

旧基準機と併存している状況であれば、そちらの方が期待値が取りやすいですし、人間心理としても打ち慣れた方が安心感もありますよね。

そういったことを含めて、現に多くのライバルさんが旧基準機を狙っています。

今のような旧基準機と新基準機が併存している時期だからこそ、新基準機のマークが薄くなり美味しい台を打てる可能性が上がるわけです。

天井情報が忘れられているケースがある

これは一般の打ち手やライバルさん両方に言えることですが、天井情報を忘れているケースがあることです。

さきほどTOP5のランキングを見ていただいたらわかると思いますが、実際に天井条件を見て「あれ?そうだったっけ?」ってなりませんでしたか?

人間の記憶は重要な情報以外は忘れられるようにできていて、使用頻度の少ない情報は忘れてしまうものなのです。

登場から1年以上経過している機種で、一時的に稼働が落ちてしまった機種なんかは天井の条件や、狙い目G数などを把握していない人がほとんどです。

また、AOやバジ3のようにボーナス間天井だったり、G1優駿倶楽部のようにシンボリクリスエスが出たら期待値が変わるなど、複雑なシステムもあります。

こういった場合、そもそも理解されているケースが少ないですし、忘れられる確率も高まります。

そういった人間が陥りやすい状況を先読みして、台を拾うことがチャンスを掴むきっかけになります。

どれもが少し古い機種になってしまいますが、評価が上がり稼働が回復している今こそチャンスになるのです。

機種も大事だけど、最後にものを言うのは・・

新基準機が今チャンスになっていることをお伝えしてきました。

もちろん機種を選定することも重要ですが、ハイエナで最も大事なことは「ホールを選ぶこと」です。

僕の過去のツイートでも

こういったことをつぶやいて、好評を得ています。

機種を覚えることは、ドラクエで言うところのタンスやツボ、宝箱などお宝が入っている可能性がある場所を知ることです。

でもいくら場所を知ったところで、民家で必死にタンスを開けたところで薬草や皮の服くらいしか手に入りません。

反面、宝物庫に行けば目の前にある宝箱を開けるだけで、鉄の剣やブーメランなど強力なアイテムが手に入るのです。

いつも同じホールでしか稼働していなければ、仮に民家だとしてもそれに気が付きませんし、成長は少ないです。

いくら期待値が取りやすい機種を覚えたところで、常時稼働が0Gのホールに行っても勝てませんよね?

いくら稼ぎやすい機種を覚えても、ホールを開拓していかなければいつまでも期待値を積むことができません。

せっかく新基準機で稼ぎやすそうな機種を覚えたので、この機会にホール開拓をしてみませんか?

僕も過去に何度か壁にぶち当たる度に、足を使ってホールを開拓していくことで壁を壊してきました!

「期待値がある台を拾えない」と考えている場合、ホール選定に問題があることがほとんどです。

僕の過去の記事を読んでホール開拓の参考にしてください。

5.5号機新基準機のハイエナおすすめ機種まとめ

新基準機で稼ぎやすい機種TOP5をご紹介してきました。

5号機新基準機のおすすめランキング
第5位:BLOOD+
第4位:エウレカセブンAO
第3位:バジリスク3
第2位:リング終焉
第1位:G1優駿倶楽部

番外編:モンスターハンター恐竜戦線

少し前の機種になりますが、天井が隠れやすいなど拾いやすさも考慮したランキングになっています。

そして今が新基準機がチャンスになる時期です。

その理由は

今こそ5号機新基準機を狙うべき3つの理由
・相対的な評価が上がって稼働が上がりつつある

・ライバルが少なくなりやすい

・天井情報が忘れられているケースがある

これらのことから、稼働とライバルの関係がちょうど良くなる頃合いだと考えているからです。

新基準機が出た頃は、旧基準機との共存時代なので比較対象がハーデスや凱旋など爆発力のある機種たちでした。

今は比較対象が6号機になり、新基準機のほうが爆発力のある機種になってきています。

そうした相対評価から稼働が上がりやすく、でもマークが甘くなるという絶好の環境になってきています。

地域性やホール状況に左右されるわけですが、新基準機の底力を発揮するべく注目度を高く持って稼働してもらいたいです。

一応2021年1月31日までの設置期限であることが予想されるので、これから1年の間が勝負です。

自分にとってのお宝ホールを開拓し、スロットで勝つ世界を掴み取ってください。

まだまだ業界がおおきく変わる可能性があります、知識を入れていつまでも稼ぎ続ける自分にレベルアップしておきましょう。

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


結婚して家族を持った場合、スロットで負けていると家計は火の車です。

できれば趣味であるスロットで勝ちたいところですが・・・

実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの情報であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点」である情報を「線」となる知識にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で情報を知識にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




2 件のコメント

  • リンク貼ってくれてありがとうです~ヽ(゚▽゚*)

    ですけどバジ3の収支が羨ましすぎます・・・

    リセット店かランダムリセットかまたは据え置き店等で、バジ3にリセ狙いは難易度異なりますけど、やっぱ人が知らない知識もってると立ち回りの幅が広がりますね~

    • 伏兵君さん、コメントありがとうございます(*^_^*)

      画像が多くあって、とても見やすかったので
      紹介させてもらいました(>_< )
      バジ3はエンディング2回行ってますし、相性が良いので
      積極的に打っていけます。

      やっぱり知識は大事ですね。
      自分だけ知っている情報があればそれだけ優位になれますし(>_< )

      これからもアニスロドットコムの記事を参考にさせてもらいます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です