【誰でも完璧】5スロ優良店の探し方のテンプレートをご紹介!

5スロ 優良店探し方
5スロの優良店はどうやって探すの?

初心者にも優良店は探せる?

優良店を探すときのコツを教えて下さい!

今回の記事ではその優良店の探し方にフォーカスしてまとめています。

ちなみに前回の記事では『5円スロットの優良店とはどんな店?【5つのポイントを押さえればOKです】』といった感じで、5つのポイントについて解説してきました。

まだ、読んでいない場合は先にこちらを読んで頂くと、今回の内容がスムースに入ってくると思います。

また僕の実績として、土地勘が全くない新天地で、ホール調査から開始して1ヶ月で40万円のプラス収支を上げた実績がありますので、ホール調査に関する一定のスキルを持っている裏付けとなるでしょう。

【誰でもこれで完璧】5スロ優良店の探し方テンプレートをご紹介!

【誰でもこれで完璧】5スロ優良店の探し方テンプレートをご紹介!

テンプレートの紹介の前に、まずは優良店の条件についておさらいをしていきましょう。

優良店の定義は、「自分にとって稼ぎやすいホール」のことで、5スロに関しては天井狙いがしやすい店が稼ぎやすい条件になります。

具体的に5つの条件をあげると

5スロ優良店の条件
稼働のバランスがいい

天井対策をしていない

ライバルが皆無or少ない

データカウンターが古い

年配者が多い

要するに、これらの項目をバランス良く満たす店が「自分にとっての優良店」となるわけで、調査するときにこれらの項目を中心に見ていけば良いわけです。

実際に僕が使っていたテンプレートをここに紹介します。

【コピペ推奨 ホール探しのテンプレート】
日付・曜日:
ホール名:
時刻:
換金率:
稼働率:
ライバルの有無:
客層:
到着時最大期待値:
ノーボナ(宵越し):
データカウンター:

この項目をスマホのメモアプリにコピペして、項目を入れる感じで探していけば、誰でも簡単に5スロ優良店を探すことができます。

優良店を見つけるための大前提

優良店を見つけるための大前提

実はこのテンプレートを使ってチェックしただけで、すぐに優良店を見つけられるかというと必ずしもそうとは限りません。

なぜなら優良店を見つけるには絶対的に数が必要だからです。

ですから、1店舗や2店舗調査したところで、大した成果は上げられないでしょう。

これは恋愛とも似ています。

自分の好みの異性を選ぶとき、5人と20人どちらのグループから選べと言われたとき、自分の好みにマッチした人を選べる確率が上がるのは20人の方ですよね?

それと同じで、多くのホールの中から選択したホールが自分にとって選別された優良店になるわけです。

「優良店が見つけられない!」と言う人の中で、単純に数が足りていないケースが多くありますので、まずは自分が行ける範囲のすべてのホールを回る勢いで調査をしてみて下さい。

自宅や職場から半径30分~1時間以内のホールを調査することをお勧めします。

今の時代はツールも発達して自宅にいながら台のデータを見ることもできますが、打っている人のレベルや客層、ライバルの有無などの重要な情報は、実際に現場に行かないと収集できないデータも多くあります。

台選択よりもホール選択の方が何倍も重要だと考えているので、ここは惜しみなく労力を使っていきます。

グーグル検索で「近くの パチンコ屋」と入力すると地図で一覧が出てきますので、片っ端から行く感じにすると良いと思いますし、実際に僕もその方法でホールを開拓してきました。

検索窓に「近くのパチンコ屋」と入れてみると、ざっくりとした来店客数も把握できるので、グーグル検索を使うのがベストだと思います。

前回の記事で紹介した、グーグル検索での稼働率の推測を、そのまま引用しておきます。

グーグル検索

一覧が表示されますので

検索結果一覧

この時に、ホールによっては「訪問者の多い時間帯」のグラフが表示されるので、ここでざっくりとした稼働率が見れます。

下の図は日曜日のグラフで、昼過ぎから15時がピークで21時近くになるとガクッと稼働が落ちる様子が見れますし

日曜日のグラフ 昼間激混み、夜は早めに引く

こちらは駅近のホール金曜日の様子ですが、夕方から夜にかけてグーンと伸びている様子がわかります。

金曜日のグラフ 仕事帰りの稼働が顕著

日曜日は翌日の仕事のために、早めに帰宅する心理が見てとれますし、金曜日は“花金”と呼ばれるように、次の日も休みなので仕事終わりに稼働する人が多くいるのでしょう。

相対評価になるためホール間の比較はできませんが、同じホールでの稼働状況は把握できるので、こういった便利なツールを使いながら、効率的に調べて良い店を探すのもありですね。

半径30分~1時間のホールを全て回っても優良店が全く無いというのは、よほど地域性が悪いか運が悪いかのどちらかしかありません。

その場合は潔く諦めたほうが良いですが、そんな状況に陥ることはめったにありませんから、根気よく探してみてください。

ホールに入ったら実際にやること

基本的にホールに行ったらテンプレートに沿って項目を入力していくだけです。

メモアプリにテンプレートをコピペしておきます。

【コピペ推奨 ホール探しのテンプレート】
日付・曜日:
ホール名:
時刻:
換金率:
稼働率:
ライバルの有無:
客層:
到着時最大期待値:
ノーボナ(宵越し):
データカウンター:

ホールに着いたら大体3周くらいするのですが

ホールに入ったらやること
1周目:ホールのレイアウトの確認
2周目:打っている人やライバルの確認
3周目:台の情報を確認

こんな感じで、それぞれの周回で目的を分けています。

これは目的とするアンテナを張ることで感度を高めるためにやっていることですね。

とりあえずホールに着いたら日付と曜日、ホール名、到着した時刻を入れながらホールへ入店します。

もし換金率が事前にわかっている場合は換金率を入れておくと良いかもしれません。

ホールに入った1周目でざっくりとしたレイアウトや稼働率を把握します。

島単位で見ることも大事ですが、僕は全体的なホールの稼働率を把握するようにしています。

まずは大きい視点でホールを把握して徐々に狭めていくイメージで、ホントに1周目はざっくりとホールの中を回ります。

目立つ場所へ配置してある機種や稼働状況、トイレ・ベンチ・自販機・喫煙所の位置などの全体像を把握していきます。

そして2周目に人の確認へ移っていきます。

現在打っている人の客層やカチカチ君などの小役カウンターを使っているか、天井狙いのライバルがいるかどうかも把握しちゃいます。

ライバルの簡単な見分け方で僕が基準にしているのは

ライバル認定する基準
1会員カードを使っている

2貯メダルが1万枚以上

3打っている台が天井狙いの台だ

これらの条件が全て整ったらライバル認定をします。

初見で探せることもあれば、数回行って見える部分もあるので見つからなければ、とりあえずメモには「なし」と記載しておきます。

最後の3週目に少し細かな台の情報を見ていきます。

データカウンターのタイプや当日ノーボーナス台、空き台の中で最大期待値台などを少し時間をかけて吟味しながら見る感じですね。

できればホールのリセット状況を把握できればベストなので、当日1回めの当たりがハマっている場合、前日のやめG数がわかれば、宵越し天井を越えているのかどうかを把握できれば最高です。

さすがに一回目で見つからないこともあるので、メインは「その時点で、一番期待値のある台がいくらなのか?」を把握すると良いでしょう。

まり良い台が空いていなくても、とりあえずその時点で最大の期待値だけをチェックすればオッケーです。

全ての行程を終えるまでに15分くらいでしょうか?

あまり長居しても意味がないので、チェックが終わったら次のホールへと移動をしていきます。

ホールが集中している場所を1つの地区として考えて、1日1~2地区くらいを回ってできるだけ多くのホールを回るようにしましょう。

約1週間をかけてホール調査を進めていけば、かなり多くのホールが発見できると思いますし、今まで2~3店舗しか回っていなかった人にとっては、新たな発見があるホール探しの旅になると思います。

テンプレートを使ってチェックすれば誰でも良いホールを見つけることができますので、楽しみながらホール探しをしてみてください。

少なくとも今までこのような視点がなかった人にとっては、新しい発見があるでしょうし、別の視点で見ることができれば自分のスロットレベルがアップしたと同じ事ですので、こういったことを積み重ねていけば、5スロでも十分なお小遣い稼ぎができることでしょう。

5スロホール探しに関する一問一答コーナー

一問一答

のりへいさんは、どのような努力をして収支をプラスにしていますか?

僕が自分なりに努力している部分としては、やっぱりホール選択ですね。

例でも挙げましたが、5人より20人の中から選べたほうが、自分の好みにマッチした人を選択できると思うんですよ。

ですから、自分の好み(スロットで言うと、稼ぎやすいホール)を見つけるために、多くのホールを見ることを心がけています。

どんなホールが優良店になるんですか?

僕が個人的に好きなのは、過疎店ですね。

前回の記事5円スロットの優良店とはどんな店?【5つのポイントを押さえればOKです】で解説した、5つのチェックポイントに当てはまりやすいのが、過疎店だからです。

きっと多くの人は、宣伝をバンバンやってお客さんがたくさん入るホールを優良店と見がちですが、結局人が多いと自分の動きが制限されてしまうので、自分にとっての優良店になりにくいんですよね。

宣伝バンバンホールは、設定ベースも高くなりがちで出玉感もあるので期待感はあるのですが、結局は自分が台に座れないといけないわけで、それは損失だと考えるようにしています。

過疎店では、天井狙いで稼ぐ条件が整っていてお宝台が数時間放置なんてこともあって、それを見つけたときの喜びは、日頃の努力が報われた感じがして、全身がジ~ンとするほど嬉しいですね。

地域差って大きいですか?

僕は過去に人口30万人くらいの地方都市にいて、現在は100万人を超える都会にいます。

どちらも経験した上で、個人的な感想としては、田舎の方がやりにくかった印象がありますね。

ホールを選択する幅が狭まりますし、自分と同じように動くライバルがいると、行動がかぶっちゃってうまく立ち回ることができないことが多々あったからです。

現在はホール選択はいくらでもできる環境にいて、ライバルがいない環境を自分で作ることができるので、やりやすい感じです。

田舎とか都会とか一概に言えない部分はありますので、一個人の感想として受け止めてもらえればと思います。

ただ、どんな地域にしろ自分にとっての優良店は必ずあると思っていますので、足で稼いでみてください。

まとめ:誰でもできる5スロの優良店探し

5スロの優良店探しはテンプレートを使えば、誰でも簡単に探せます。

【コピペ推奨 ホール探しのテンプレート】
日付・曜日:
ホール名:
時刻:
換金率:
稼働率:
ライバルの有無:
客層:
到着時最大期待値:
ノーボナ(宵越し):
データカウンター:

このテンプレートに沿って、各項目をチェックしていけば5スロの優良店を探せると思います。

自分にとってベストなホール選択をするためにも、できるだけ多くのホールを探すことが求められますので、自分が行ける範囲のホールを回ってみることをおすすめします。

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


結婚して家族を持った場合、スロットで負けていると家計は火の車です。

できれば趣味であるスロットで勝ちたいところですが・・・

実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの情報であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点」である情報を「線」となる知識にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で情報を知識にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です