スロット換金率が悪いと損失はいくら?計算上27万円の損失が判明!

換金率悪いといくら
換金率が悪いとどのくらい影響があるんですか?

換金率が悪くてもそんなに差はないと思うのですが?

具体的にはどのくらいの金額になりますか?

損失を最小限にするための方法は?

換金率によって収支は1ヶ月数万円の差が出ることもあるほど大きく変わります。

今回の記事では、スロット換金率が悪い場合どのくらいの影響が出るのかを解説し、損失を最小限にする方法をお伝えしていきます。

この記事でわかること
■換金率による影響 1年間の損失金額

■引き分けが勝ちに変わる具体例

■換金率による影響を最小限にするための具体的方法

スロット換金率が悪いと損失はいくら?計算上27万円の損失が判明!

スロット換金率が悪いと損失はいくら?計算上27万円の損失が判明!

スロットの換金率による差の影響を調べてみると驚きの結果が出ました!

最初に金額をお伝えすると、27万円です!

1ヶ月2万円以上の差が出ることが判明しました。

この計算は換金率55枚交換の、どちらかというと非等価交換地域では普通の換金率の計算結果です。

僕がどのようにしてこの金額を算出したか、解説していきます。

稼働記録から投資金額を算出し、影響度を計算する

稼働記録から投資金額を算出し、影響度を計算する

僕が過去に稼働した1年間の投資金額がこちらです

320万円!※この記事では便宜上、300万円と計算していきます。

僕の稼働していた地域では「50枚貸し→55枚交換」が主流だったので、この300万円を全て現金投資したときの損失金額を計算していきます。

まずは、1000円を投資してメダルに変えた瞬間損失してしまう金額を計算していきましょう。

損失額の計算は、メダルを1000円分借りて、そのまま流したときの金額になるので「所持メダル÷交換率×1000円」に代入して計算します。

50(枚)÷55(枚交換)×1000円=909円と計算できました。

つまり、1000円をサンドに入れてメダルが出てきた時点で、909円の価値しかなくなり90円の損失が発生してしまうわけです。

1000円投資するごとに知らない間に90円の損失です。

1回あたりはそれほど大した金額ではないかもしれません。

しかし、これが年間にすると驚きの金額になります。

僕の場合年間300万円の投資だったので、1000円の投資を3000回繰り返したことと同じですね?

1000円あたり90円の損失なので・・・

1回あたりの損失90円×3000回=27万円!

こういった結果になりました。

月にすると平均でも2万円以上の損失額です。

このことから換金率が悪いホールで現金投資をすることの恐怖を実感していただけたでしょうか?

引き分けが勝ちに変わる?そんな具体例を紹介!

まだ実感が湧きにくいという方に向けて、実践の場で具体例を出して換金率の影響を考えてもらいます。

AさんとBさんの具体例
55枚交換のホールです。

AさんとBさんがスロットを打っていてどちらも1万円分を投資し現在550枚のメダルを所持している状況からスタート。

このあと二人の行動は大きく変わります。

Aさんの行動
「流れが悪いから」と言って一度手持ちのメダル550枚を流してから、再度現金投資1万円(500枚)で550枚を獲得して、そのメダルも精算しました。
Bさんの行動
手持ちの550枚からそのまま500枚のメダルを投資して550枚のメダルを獲得しました。結果的にトータル600枚の獲得をしています。

全く同じ枚数のメダルを投資して、同じ枚数のメダルを獲得した二人の収支はどうなるでしょうか?

計算してみましょう!

Aさんのケースを整理すると
1万投資→550枚流し
追加1万投資→550枚流しでした。

つまり現金2万円投資して1100枚のメダルを獲得したことになります。

獲得したメダルを金額にすると「1100÷55×1000=20000」となり、投資2万円、回収2万円で±0円の収支であることがわかりました。

Bさんの方は
現金投資1万円→600枚流しですから「600÷55×1000≒10910」であり、投資1万円、回収10910円で+910円の収支になりました。

全く同じ出玉状況だとしても現金投資を少なくするだけで、引き分けが勝ちに変わるこんな状況を生み出すことができるのです。

55枚交換の場合は90円の損失が生じていますので、今回のケースではその損失分の差額になったわけです。

2万円現金投資したAさんの損失額は、90円×20プッシュ=1800円
Bさんの損失額は、90円×10プッシュ=900円
この損失額分の差額が出てきたことになります。※誤差は小数点以下の計算を省いたため

最後にCさんの稼働を紹介します。

Cさんは現金投資を一切せず、500枚のメダルを貯メダル再プレーを使いました。

同じ条件だったときの収支はどうなるでしょうか?

これも計算してみましょう。

貯メダルから500枚を投資して、結果的に600枚のメダルを獲得しているわけですから、差枚数+100枚ですね。

100枚を金額にすると「100÷55×1000円≒1800円」で、収支は+1800円となりました。

1日2000円の金額差が出るとかなり大きいことは実感してもらえましたか?

こういった小さなことの積み重ねが年間30万円近い差になってくるのです。

換金ギャップによる損失を最小限に減らすための具体的方法

換金ギャップによる損失を最小限に減らすための具体的方法

ここまで来たら最後は、損失を減らす具体的な方法を紹介します。

上の例でもありましたが、損失を減らすための最も有効な方法は「現金投資をしない」ことです!

換金ギャップは1000円札をサンドに入れてダルが出てきた瞬間に生じます。

だから損失を減らすには現金投資をしなければ良いのです。

AさんとBさんCさんの例でもあったように、持ちメダルをできるだけ使うことが損失を回避することになります。

ですから僕のケースでも、投資金額の半分を貯メダル再プレーから使うことができれば、損失額も半分にすることができるのです。

このように非等価交換の場合、交換率が悪くなればなるほど、会員カードを使った貯メダル再プレーの威力を発揮します。

まだ会員カードを持っていない場合は、損失がどんどん膨れ上がりますので、絶対に作ってください。

会員カードを持つことによるメリット・デメリットや具体的な使い方はこちらの記事に記載しています。

パチ・スロ会員カード使い方まとめ!貯玉や換金方法までを順に解説!

2020.07.12

パチ・スロ会員カードの作り方と、メリット・デメリットを徹底比較!

2020.07.11

まとめ:換金率が悪い場合の影響と損失を最大限に防ぐ方法

レ点

最後に今回の記事をまとめておきます。

55枚交換という一般的な換金率でも、27万円という大きな金額差があることが判明しました。

これは現金投資をしたときに発生する、換金ギャップが影響しすべて現金投資をしたときの話です。

現在、非等価交換の地域で現金投資ばかりしてる人は同じくらいの金額の損失を受けている可能性があります。

Aさん、Bさん、Cさんの稼働にもあったように、現金投資をしなかった場合と比べて1日2000円近い差になることもあるくらいです。

Cさんのようにすべて貯メダル再プレーを使うことができれば、損失を最小限にすることができます。

再プレー上限があるホールも存在するので、全てというわけにはいきませんが、半分でも貯メダルを使うことができれば損失を半分にすることができます。

僕のケースでは27万円→13.5万円となり、1月1万円の差に抑えることができます。

換金率自体はホールが設定しているものなので、自分ではどうすることもできませんが、貯メダルを使うことは自分で選択することができます。

わずか20枚、30枚のメダルでも「次の稼働のために」と貯メダルしておくと、こういった損失を防ぐことに繋がるのです。

小さなことを積み上げていくのがスロットで勝つことの本質であると僕は考えています。

この記事が何かしらあなたの稼働のお役に立つことを願っています。

換金率に関する記事はこちらにありますので、何かヒントがあれば嬉しいです。

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの『情報』であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点である情報」を「線である知識」にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で『情報』を『知識』にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です