パチ・スロ会員カード使い方まとめ!貯玉や換金方法までを徹底解説!

会員カード 貯メダル再プレー
会員カードを作ったのに、貯玉・貯メダルの方法がわからない!

貯メダル再プレーってどうやるの?

貯メダルを確認したり景品に交換したいんだけど、どうすればいいかわからない!

今回の記事では、こういった疑問にお答えしていきます。

貯玉・貯メダルをするためには会員カードが必須となりますが、初めて使う人にとってはわからないことばかりですね。

この記事では会員カードで最も使用する頻度が高い『貯玉・貯メダルの方法~換金の仕方まで』を具体的にお伝えしていきます。

この記事でわかること
■会員カードへ貯玉・貯メダルする方法

■貯玉・貯メダルを再プレーする方法

■会員カードの中にある玉・メダルを確認・交換する方法

■換金率が変わったときの、貯玉・貯メダルの中身の変化

パチ・スロ会員カード使い方まとめ!貯玉や換金方法までを順に解説!

パチ・スロ会員カード使い方まとめ!貯玉や換金方法までを順に解説!

まずは会員カードに貯玉・貯メダルをしていきます。

主なタイミングはこちら

貯玉・貯メダルをするタイミング
1ジェットカウンターに流した後

2メインカウンターで玉・メダルのレシートを渡したとき

特にもっともいいタイミングは、1.ジェットカウンターでメダルを流したタイミングですね。

流している最中に会員カードを提示して

全部貯玉・貯メダルしてください!

このように伝えれば、店員さんが処理をしてくれます。

店員さんも慣れているので、僕の場合はメダルが入った箱の中に会員カードを入れて渡すこともあります。

処理が終われば、会員カードの中に貯玉・貯メダルの情報が入りますので、そのまま退店してしまってOKです。

もしジェットカウンターでカードを渡し忘れてしまった場合は、2.メインカウンターで玉・メダルのレシートと会員カードを渡して「全部貯メダルしてください!」と伝えても問題ありません。

処理が終われば、こちらの場合も退店して大丈夫です。

閉店間際など景品交換所が混む時間帯であれば並ばなくて済むので、時間を大幅に節約することもできますね。

貯玉・貯メダルを再プレーする

次に貯めた玉・メダルを再プレーする方法を解説します。

再プレーとは、会員カードに入っているメダルをそのまま借りてプレイすることです。

貯玉・貯メダルを再プレーする方法
台の横にあるサンドに会員カードを入れる

暗証番号を入力する

残り枚数や当日払い出し可能残高が出てくる

払い出しボタンを押す

ホールによって仕様が異なったり、そもそも会員カードを使用しての再プレーができないケースもありますので、事前に確認しておいてください。

マルハンや楽園、ダイナムなど全国展開しているホールでも同様のやり方でしたし、地域に根ざしたホールでも方法は同じでした。

1つ注意点を上げるとすれば、メダルの貸し出しと現金を使用する場合でボタンが違うことがあるので、そこだけ気をつけてください。

貯玉・貯メダル再プレーの効果
1000円→50枚のメダル→精算→現金900円(50枚借りられない)

1000円→50枚のメダル→貯玉・貯メダル→再プレー(50枚借りられる)

このように一度現金にしてしまうと、ギャップが生じて損失が出てしまいます。(この場合は、現金900円で50枚借りられなくなる)

再プレーであれば、同じ枚数のメダルを借りられるので、1回あたり100円の損失を防ぐことになるわけですね。

非等価交換の場合は、損失を減らすためにもできるだけ再プレーをするように心がけてください。

僕の試算では1年間で約30万円の差が生まれたという驚きの計算が出ていて、非等価交換ホールで再プレーをするだけでも年間数万円は変わりますので、この機会にぜひ活用してください。

また等価交換の場合は貯メダル再プレーをする上で換金ギャップを減らすことはできませんが、現金を持ち歩くことがなくなったり、あまりメダルをいらない景品に交換する必要がなくなります。

あまりメダルを貯メダルするだけで、年間1万円は変わってくるのではないでしょうか?

あまりメダルの有効な活用方法はこちらでも詳しく解説しています。

余りメダルが出たらどうする?

スロット余りメダルが出たらどうする?最もオススメの対処方法とは?

2017年4月14日

(特殊)景品に交換する

最後に、会員カードの中にあるメダルを特殊景品や普通の景品に交換する方法をお伝えします。

会員カードに入っている貯玉・貯メダルを交換する
会員カードを持ってメインカウンターへ行く

カード店員さんに渡すかカードの挿入口にカードを入れる

暗証番号を入れる

ほしい景品を伝える(大景品◯枚など)

特殊景品を含む景品に交換したいときは、メインカウンターに持っていき、カードを提示します。

受け取ってくれるか、所定の場所にカードを入れてから、暗証番号を入力すると残りの貯玉・貯メダルの枚数が表示されますので、このとき自分のカードに入っている枚数を確認することができますね。

枚数を確認した上で、特殊景品に交換する枚数を指定すれば交換完了です。

このとき「大景品10枚と交換してください」など景品の数で伝えると親切な感じになります。

貯玉・貯メダルをしていて、換金率が変わったときの経験

換金率が変わったときのこと

僕はこれまでに2回ほど会員カードに貯玉・貯メダルがあるときに換金率が変わったことがあります。

1回目は換金率が下がり、2回目には上がりました。

対応は各ホールで違うと思いますが、僕の場合はどちらも損得なく対処してくれました。

1回目の換金率が下がった時は、50枚交換から55枚交換になって換金率が下がってしまったのですが、そのときは持ちメダルの枚数が1.1倍になっていました。

1,000枚が入っていたとしたら、1,100枚に変更してくれた感じですね。

仮に枚数が増えなかったら、数万円の損失になる可能性もあったので非常に助かりました。

2回目は消費税アップにより47枚貸し47枚交換が、46枚貸し46枚交換になったときのことです。

このときは換金率が少し上がっていたのでこちらが有利な状況でしたが、結果的に47枚交換のメダルは再プレイすることができず、貯めたままか景品交換しか選択肢はありませんでした。

そして新たに46枚交換の貯玉・貯メダルをするシステムになり、完全に別立てになったわけですね。

このように僕が経験した2回はどちらも損得なく対処してくれましたが、すべてのホールで同じような対処がされるかどうかは分かりませんので、換金率に関してはよくチェックしておいてください。

一問一答コーナー

換金率って突然変更されるのですか?

ケースにもよりますが、僕が経験した2回とも正式なアナウンスはありませんでした。

特に1回目(換金率が下がったとき)は、いつも通り稼働していたら、変更になった旨を伝えられました。

各台計数機を使ったホールの場合、計数後の会員カードをそのままにしておけば、貯玉・貯メダルになるんですか?

はい。

当日は持ちメダルとして処理されますし、そのままにしておけば翌日以降は貯玉・貯メダルと処理をされます。

最近は各台計数機が増えてきましたね。

非常に便利で、メダルを計数しながら遊技ができるので手間が少ないのが助かります。

出玉感が出にくいので、ホールがどう考えるかにもよりますが、ユーザーとしては広がってほしいシステムだと思います。

当日メダルと翌日以降のメダルは何が違うのですか?

翌日以降になると、再プレー制限枚数があるホールには影響があります。

例えば2,000枚の出玉があったとして、当日会員カードに貯玉・貯メダルした場合は2,000枚を引き出すことができますが、翌日以降は再プレーになるので上限枚数分しか引き出せません。(ホールによって違いあり)

景品交換所がわかりにくい

法律上ホールと景品交換所は、他店舗となっていて敷地は同じかもしれませんが、全く別の店ということになっています。

ですから直接ホールの店員さんに聞いても、「わかりません」と言われるだけです。

初見のホールでは景品交換所が見つからない、そんなときには常連さんの後をついていくことで解決します。

多くの人は特殊景品に交換後、すぐに交換所へ向かいますよね。

一見するとホールの裏側に行くような感じとなりますが、その先に交換所があることがほとんどです。

また、インターネットを使って調べるときは「みんパチ」というサイトが非常に便利です。

検索で「ホール名 みんパチ」と入力するとだいたいヒットして、「景品交換所の場所」という項目に書いてあることがあります。

ユーザーからの声を集めて作っているサイトなので、間違っている可能性もゼロではありませんが、僕が今まで見てきたホールはすべて合っていたので信頼度は高いです。

特殊景品の換金は後日でもいいの?

特殊景品の交換は、地域にもよりますが後日でも問題ありません。

特殊景品に金などが使われている場合、金の相場によって特殊景品の値段が変わってきます。

相場が上昇した時は、1枚数百円~千円くらいの差が出ることがあり、事前に貯メダルを特殊景品に交換しておいて、金の相場の上昇に合わせて換金するといったことをやっている人もいます。

これに関しては、メダルを数万枚持っている人が大きな影響を受けますので、一般ユーザである僕たちはそれほど気にする必要はないかもしれません。

ただ少しでもお得になる方法として、こういったことがある事は知っておいても損はないですね。

まとめ:パチ・スロ会員カードの使い方~換金方法まで

まずは貯玉・貯メダルをするタイミングは主に2つあって

貯玉・貯メダルをするタイミング
1ジェットカウンターに流した後

2メインカウンターで玉・メダルのレシートを渡したとき

基本的にこのどちらかになりますが、店員さんも慣れているので僕の場合は、ジェットカウンターにメダルを持っていくときに、ドル箱の中にカードも一緒に入れて渡してしまいます。

そうすれば、自然と全てのメダルを貯玉・貯メダルしてくれるので、これでOKです。

貯めたメダルを使って翌日以降遊技することを再プレーといいます。

やり方はこちら

貯玉・貯メダルを再プレーする
台の横にあるサンドに会員カードを入れる

暗証番号を入力する

残り枚数や当日払い出し可能残高が出てくる

払い出しボタンを押す

これにより現金がなくても、メダルを借りることができ、現金を多く持ち歩かなくてもいいですし、数枚のメダルでも流して貯めることが可能となります。

最後に、貯まっている貯玉・貯メダルを換金するときの方法です。

会員カードに入っている貯玉・貯メダルを交換する
会員カードを持ってメインカウンターへ行く

カード店員さんに渡すかカードの挿入口にカードを入れる

暗証番号を入れる

ほしい景品を伝える(大景品◯枚など)

このような手順で、会員カードを使うことができます。

会員カードを使うことで様々なメリットがあり、特に非等価交換の地域では年間数万円も変わるほどの強力な威力を発揮します。

会員カードを持っていると受けられるメリットと具体的な作り方はこちらをご参照ください。

会員カード 作り方

パチ・スロ会員カードの作り方と、メリット・デメリットを徹底比較!

2020年7月11日

また、スロットの会員カードを使うことはスロットで勝つための基本的な戦略の1つです。

他にもスロットで勝つために多くの戦略があり、「どこから始めればいいかわからない」という方に向けて、ステップアップ方式で解説したまとめページがあります。

この機会に会員カードという1つの戦略だけではなく、パチ&スロで勝つための多くの戦略を学び立ち回りに活かしてくださいね。

5号機の終焉〜6号機へ!勝つも負けるも『安定』の時代!

2022年、長らく続いた5号機時代が終わりを迎え、スロットは6号機だけの時代になります。

6号機の大きな特徴は『安定』です。

2,400枚規制や有利区間といった新たな仕様がもたらしたものは、波が穏やかになって勝つときも負けるときも安定しやすくなっているのです。

逆に言うと今、月間収支がマイナスである場合、行動を変えなければ安定してどんどん負債が増えていってしまいます。

安定の6号機時代に突入するからこそ、今が本当の勝ち方を学ぶいい機会なのです。

そんなあなたにおすすめするのが『スロット副業大全 Ver.1.0』という、僕が執筆したスロット”副業”に特化した教科書です!

僕がこれまでスロット副業で1,000万円勝ってきた方法を全て解説していますし、多くの人から好評をいただいている資料です。

スロットで勝つのは簡単なことばかりではありません!

が、毎月3万円負けている人が、正しい知識と行動でプラマイゼロになるだけで人生は大きく変わると思います。

「そんな人が増えれば良いなぁ」と思って、全力で書きました。

もちろんすべて無料でご覧いただけますので、お試し感覚でお読みください。

▼ランキング参加中!ポチッと応援▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ランキング参加中!ポチッと応援▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です