会員カードに1万枚を貯める方程式!3万枚貯めた私が語る方法とは?

会員カード 何枚貯められる

こんにちは、のりへいです。

会員カードに貯メダルを1万枚貯めるには、どうしたらいいでしょうか?

デメリットはないの?

そんなに貯めてどうするんですか?

こういった質問が来ました。

実際に僕は1店舗で最大3万枚以上貯めた経験があります。
↓↓↓

今は貯メダルを全て精算してしまいましたが、時間をかければまた3万枚以上貯めることができることでしょう。

今回は過去に3万枚の貯メダルをした経験から、1万枚以上貯めるための方法とメリット・デメリットをお伝えしていきます。

会員カードに1万枚を貯める方程式!3万枚貯めた私が語る方法とは?

会員カードに1万枚を貯める方程式!3万枚貯めた私が語る方法とは?

まず始めに、貯メダルを増やすための公式をご紹介します。

貯メダルを増やす公式
回収枚数−使用枚数>0

この方程式が成り立ち、回収枚数が使用枚数を上回り続ければ、あなたのカードにメダルは増えていくことでしょう。

「こんなことは当然だ!」という声も聞かれてきそうですが、大事なのは「どうやってこの方程式を成立させていくか?」になるでしょう。

スロットの貯メダルを貯めたいけど、貯まらない人のためにその方法をお伝えしていきます。

ポイントは2つ!方程式を成立させるための考え方

ポイントは2つ!

貯メダルを増やすための公式を成立させるためのポイントは2つあります。

ポイント2つ
1常に期待値プラスの台を打ち続ける

2軍資金管理をして、下ろしすぎない

まず基本的に貯メダルするためのメダルを増やさないといけませんので、平均して増える台を打ち続ける必要があります。

言い換えると、期待値プラスの台を打ち続けることになるのですが、例えばプラス1万枚分の期待値を積んでいれば、1万枚前後のメダルがあなたのカードに入っていることは想像できますよね?

期待値を 積んだ グラフ

これは100万円分の期待値を積んだときの僕の結果ですが、わずかに上振れしてはいるもののきれいな上昇を描いていますね。

期待値だけでなく結果を求めたいと考えるかも知れませんが、永遠の論争に終止符!?期待値「稼いだからok」と「飯は食えない」どっちが正しい?でも書いてあるように、期待値=未来を見る力であり、結果というのは過去を振り返ってみることなのです。

今の時点から未来をプラスにするには期待値をプラスにするしかなく、できることはそれだけしかありません。

このニュアンスがわからない人は、常に稼働の結果から物事を考えており、残念ながらいつまでたっても貯メダルを増やすことができないでしょう。

貯メダルを増やすために未来を見る力=期待値を意識するようにしましょう。

そしてもう一つ重要な事は、資金管理をすることです。

いくら1万枚分の期待値を積んだところで、メダルを毎回換金していれば貯メダルを貯めることはできませんよね?

少なくとも生活資金とスロットの軍資金は分けて管理することが望ましいですし、勝ったからといって毎回派手に焼き肉を食べたり散財していれば、貯まるものも貯まりません。

生活費と軍資金をしっかり分けて1万枚貯まるまでは引き出さないような、生活費の工面や軍資金管理は必要な条件といえるでしょう。

結果の集大成!目の前の数字に驚かない!

貯メダルを増やすための方程式をお伝えしていきました。

この方程式が成立している限り、貯メダルはどんどん増えていくことになります。

さきほど冒頭で紹介した、僕自身の最高貯メダル枚数を見て驚きましたか?

いきなり3万枚という枚数を見ると驚かれるかもしれませんが、これも日々のちょっとした積み重ねによるものであり、驚くべきことをやっているわけではありません。

2~3日で貯まるものでは決してないので、日々期待値プラスの台を探したり、頭や足を使って行動しまくった結果が出ているわけで2~3ヶ月、長ければ半年掛かることもあります。

それでも諦めずに続けていけばいつかは、貯メダル1万枚を達成できると僕は考えています。

今からできることは学び、実践すること

貯メダルが1万枚貯まらない人の多くは、スロットで勝つ正しい知識が足りません。

期待値を積めば勝てることは、僕の実践で示しているのですが「期待値で勝てる理論がわからない」「どうやって期待値のある台を探せばいいの?」など、疑問も多いと思います。

そんな方のために、無料で学べる教材をご用意しています。

これは僕の完全オリジナルで、『サラリーマンがスロット副業で月10万円勝つこと』を目標に作られた資料で、スロットで勝つための基礎的な知識がここにつまっています。

基礎的な知識をみにつけるための1つのきっかけにしてもらえればうれしいです。

新たなスロットライフをあなたへおとどけ!”スロット副業大全”から、ページに飛んで、読み始めてください。

知識をつけた後は実践に移るわけですが、レート選択をしっかりすることも大切です。

というのも、正しい知識や行動ができないままスロットを打つことは、マイナス期待値を積むことがあり、金銭的な損失にも繋がります。

まずは、自分がどのレートで実践するべきか5スロと20スロどっちが勝てる?タイプ別おすすめレートを伝授する!にて、自分の適正なレートを判断してください。

結果的に5スロがおすすめとなった場合は、5スロで勝つためのおすすめ立ち回りは?3つの理由から考察する!の記事にて、具体的な立ち回り方法を紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

1万枚以上貯メダルする方法、一問一答コーナー

一問一答

貯メダルが全然貯まりません!1万枚なんて夢のかなたです・・

貯メダルを1万枚ほしいと考えているのに、貯まらないのは2つの原因が考えられます。

1つは最初にお伝えした方程式が成り立っていない

貯メダルを増やす公式
回収枚数−使用枚数>0

つまり回収枚数より使用枚数が上回ってしまう状況です。

これではいつまでも貯メダルが増えませんので、行動を変えていくしかありません。

もう1つは、方程式が成り立っていてもバンバン下ろしてしまう。

コップに水を貯めようと思って水道から水を入れたとしても、穴が空いていて水が漏れていたら貯まりませんよね?

それと同じで、いくら方程式が成立して回収枚数が多くても、それ以上のペースで貯メダルを下ろしてしまうと全然貯まりません。

貯メダルが貯まらない場合、上記2つが原因と考えられるので、自分がどちらの原因になるのか考えてみてください。

そんなに貯メダルをして何がしたいの?

持つことによるメリットを考えたときに、メリットの方が上回っていると感じているからです。

1万枚貯める理由
1換金ギャップを減らしたい

2現金を持ち歩きたくない

これらの理由から貯玉・貯メダルをしていました。

僕がいた地域は非等価交換がメインであり、貯玉・貯メダル再プレーが無制限に有効なホールが多い地域だったので、換金ギャップを埋めることは金銭的に大きなメリットでした。

そして普段から現金をできるだけ持ち歩きたくなかったので、ホールに貯玉・貯メダルをしておけば足りなくなったときに使えると思って貯めていたわけです。

まとめ:貯メダル1万枚を貯める方法!

スロットの貯メダルを貯める方法は、ある方程式を成立させることで可能となります。

貯メダルを増やす公式
回収枚数−投資枚数>0

基本的には、回収枚数が上回れば貯メダルをどんどん増やすことが可能となります。

僕はこれまで1店舗で最高3万枚貯めることができましたし、僕が見た中で最高のメダルの枚数は10万枚以上です。

数字だけ聞けば驚くと思いますが、やっている事はとても簡単で、先程の数式で示したように回収枚数−投資枚数がプラスになる条件を続けていった結果なのです。

一朝一夕にできるものではありませんが、決して特別な能力があるわけではなく日々地道にコツコツと貯めていった集大成と言えます。

貯めている枚数に驚くのではなく、どういった行動をしたら貯められるのか研究すれば、普段の稼働に役立つはずです。

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


結婚して家族を持った場合、スロットで負けていると家計は火の車です。

できれば趣味であるスロットで勝ちたいところですが・・・

実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの情報であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点」である情報を「線」となる知識にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で情報を知識にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です