スロット余りメダルが出たらどうする?最もオススメの対処方法とは?

余りメダルが出たらどうする?
スロットで余りメダルが出ちゃったんですが、どうしたら良いですか?

いつも端数はお菓子に交換していますが、他に使いみちないですか?

スロットを打っているとどうしても出てきてしまう、余りメダル。

こんな時どうしていますか?

ちょっとしたことですが余りメダルの対処方法1つでも、勝っている人はとても大切にしています。

今回の記事では、余りメダルの最適な対処方法と考え方をお伝えしていきます。

この記事でわかること
■余りメダルが出たときの最適な対処法

■余りメダルの対処法の考え方

■数枚程度の余りメダルを流すときのプチテク

スロット余りメダルが出たらどうする?最もオススメの対処方法とは?

スロット余りメダルが出たらどうする?最もオススメの対処方法とは?

スロットで余りメダルが出てしまうことがあります。

そんなとき最も有効な対処法が「会員カードに貯メダルする」これが最強です。

なぜなら「損失が最小限に抑えられる」からです。

15枚程度の余りメダルがあったとき、ジャグラーを数Gだけ回していませんか?

15枚は金額にして300円ほどですが、これが10回重なれば3000円にもなります。

貯メダルしておけば、この3000円はジャグラーよりもっと効果的な使い方ができるでしょう。

また、飲み物やお菓子にその場で交換してしまうケースもありますが、パチンコ屋で交換する場合、定価換算されてしまいます。

本当にその飲み物ほしいですか?
本当にそのお菓子食べたいですか?

今それほど欲しくもない飲み物やお菓子を定価で交換しなければならないんです。

こういったことも積み重ねると大きな損失になると思いませんか?

結局、「少ない枚数でも保管しておいて、次の機会に使う」のが最強の選択肢になるわけです。

ちなみに会員カードさえ持っていれば誰でも簡単に、余りメダルを貯メダルできるので、「まだ持ってないよ」という方はこれらの記事で作り方から使い方をマスターしてください。

パチ・スロ会員カード使い方まとめ!貯玉や換金方法までを順に解説!

2020.07.12

パチ・スロ会員カードの作り方と、メリット・デメリットを徹底比較!

2020.07.11

20枚以下の少ないメダルを効率よく流すプチテクの紹介

20枚以下の少ないメダルを効率よく流すプチテクの紹介

最近の6号機はボーナスに当選しても、50枚以下のメダルしか出てこないケースがあります。

通常時の吸い込みが穏やかになった弊害で仕方ない部分もありますが、少ないメダルを流すのって抵抗ありますよね?

そんな場合に流しやすくするテクニックを3つ紹介します。

少ないメダルを流すためのプチテク3選
メダルと会員カードをドル箱に入れて店員さんにそっと渡す

自動集計機を使う

貯メダルを一部出して、枚数を増やして流す

こういったテクニックを使うことで、20枚以下の余りメダルでも流していきましょう。

メダルと会員カードをドル箱に入れて店員さんにそっと渡す

一番手間が少なのがコレ。

「少ない枚数だと・・・流しにくいな」という甘ったれた気持ちを無にして、容赦なく店員さんに渡す方法です(笑)

ここまで到達できれば、最強のメンタルと100枚以上の貯メダルを手に入れられるでしょう。

そうなれば勝ったも同然です。

しかし、多くの人がここに到達できるわけではないので他の方法を提示しておきます。

自動集計機を使う

少しずつ普及してきている「自動集計機」

台の横についていて、自分でメダルを入れて集計することができます。

ホールの設備が整っているのであれば、この方法が簡単でおすすめです。

店員さんの手をわずらわせることなく、メダルを流せるので抵抗はかなり減るはずです。

ホールに設備が整っていれば積極的に活用していきましょう。

貯メダルを一部出して、枚数を増やして流す

最後に紹介するのは、設備が整っていないホールで店員さんに渡さなければならないケースです。

少ない枚数だと流しにくいというメンタルでも、ちょっとした工夫で劇的に流しやすくなります。

それが「貯メダルを出してから、まとめて流す」方法です。

15枚の余りメダルを流そとしたときに、そのまま流すのではなく貯メダルを1~2度出して、50~100枚くらいの枚数にして流すのです。

こうすることによって枚数が増えるので、圧倒的に流すときのハードルが減ります。

再プレーの制限がないホールに限られますが、当初は軟弱メンタルだったのでこの方法で流していましたね。

少ない枚数で流すのに抵抗がある場合は、こういった方法も使ってみてください。

まとめ:余りメダルができたときの最適な対処法は?

数枚~数十枚程度のあまりメダルができてしまったら、会員カードに貯メダルをしましょう。

損失を最小限にすることができます。

ただ少ない枚数だと流しにくい場合はちょっとした工夫で流しやすくなります。

少ないメダルを流すためのプチテク3選
メダルと会員カードをドル箱に入れて店員さんにそっと渡す

自動集計機を使う

貯メダルを一部出して、枚数を増やして流す

少ない枚数をそのまま店員さんに渡して流せるようになれば一流ですが、それができなくてもいくつか対処する方法があります。

自動集計機を使って自分で流してしまうか、貯メダルを一度出してから流す方法を取ると格段に余りメダルを流しやすくなります。

こういった方法で損失をできるだけ防ぐようにしましょう。

会員カードを使えば誰でも貯メダルすることができます。

こういった小さなことから積み上げる気持ちが一番重要です。

作り方や使い方など全てまとめていますので、参考にしてください。

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


結婚して家族を持った場合、スロットで負けていると家計は火の車です。

できれば趣味であるスロットで勝ちたいところですが・・・

実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの情報であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点」である情報を「線」となる知識にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で情報を知識にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です