スロットの当たる仕組みを初心者向けに実際の抽選確率で簡単に説明!

悔しい人

今回は
スロット台が大当たりを抽選する仕組みを
例題を交えながら解説しています。

これを学ぶことで
自分がやめた後に
誰かがすぐに大当たりして
メダルを何枚も出されても
全く気にならなくなります。

そうすると
適切なやめ時で台を離れることができ
次の良い台を探すことにも繋がります。

この記事では

 
・大当たりがいつ抽選されるのか?
・スロット抽選する確率の仕組み
・自分がやめた台が出ているときの考え方
順番に解説していきます。

スロット抽選の仕組みは簡単!大当たりのタイミングはここ!

まずは
スロット台が
いつ大当たりや
その他のレア役を決めているのか?といった
抽選のタイミングについてです。

基本的な仕組みは全機種共通なので
今ホールにある全ての機種や
これから出てくる新機種にも使える考え方です。

スロットでは
当たりを含めてその小役が抽選され
決定されたことを
専門用語で「フラグが立つ」と言います。

ベルのフラグが立つ⇒ベルが揃う
BIGのフラグが立つ⇒BIGが揃う
REGのフラグが立つ⇒REGが揃う

と言った感じです。

つまりスロット台の抽選は
内部で何が揃うか決定されていて
ボタンを押してその結果を見ているだけ
なのです。

ではその内部抽選のタイミングですが
レバーを押したときに決定されます!

ジャグラーでは
第3ボタンを離した時に
光ることもあるので
ボタンを離した時にボーナスが抽選されると
勘違いされやすいですが

この場合も実はレバーを押した時
すでにボーナスのフラグが立って
ボタンを離した時に告知されているだけなのです。

レバーを叩いた時や
第1ボタンを押した時にも
光ることがあるのは

すでにその時点で
フラグが立っているから可能なことを考えれば
納得頂けると思います^^

レバーを叩いた瞬間「乱数」によって役が決まる

2進法

レバーを叩いた瞬間に
役が決まって
その抽選結果に伴い
リールが止まるわけです。

実はこのレバーを叩いた瞬間に
「乱数」というものを取得し、
それに合わせて成立役を決めていきます。

確率は機種ごとに
設定されていて、

1/8192
1/16384
1/32768
1/65536
のタイプがあります。

スロットの解析記事を見ていると
良く目にする
数字ではないでしょうか?

ではなぜこんなにも
中途半端な数字なのか不思議に思いませんか?

実は2進法と関係していて
これらの数字は
2の13~16乗の数字になっているのです。

気になる方は
お手持ちの電卓で
「2×2×2×2・・・・」とやってみてください^^

途中でこれらの数字が出てくるはずなので!

ちなみにそれぞれの数字は
8192=2の13乗
16384=2の14乗
32768=2の15乗
65536=2の16乗

となっています。

コンピューターが2進法で管理されているのは
有名な話です。

ここからは僕の推測もありますが、
スロットの抽選も
この2進法が使われていて
レバーを押した瞬間に
それぞれの桁の「0」か「1」を決定して
その数字に伴い成立約を決定しているのではないかと
考察しています。

例えば
1/8192(2の13乗)
管理タイプの場合
2進数の列が13列あって

レバーを叩いた瞬間に
それぞれの桁の
「0」か「1」が一瞬に決められて
その結果に沿って大当たりが抽選されます。

例えば、
全て「1」の場合は、
『GOD』を

全て「0」か「下1桁だけ1+その他の桁は0」の場合は、
『赤7』を

という条件で抽選すれば
GOD確率・・・1/8192
赤7確率・・1/4096
の台が完成します。

数字の部分は僕の想像もあるので
無視しても問題ないですが、
内部的にはこのようなことが
行われていると考えると
解析数値も理解しやすくなります。

つまりは、
レバーを押した瞬間に
台がランダムな数字を取得して
その結果によって
大当たりを決定している事実があります。

数字を決めるのは
電流が通る一瞬のことなので
この仕組みがスロット台で使われている以上
それを狙い撃ちすることは
ほぼ不可能なことがおわかりでしょうか?

波理論を信じる人がいますが
僕は波は予想するものでなく
ただの結果であると考えています。

それはさきほどの大当たりの仕組みが
人間ではコントロールできるものではない
と思っているからです。

スロットは完全確率である!完全とはどんな意味か?

くじ引き

さきほどの抽選方法を
採用していると
完全確率の抽選になります。

完全確率とは
前回の結果は一切関係ない抽選方法のことで

毎回ランダムに数字が決定する
スロット台では
必然的に完全確率抽選になります。

例えば完全確率ではない
くじ引きの場合は

一度引くと抽選箱の中から取り出されるので
30枚の内の1枚が当たりだとしたら、

1枚ハズレ→1/29
2枚ハズレ→1/28
3枚ハズレ→1/27

・・
・・・
というように
当たりが出なければ
どんどん当たり確率は上がってきます。

そしていずれかは
当たりを引くことが出来ます。

スロットは毎回ランダムに数字を抽選しているので、
このような訳にはいきません。

くじを引いたら
そのくじをを戻して再抽選するという感じです。

1枚ハズレ→抽選箱に戻す→1/30
2枚ハズレ→抽選箱に戻す→1/30
3枚ハズレ→抽選箱に戻す→1/30

・・
・・・
となります。

このように毎回くじを戻して抽選するのが
完全確率のイメージです。

この抽選方法を知っていれば
「大ハマりの後に連チャンが来る」とか
「そろそろ当たりそう」などの
オカルトに近い考えにはならないでしょう。

他にも当たらないことに対して
「遠隔操作だ!」と思う人がいるのですが
これもあまり良い考えではありません。

レバーの抽選を外から操作するのは
技術的にも難しいですし
ホールにとっても得策ではありません。

もし僕が店長なら
当てる方の遠隔操作をすると考えます!

その考えについてはこちらをご参照ください^^

スロット遠隔操作は存在しないと断言する理由とは?遠隔信者脱却の道!

2017.03.17

激熱演出でもハズレはただのハズレ

凱旋 激アツ

大当たりの抽選の仕組みは
これまで説明したとおり
すごく簡単な仕組みです。

しかし実際にスロットを打っていると
激熱演出が出て
ハズレたりすることがありますよね?

激熱演出が出てハズレた場合も
そうでない場合も
ハズレはハズレです。

内部的に同じ状態であれば、
激熱演出でハズしても、
逆に激寒演出でハズしたとしても
台の抽選はどちらも同じ「ハズレ」です。

スロット台はレバーを押した瞬間に
当たりかハズレかを抽選し
その結果を演出の装飾をして
表示しているだけです。

だから演出の強いor弱いは
スロットの抽選には全く影響しないのです。

激熱で告知されようが、
激寒で告知されようが
同じハズレであり

激熱演出に引っ張られて
やめ時を見失ってしまうことは
あまり良い行動ではないので
そこは冷静に判断する必要があります。

カマを掘られても悔しくないと考える思考とは?

GOD悔しくない!

先ほどの大当たりの仕組みを
理解していれば

たとえ自分が
台を辞めた後に
他の人が座って
すぐに大連チャンしたとしても
全然悔しくなく
精神的に安定してスロットを打つことができます!

なぜならば
打つ人が変われば、
レバーを打つタイミングも変わるので
抽選結果が変わり
同じ結果にはならないからです。

スロット台は
8000分の1とか
6万分の1という抽選結果を
一瞬のうちに決定してしまいます。

人間にはそれを狙い撃ち出来る能力は
備わっていないですし
もし自分がやめずに
同じ台を打ち続けたとしても
同じ結果になる保障は
どこにもありません。

それよりも
未来を予想的に推測する期待値を残さなかったかどうかの方が
何倍も重要で

そのためには
正しい知識と行動が必要になり
その正しい知識の一つが
この記事で解説した
抽選タイミングや抽選方法の理解です。

これを理解していれば
他人にカマを掘られても
ノーダメージでいられます^^

結果よりも、
期待値を残さなかったという
過程を大事にしていく方が
精神的にも安定しますし
収支的にも良い方向に向かうと考えています。

スロットで勝つための知識や
メンタルの持ち方などを
全て網羅した講座を開いています。

これを熟読すれば
「スロットで毎月10万の収入アップ」
可能になると考えているので
是非参考にして
良いスロットライフにしてください^^
↓↓↓
勝ち組養成講座【改】


新企画開催中!
新天地でガチで立ち回り
1ヶ月で10万円を稼ぐことを目標に
新規ホール開拓や
実際の思考の流れを紹介する企画!
企画概要の説明は、ここをクリック ↓↓↓
1から始める1ヶ月スロット副業で10万円稼ぐ実践記!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です