有利区間とは何か?【わかりやすく図解してみた】

のりへい
こんにちは!
スロット副業専門家の『のりへい』(⇨プロフィール)です^^

スロットの有利区間ってなんですか?
なんだか理解するのが難しそう・・・!

6号機から本格的に搭載されるようになった『有利区間』

まだ歴史が浅く、その仕組みやルールについて正しく理解できていない人も多いでしょう。

有利区間を知らなくても、普通に打つことはできますが、お得な部分を逃してしまい、大きな損をしてしまう可能性もあります。

この記事では有利区間の内容をわかりやすく図解しながら解説していますので、有利区間の基礎を学んでください。

文中に有利区間を使った立ち回りのヒントになるようなリンクも貼ってありますので、気になる記事があったらぜひチェックしてみてください。

スロットの有利区間とは?基本のルールをわかりやすく図解してみた!

まずは有利区間の基本的なルールを確認していきましょう。

覚えるべきルールは3つあります。

有利区間の基本的なルール
◯非有利区間中はAT、ARTのナビが出せない
◯連続1500G継続で非有利区間へ
◯2400枚獲得で非有利区間へ

上記3つのルールを覚えておけば、有利区間の内容はマスターしたも同然です。

ちなみに、2021年後半に出てきた6.2号機は、連続3000Gまで有利区間が継続可能となる緩和措置がされています。(うしおととら、マジハロToTなど)

ただし獲得枚数の上限は変わりないので、2400枚の獲得で一度非有利区間へ移行するのは変わりありません。

非有利区間中はAT、ARTのナビができない

6号機には「有利区間」と「非有利区間」それぞれの状態が存在し、特定のタイミングで切り替わりながら進行していきます。

この中で大事なのは非有利区間では、AT、ARTなどの小役をナビすることができないということです。

上の図にあるように、有利区間に押し順をナビすることができるので6号機の多くのAT、ART機種では、どこかのタイミングで有利区間に入っているということです。

逆に「非有利区間」へ移行してしまうと、それまで連チャンしていたボーナスは終わり、通常時に戻って再度ボーナスを目指すことが必要になっています。

そして強制的に有利区間から非有利区間へ移行させられるタイミングがあり、それが次に説明する1500Gと2,400枚がポイントになってきます。

2.1500Gで非有利区間へ強制移行

さきほど説明したとおり6号機には有利区間と非有利区間があります。

これをどのように使うのか、それぞれメーカーや機種によって違いますが、大きく分けると2通りの使い方があります。

1通常時から有利区間にいる台
2通常時は非有利区間の台

ことばだけでは解説が難しいので、ここでわかりやすくなるように図を作成してみました。

図1通常時から有利区間の台イメージ

特徴
◯通常時から有利区間を使用しているので、1500Gフルに使えない
◯AT突入後の有利区間が少ないことから、純増枚数が多い傾向にある
◯通常時に有利区間ランプが点灯しているので、リセット判別が簡単
特徴
◯通常時は非有利区間を消化し、ボーナス当選時に有利区間に突入
◯有利区間1500Gをフルに使える
◯有利区間ランプが消灯しているので、リセット判別は不可

それぞれどういった有利区間の使い方をしているのかは、「〇〇(機種名) 有利区間」などで検索してみてください。

仕様の違いはあまり立ち回りに影響しませんが、通常時に有利区間ランプが点灯しているかどうかはリセット判別に大きく影響しますので、そこはチェックしておきましょう。

くわしいリセット判別に関しては、こちらの記事で解説しているので、普段の立ち回りに活かしてくださいね。

2,400枚規制

たぶん6号機を打っていて、もっとも多くの違いを感じるのは2,400枚規制ですね。

5号機までであればこのような規制はないため、どこまでも連チャンする可能性もあったわけですが、6号機になり最大枚数が決まってしまったので1撃万枚が不可能になりました。

このルールは単純に1回の有利区間でボーナス獲得枚数が2,400枚を超えたら、強制的に非有利区間に移行するというものです。

図で示したように2,400枚を超えるといくら有利区間が残っていても強制的に有利区間は終了し、また1からあたりを目指さなければならないわけです。

先ほど紹介した1500Gや今回の2,400枚で強制的に非有利区間に移行することを「完走」と呼んでいたりします。

このように完走の条件を満たすと、特別な画面が出て強制的に終了してしまうんですね。

嬉しい反面、これ以上の連チャンがないので寂しい感じもありますね・・・^^;

有利区間がもたらしたものは安定&効率である

さてここまでは有利区間の仕組みやルールを中心にお伝えしてきました。

中でも2,400枚規制を知って

「うわ〜2,400枚しか出ないなんて、もう勝てないじゃん」と思ったかもしれません。

でもちょっとまってください!

実は僕は逆のことを考えていて、この仕様はスロット副業にとっては有利な面も多いのです。

たとえば2,400枚規制を考えてみても、5号機の場合はどこまでも出る可能性も含んでいたので、プラス+1万枚も可能でした。

その反面、マイナスになることも大きく天井単発を喰らえば-1,500枚〜-2,000枚といったこともたくさん経験してきたのです。

いくら勝てると言っても、副業でこれだけのマイナスを喰らってしまうと取り返すことが難しいですよね^^;

一方6号機では最大2,400枚と上限は決まってしまいましたが、その分マイナス差枚も抑えられて、どんなに展開が悪かったとしても-800枚〜-1,000枚の結果になることが多いです。

5号機・・・+1万枚〜-2,000枚
6号機・・・+2,400枚〜-1,000枚

ようするにブレる幅が小さくなり、安定した結果を生み出すことに成功しました。

事実、僕は2021年全ての月でプラス収支を達成し、勝率100%となりました。(9月が+25,000円でギリギリのプラスでしたが(汗))

数をこなすことで安定性が高まりますが、6号機の場合はそもそも安定した結果が得られるので、数をこなす時間がなくても比較的安定した結果が得られるようになりました。

また有利区間1500Gもプラスに働くことがあって、特に夕方や夜から稼働する場合は強力なサポートを発揮します。

たとえば5号機ではいくらストックが残っている状況でも、閉店時間が来てしまえば強制的にやめなければなりませんよね。

もし時間があれば、万枚が出た可能性があるにも関わらず、本来得られるはずだったメダルを獲得できないまま終わってしまうのです。

これを『閉店減算』と言ったりしますが、5号機では20時を回ってくると、閉店減算の影響が強く出る傾向にありました。

しかし、6号機の場合は最大で1500Gしか継続しないので、閉店前に有利区間を消化してしまえば損失がないわけです。

1500Gと言えば2時間で消化できるG数ですし、そもそも1500Gで強制終了するケースも少ないので、閉店1時間前からでも損失なく打てることが多く積極的に攻められるのが6号機の特徴なのです。

夕方〜夜が中心の稼働スタイルになりやすいスロット副業にはもってこいの機能ですよね。

実は閉店減算でもっとも痛手を負っているのがホール側だったりするので、ユーザーとしては存続を願うほうが収支的にはプラスに働きます。

いずれにせよ、6号機はスロット副業のためにできた機種と言ってもいいくらいの性能を持っています。

ただし闇雲に打ってしまっては、逆に安定して負けてしまうので、自分の行動がモロに結果に反映されていくのです。

スロットで勝とうとするならば、勝つための行動をしなければなりません。

5号機の場合は、展開によって5000枚の獲得が可能だったので、ときには大きく勝つことも可能でしたが、6号機では運で勝つことは不可能です。

6号機で勝とうとするならば、まずはスロットの正しい勝ち方を学んで、机上の空論でもいいから勝てる状況を作り出してください。

そのためにも僕はブログで情報を発信していきますし、もっと集中的に学びたいと考えている人に向けては無料でスロット副業で勝つための教科書『スロット副業大全』をお渡ししています。

LINE登録してもらえればすぐに受け取って読むことができますので、この機会に正しい知識を習得してみてくださいね^^

まとめ:スロット有利区間とは?わかりやすく図説してみた

今後登場してくる6号機は有利区間の搭載がされたものばかりです。

複雑に考える必要はなく、3つのルールさえ抑えておけばとりあえず問題ありません。

有利区間の基本的なルール
◯非有利区間中はAT、ARTのナビが出せない
◯連続1500G継続で非有利区間へ
◯2400枚獲得で非有利区間へ

これらの新しい規制に対して、ネガティブな感情をいだいてしまう人もいますが、僕はこの仕様ができたことによりスロットで勝つ世界を手に入れやすくなったと思います。

僕もスロット歴10年を数えますが、過去のどんな機種に比べても副業レベルで勝ちやすくなっているのが6号機です。

1万枚を超すような爆発力はありませんが、コツコツと安定した結果を得られやすくなった6号機でスロットの勝ち方を学んでみませんか?

もちろん簡単なことばかりではなく、今はネットの発達によって勝ちやすい部分を狙う人が増えてきました。

いくら機種が勝ちやすい状況になったとしても、ライバルが増えているのが現状であり差別化が重要な時代です。

差別化をしていけば月10万円を目指すことは十分可能ですし、そのためにも学び続けることが重要です。

僕のメインとなるこちらの記事では大事な部分を集めていますので、スロットで勝ちたいと本気で思っている人は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

5号機の終焉〜6号機へ!勝つも負けるも『安定』の時代!

2022年、長らく続いた5号機時代が終わりを迎え、スロットは6号機だけの時代になります。

6号機の大きな特徴は『安定』です。

2,400枚規制や有利区間といった新たな仕様がもたらしたものは、波が穏やかになって勝つときも負けるときも安定しやすくなっているのです。

逆に言うと今、月間収支がマイナスである場合、行動を変えなければ安定してどんどん負債が増えていってしまいます。

安定の6号機時代に突入するからこそ、今が本当の勝ち方を学ぶいい機会なのです。

そんなあなたにおすすめするのが『スロット副業大全 Ver.1.0』という、僕が執筆したスロット”副業”に特化した教科書です!

僕がこれまでスロット副業で1,000万円勝ってきた方法を全て解説していますし、多くの人から好評をいただいている資料です。

スロットで勝つのは簡単なことばかりではありません!

が、毎月3万円負けている人が、正しい知識と行動でプラマイゼロになるだけで人生は大きく変わると思います。

「そんな人が増えれば良いなぁ」と思って、全力で書きました。

もちろんすべて無料でご覧いただけますので、お試し感覚でお読みください。

▼ランキング参加中!ポチッと応援▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ランキング参加中!ポチッと応援▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です