6号機は勝てない?【結論:安定して負けているだけ】

のりへい
こんにちは!
スロット副業専門家の『のりへい』(⇨プロフィール)です^^

「6号機になって勝てなくなったなぁ」
「2,400枚規制があるせいで、全然勝てないよ」

このように6号機になって勝てなくなったと感じたことはありませんか?

有利区間という新しい仕様や、2,400枚規制とネガティブな話題が先行し、これらが原因と思っているのではないでしょうか?

でもそれは6号機の一点ばかり見ているだけで、本質を見ていることになっていません。

事実、僕は2021年、6号機メインの状況でも+180万円の収支を上げることに成功しました。

6号機の有利区間や2,400枚規制がもたらしたものは、「安定」です。

5号機では一撃で5,000枚や1万枚と差枚を伸ばすことができ、そのときに「勝った」と錯覚しているだけで、実は平均すると6号機と同じくらい負けていたりします。

一方で6号機では最大2,400枚しか出ないため、一撃性能は抑えられたものの、投資が減ったり、結果が安定しやすいといった側面を併せ持っています。

つまり「6号機は勝てない」と感じているのは、6号機になって安定して負けているからとも言えます。

この記事では6号機の仕様を紐解きながら、「6号機は勝てない」と感じている人に向けて、これまでとは違った視点をお届けしたいと思います。

6号機は勝てないはウソ!?

まず最初に6号機で勝てないと感じているのであれば、『勝つための行動ができていない』のが原因です。

6号機の場合は5号機と比較して行動と結果が一致しやすい仕様になっており、現在6号機で負けているのであれば、負ける行動をしているはずです。

勝つか、負けるかは計算で求めることができ、これを「期待値」という言葉で表現しています。
※この先、期待値ということばを使って解説していきますので、深く理解したい方は先にこちらをご覧ください。

そして中でも6号機では「プラス期待値の部分とマイナス期待値の部分」がはっきりしているという特徴があります。

少し古い機種になりますが、たとえばリゼロでは100G以内にほとんど当たることがないので、0G〜100Gはマイナス期待値の強い部分になります。

一方で、大きなマイナス部分を抜けあとは帳尻を合わせるためにプラス期待値の状態が続きます。

図にするとこんな感じです。(個人的イメージ)

赤い線が6号機、青い点線が5号機をイメージしたものです。

6号機の場合、最初の部分は大きなマイナスになっていますが、あるポイントを堺に急上昇しています。

そしてそこからは一定の上昇率で上がっていくような感じですね。

一方、5号機では最初から途中までは一定の上昇率で経過していき、天井が近づいてくると上昇率が上がっていくような形になっています。

このように6号機では5号機と同じように立ち回っていたら、強いマイナス部分の影響から安定して負けてしまうのです。

さらに具体的にイメージしてもらえるように、こちらの期待値表を使って解説ていきましょう。

0Gから打ち始めるケースと、150Gから打ち始めるケースの期待値をみてください。

※引用:期待値見える化 リゼロ 天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目|150Gで平均時給3000円!?

0G〜打ち始めると-935円なのに対して、150Gハマれば+1871円の期待値になっていることが、この表から読み取れます。

-935円→+1871円と実に2800円もの開きがあるわけですが、これは0G〜100Gに強いマイナス期待値が詰まっていることを表しています。

実は0G〜200Gまではボーナス無抽選ゾーンと言われていて、実践データからもこの区間のボーナス当選率は1/16000と言われており、あのGOD確率の2倍も重たい当選率なのです。

この区間はほぼお金を入れるだけの状態となっているので、「安定」して負けるということですね。

5号機ではいつでも当たるチャンスがあったためさきほどのグラフで示したように極端なマイナス期待値はありませんでした。

6号機になり有利区間が搭載されたことで、強いマイナス期待値の部分ができてしまったのです。

もしあなたがリゼロの0〜100Gを打ったことがあるのであれば、それはほぼ確実に負けてしまう戦法であり、他の機種でも知らない間に辛い部分を打ってしまっているのかもしれません。

同じ立ち回りでも5号機ではたまに勝ち越すこともできましたが、6号機では安定して負けてしまうことになり、同じ立ち回りが通用しないことを物語っています。

なぜ辛い部分と甘い部分がはっきりしてしまうのか?

では、なぜこのように期待値が極端な部分が生まれてしまっているのでしょうか?

僕は6号機から採用された

・有利区間の搭載
・2,400枚規制

これらが大きく影響していると考えています。
※「試験が原因」であるとご指摘がありました。詳細はコメント欄にて。

実はこれらの仕様を搭載すると、メリハリを付けなければならない状態になります。

ここで有利区間のルールをおさらいしてみましょう

有利区間の基本ルール
1.有利区間中でなければナビを出すことができない
2.連続で1500Gが最長
3.同一有利区間で2,400枚が最高

そして1500Gと決められた有利区間の中で、当たりやすい天井を作ったり高純増のATとなったりすると、期待値のメリハリをつけなければなりません。

ATが高純増で、天井をつけるとなると強力なプラス期待値になる分、どこかで強力なマイナス期待値部分を作らないとゲーム性が崩れてしまうからですね。

ですからリゼロの0〜100Gのように、ほとんど当たることがなく、ただ単にメダルを吸い込まれるだけのゾーンが存在してしまうので、逆に強力なマイナス部分を避けることさえできれば、プラスにすることは難しくなく、安定的に勝つことが可能であるのです。

このように安定感を増したことや、有利区間1500G&2,400枚規制なども考慮すると6号機はスロット副業に適した仕様となってます。

こちらの記事にて6号機がスロット副業向きであると僕が考える理由を解説しました。

まとめ:6号機が勝てないのは「安定」が原因

6号機になって勝てなくなったなぁ
2,400枚規制があるせいで、全然勝てないよ

そう思っていたのは、行動が結果に直結しやすくなった安定感と、有利区間を作ったことによる強烈なマイナス期待値部分の影響が大きいです。

5号機では運の要素が大きかったり、強烈なマイナス期待値部分が少なかったこともあり、勝てていたと感じていたのかもしれません。

6号機ではそういった運任せの立ち回りは、非常に危険です。

今負けているのは決して台のせいではなく、行動のせいであると考えましょう。

自己流で立ち回ってしまうと、いつまでも負ける行動を繰り返していくことになり、この先も安定的に負けてしまう未来が待っています。

勝とうとするとまだまだ超えるべき壁も多いですが、「負けない立ち回り」は初心者でもできます。

負けて辛い思いをするなら、正しい向き合い方を勉強して、負債を少しでも減らしてみてはどうでしょうか?

そのためにも安定しやすい6号機での実践は初心者向きとも言えます。

負けない立ち回りを実現するためにも、正しい知識や正しい行動が必要です。

たとえば「有利区間ランプ」って知っていますか?

6号機から搭載された有利区間をランプで表示しているものなのですが、このランプを使うとリセット判別に使えたり、有利区間を引き継いでいることもわかったりします。

もしこの「有利区間ランプ」を知らなかったら、それだけで多くの台を見逃している可能性もあるわけです。

こちらの記事にて有利区間のことや、有利区間ランプのことを詳しく解説しているので、新たな知識を身につけてください。

5号機の終焉〜6号機へ!勝つも負けるも『安定』の時代!

2022年、長らく続いた5号機時代が終わりを迎え、スロットは6号機だけの時代になります。

6号機の大きな特徴は『安定』です。

2,400枚規制や有利区間といった新たな仕様がもたらしたものは、波が穏やかになって勝つときも負けるときも安定しやすくなっているのです。

逆に言うと今、月間収支がマイナスである場合、行動を変えなければ安定してどんどん負債が増えていってしまいます。

安定の6号機時代に突入するからこそ、今が本当の勝ち方を学ぶいい機会なのです。

そんなあなたにおすすめするのが『スロット副業大全 Ver.1.0』という、僕が執筆したスロット”副業”に特化した教科書です!

僕がこれまでスロット副業で1,000万円勝ってきた方法を全て解説していますし、多くの人から好評をいただいている資料です。

スロットで勝つのは簡単なことばかりではありません!

が、毎月3万円負けている人が、正しい知識と行動でプラマイゼロになるだけで人生は大きく変わると思います。

「そんな人が増えれば良いなぁ」と思って、全力で書きました。

もちろんすべて無料でご覧いただけますので、お試し感覚でお読みください。

▼ランキング参加中!ポチッと応援▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ランキング参加中!ポチッと応援▲

8 件のコメント

  • 6号機はしっかり打てば勝てますよ

    自分はジャグラーがメインですが5号機ジャグの頃より6号機ジャグを打つようになって勝率は良くなってますよ

    しっかりと6号機ジャグで設定を使ってるホールで打つのが前提ですがね

    6号機ジャグを打った感想ですが5号機ジャグよりより設定に忠実だと思うしベースが上がってるのでハマりも5号機みたいに急激に吸い込むのではなく緩やかなのでデータ機のデータよりも思ったより差枚数はマイナスになってないことが多いと思います

    • コメントありがとうございます^^

      今後を見据えて6号機ジャグの状況を良くしているホールも多そうですね。
      設定を使っている状況で打てているので、結果も伸びてきているのだと思います!

      僕はまだ6号機ジャグを打ったことはないですが、マイジャグ5なんかはスペック的に攻められるかなぁと思っているので、機会があれば打ってみたいですね^^
      ボーナスの獲得枚数が減りましたが、通常時のベースや大当たり確率でバランス取っている感じで、多くの人に受け入れられる感じになっていますね。

      ジャグがこけてしまうとヤバいので、今の感じで行ってくれるのが理想だと思います^^

  • えーとぬるいです
    その16000分の1にはたまにある6の数値混ざってますよ
    だから1はや2はもっとえぐいの250超えた時とか期待値上がります
    その辺の説明出来ないならにわかです

    • コメントありがとうございます。

      僕は解析者ではないので細かな部分はわかりませんが、この記事では「6号機は極端に辛い部分と甘い部分がある」ことが伝えられればいいのかなと思ってこの記事を書きました。

      厳密に計算するとご指摘いただいた数値になると思います。記事ではお伝えできない部分まで、補足していただきありがとうございますm(_ _)m

    • コメントありがとうございます!
      そのあたりの試験に関しては詳しくないのですが、有利区間が搭載されたことで中期出玉試験に影響があって、無抽選区間を設けたということではないんでしょうか?

  • 違います
    中期は6号機から新たに設けられた基準です
    中期出玉試験の上限に引っかからないために「絶対に一定枚数ハマら無ければ出せない」のです。
    誤爆要素を残すと中期試験に引っかかりまくります。
    1回100万円以上の試験に何回も出すわけには行きません。

    この「ハマらなければでない」もしくは「ハマらずに当たった場合は弱AT」という6号機初期の典型例は中期出玉試験が全ての要因です。

    有利区間が出来たからとか、2400枚規制とか全く関係ありません。

    • 貴重な情報ありがとうございます。試験などには詳しくないので、助かりました。

      記事内にて補足させていただいております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です