設定1のジャグラー機械割96%の台を1日打つといくら負けるのか?

ジャグラー 設定1

こんにちは、のりへいです。

ジャグラーで2万円も負けた!

機械割96%で、2万円負けるなんてあり得ない!

投資5,000円で半日打って、最大1箱あったけど全部なくなっちゃった。おかしくない?

こんな感じでいろいろな声が聞こえてきます。

ジャグラーの設定1の機械割は96%とされていますが、それを打って思ったよりも負けてしまったということでしょうか。

では、本当に2万円負けがありえない数値なのか、計算で求めてみましょう。

機械割96%の本当の実力とは?

設定1のジャグラー機械割96%の台を1日打つといくら負けるのか?

ジャグラーの設定1機械割96%の台を1日打つといくら負けるのか?

とりあえず結果から、ジャグラーの設定1を1日(8,000G)回したとしたら、期待値は・・・

-960枚

金額にして、19200円のマイナスになりました。

そう考えると、1日2万円は妥当な数値になりますね。

決して少ない数値ではないことがわかります。

でも、96%と聞くと10000円投資して、96%が返ってくると考えがちになってしまうんですよね。

それは大きく間違った計算になるので、ここで修正しておきましょう。

正しい機械割からの期待値算出計算は

期待値算出式
投入枚数×機械割=期待値

ですから、投入枚数(3枚×G数)×機械割ということになります。

今回の例では、
3枚×8,000×96%=23040

投入枚数との差は24000-23040=-960枚となるわけです。

96%なのに、大きな金額になるのか?

機械割96%と聞くと、それほど大きな影響はないような気がしますよね。

現に他のギャンブルや宝くじでは、控除率というのが決められていてもっと大きな数値が設定されています。

宝くじ・・45-50%
toto・・約50%
競馬、競艇、競輪・・75%

こういった数値がすでに設定されています。

そう考えると、96%って超優秀ですよね?

でもここに大きな罠が潜んでいるんです。

それが投資金額です。

宝くじや競馬などは、先にお金を支払いそれに対して、控除率が引かれます。

ですから金額的に1万円とかせいぜい5万円くらいが相場なのでしょう。

それに対してスロットの機械割の投資金額は、1Gごとに60円投資する計算になっています。

ですから、8,000G回したときの投資金額は、480,000円(48万円)になるのです。

そこに96%が掛けられるので、2万円近くの大きな金額が動くことになります。

でも、実感として48万円も投資している感覚は全くありませんよね?

そうなんです。そこが思わぬ罠だと僕は思っているわけです。

では、なぜそこまで投資金額が増えてしまうのでしょうか?

スロットの投資額は毎ゲーム計算される

機械割は1Gごとにかかること仕組みになっていることが、金額が大きくなってしまう原因です。

宝くじや競馬では先に投資金額を決めるので、大きな金額にはなりにくいですが、スロットの場合毎Gに掛かってきます。

そして、実際の投資金額が仮に5,000円でボーナスが来たとしても、投入枚数自体はどんどん増えていくわけです。

通常、ボーナスが来たり、リプレイやブドウなど小役の関係で投入している感覚はありませんが、機械割を計算する上ではそういった小役やボーナスは関係なく、毎G投資していることになるのです。

1G回すのに3枚のメダルが必要になるので、毎G96%が返ってくる感じです。

3枚×96%=2.88枚

となるので、その差分の3-2.88=0.12枚が1Gごとに減っていきます。

これをイメージするためには、クレジット機能がなく、全て3枚手入れでリプレイ→3枚払い出し、ブドウ→7枚払い出し、ボーナス→手入れで15枚払い出しみたいな感じで
クレジットがない状態を想像してもらえると良いのかなと思います。

こうすると、リプレイが揃ったら60円返ってきて、再度60円を投入しているので、2倍の金額を入れているのと同じことになります。

こういった関係上、1日打ち切ると48万円というとんでもない金額の投入枚数になってしまうのです。

ホールは1日どれだけ稼ぐのか?ジャグラー増台の理由が見えてくる

これを考えると、ホールがジャグラーを増台していく理由が見えてくると思いませんか?

ジャグラーはゲーム性のわかりやすさから初心者から中級者、高齢の方まで幅広いユーザーがいます。

そして設定1を置いていたとしても、回してくれる人が多いので休日ともなれば1日平均4000G回されることもあるくらいです。

仮に100台の設置があって設定1で平均4000G回されたらホールの利益がどのくらいになると思います?

ちょっと計算してみますね

投入枚数×機械割→期待値4000×3×96%=11520

投入枚数との差分11520-12000=-480

1台当たり480枚の回収ができて、それが100台・・

480×100=48000枚

仮に20円スロットだとすると48000×20=96万円!!

机上の空論かもしれませんが、打ってくれる人がいればホールはこれだけ儲けることができます。

ここに設定2か4を散りばめて高設定が存在するとユーザーに思ってもらえれば、それを探すために設定1を回して稼働が上がる・・・

1日平均50~60万円の利益を出すことも可能になります。

この利益のためなら接客能力を上げて快適な遊戯空間やキレイなトイレ、Wi-Fi環境など設備への投資も惜しまなくなりますよね。

パチンコ屋のトイレイメージ きれい

だからパチンコ屋のトイレはキレイで使いやすいし、Wi-Fiが整っていたり、漫画本が置いていたり、少しでもユーザーに長く滞在してくれるように考えているのです。

こう考えると知識武装をせずに、ホールへ行くことがどんなに危険な事か理解できますか?

正しい機械割の知識がなければ実は2万円負けるのが平均なのに→今日は運が悪かった、次は勝てるだろうと考えてまた惨敗してしまうのです。

これはドラクエで言うと「ひのきのぼう・かわのたて・かわのぼうし」でボスに挑むようなものです。

正しい知識を持って、しっかり武装して「ゆうしゃのつるぎ・ゆうしゃのたて・ゆうしゃのかぶと」これでホールに立ち向かいましょう。

ジャグラー設定1の底力質問コーナー

2スロ、5スロなどの低レートのジャグラーって設定1ばかりですか?

これは、5スロ関連の記事でも書いたのですが、低レートは経費は同じなのに、売上が単純に1/4、1/10になってしまうので、設定状況が渋くなります。

ジャグラーに関しては人気が高い機種なので、低レートには置いていないことが多いですが、もし置いてあっても設定1の可能性が非常に高いと僕は思います。

ホールの設定1の割合はどのくらいだと思われますか?

正直僕は店長ではないので、どのくらいかは完全に想像の範囲ですが、良心的なホールで5割くらい、全力回収で8~10割くらいになるのかなと推察します。

この辺はホールの稼働状況にもよりますし、戦略によっても大きく変わると思いますが、思っているよりも少ないと考えていたほうが、こちらのダメージが少ないので良いと思います。

朝から晩まで打っても、10万負けることは殆どないと思っていいですか?

平均2万負けなので、10万負けというのはかなり低い確率になるんじゃないですか?

どこかで見た試算だと400~500回に1回の確率だったと書いてあったような気がします。

そう考えると、かなり遭遇する確率は低いでしょうし、そこまで投資する人もあんまりいないんじゃないですか?

まとめ:ジャグラー設定1の実力、機械割96%の底力とは?

機械割によって期待値が算出されるわけですが、スロットの機械割は設定1でも96%~98%と比較的100%に近い数値が設定されています。

しかし、100%に近いからと言って負ける金額が少ないわけではなく、ジャグラーの設定1を1日打ち切ると、約2万円の負けが見込まれます。

96%という数字から考えると多く感じてしまいますが、これにはスロットの投資枚数が増えやすい特徴があります。

リプレイやブドウが揃って一度払い出しを受けるので、知らないうちに投資枚数がかさんでいくわけです。

8,000Gでは、48万円の投資をしている計算になるので、そこに96%を掛ける場合、2万円という比較的大きな数字になってしまいます。

スロットでは正しい行動をしないと、月に万単位でのお金が失われていきます。

僕も過去には学生時代にお金がなさすぎてつらい思いをしてきたので、現在スロットで負けている人には正しくスロットで勝つ行動をしてほしいと思っています。

僕の記事では、「スロットで勝つ世界」を手に入れるためのヒントを沢山盛り込んでいます。

是非活用してください。

苦しい時期だからこそ本気でスロット副業で月10万円目指してみませんか?

ブログ1記事だけでは、残念ながらあなたはまだ勝てません。

ブログ記事は1つの情報であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

現実世界に落とし込むには情報を知識にしなければならず、順序立てて情報を学ぶことが必要です。

この教科書で情報を知識にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です