ハイエナ稼働は出禁になりやすい?その理由と貯められる枚数とは?

ハイエナ稼働で出入り禁止になることはある?

ハイエナでいくら稼ぐと出入り禁止になりますか?

なぜハイエナばかり出入り禁止になるのですか?

ホールのハウスルールによってホールからの出入り禁止を言い渡されることがあります。

SNS上でも話題になっているので、ハイエナをしまくると「ホールから出入禁止を言い渡されるかもしれない」と考える人もいるかもしれません。

実際にホールでも張り紙で「当店がプロと認めた場合は出入禁止」などを見たことがある人は多いでしょう。

では実際にどのくらい稼げば出禁になってしまうのか、もしくは何をしたら出禁になるのか、この記事で解説します。

この記事でわかること
ハイエナで出禁になるのか?

ハイエナが出禁になりやすい理由

勝ちすぎることによって出禁になるのか?

ハイエナ稼働は出禁になりやすい?その理由と貯められる枚数とは?

POINT

僕自身のハイエナ歴は7~8年ほど、その中で出入り禁止を言い渡されたことはありません。

実際に稼いだ金額としては、500万~800万くらいでしょうか。

基本的に稼いだ金額で出入り禁止を言い渡されることはないと思います。

ただし、これはホールによって判断されるので100%安心というわけではありません。

SNS上ではハイエナ稼働をして出入り禁止を言い渡されたケースが報告されています。

ホールのハウスルールの中には「ハイエナ行為を禁止」しているホールもあるからですね。

ではなぜこのようにハイエナばかりを取り上げられるのか?

なぜハイエナばかり出入り禁止になる?

ゾーン狙い・天井狙いを合わせてハイエナと言っていますが、なぜハイエナばかり取り上げられるのでしょうか?

ハイエナ行為が出入り禁止になりやすい理由は3つ考えられます。

ハイエナが出禁になりやすい3つの理由
設定狙いの場合、見せ台にすることができる

ハイエナは良いところがとられるだけ

一般客の遊戯の邪魔になることがある

これらのことからハイエナは一般客よりも出禁になるリスクが上がると考えています。

設定狙いの場合、見せ台にすることができる

スロットで勝つ方法の1つである、設定狙いの場合は、ホールが出したい・見せ台にしたいと考えて設定を入れます。

そのときにうまいプロは狙い撃ちをして、高設定を打つことができます。

ホールとしては、できるだけ出してもらって他のお客さんにアピールしたい思惑があります。

1日上手い人が1台をぶん回していれば、強烈なアピールになるでしょう。

ですから設定狙いの場合はそういったホールの思惑もあるため、ハイエナに比べて出入り禁止になるリスクが少ない傾向です。

ハイエナは良いところがとられるだけ

一方ハイエナの場合、他のお客さんが育てたおいしいところだけを取る戦法です。

もちろん1つの戦法として成り立っているので、否定はしませんがホールとしてはどう感じるでしょうか?

おいしいところだけ取っていくわけで、一切お金を落とさない人でもあります。

そんな人がお客と呼べますか?

仮においしいところを取られるのであれば、まんべんなく取られたほうがお客のダメージも少なく、稼働のためには有利です。

そういったことから、ホールにとってメリットが少ないため出入り禁止を言い渡されるケースが多くなると考えられます。

一般客の遊戯の邪魔になることがある

これはハイエナをしている人のマナーにもよりますが、一般客の遊戯の邪魔になるケースがあります。

ベガ立ちや張り付きと言われますが、遊戯している台の後ろにたって空くのをひたすら待つ作戦です。


©カプコン

ベガ立ちすれば明らかに狙われているのはわかりますし、仮に自分がやめて即刻台を取られたら「良い台を取られてしまったのか」と嫌な気持ちにすらなります。

こういった行為により一般客の迷惑になりやすく、出入り禁止を言い渡すきっかけになってくるのだと思います。

このようにマナーがとても重要で、ホールや一般客の迷惑にならないことがいちばん大事なことであると考えます。

その他遊戯中や、休憩など基本的なマナーをまとめているので、「自分がマナー違反をしていないか」確認すると良いでしょう。

スロットのマナーって何?トラブル回避のための【具体的行動11選】

2017.11.02

貯メダルの枚数で出禁を言い渡されるケースは少ない

マナー違反を繰り返すことにより出入り禁止を言い渡されることはありますが、貯メダルを多く貯めても出禁にはならないと考えています。

ちなみに僕が貯メダルした枚数は

約3万枚です。

実際にこのくらい貯めている人は複数人確認しているので、それほど多くはありません。

さらに僕が見たところ最も多く貯めていた人は・・10万枚です。

実はこれを確認した時は「もったいないな」という気持ちになったのですが、金額にして200万円分のメダルを貯めていても出入り禁止にはならなことが証明された瞬間でもあります。

僕がこのとき残念に思った理由は、『貯メダル10万枚所持する人を見て「もったいない」と考えた理由!』にて詳しく解説しています。

貯メダル10万枚所持する人を見て「もったいない」と考えた理由!

2019.11.16

どうなったら出入り禁止になってしまうの?

どうなったら出入り禁止になってしまうの?
実際に僕が出入り禁止を言い渡されたことはないのですが、僕の知っている人やSNS上で出入り禁止になったケースをまとめてみると。

出入り禁止になったケース一覧
他の客とトラブルになり言い争いに。店員が仲裁するが2人とも出禁に
ハマるたびに店員を呼びつけて、怒りをぶちまける客
台パン・強打ばかりするじいさん
掛け持ちを頻回にしていたハイエナ君
複数枚の会員カードを使用していた人
ハイエナをしていたら一発退場

こういったケースを確認しています。

最後の一つはホールによって判断が異なりそうですが、それ以外は基本的なルールやマナーに違反している場合出入り禁止を言い渡されています。

少なくともこういった行為を減らすことで、出入り禁止になることを防げそうです。

ハイエナ稼働は目立つので、細心の注意を!!

天井狙いなどのハイエナ稼働はどうしても一般客と違う動きになるので、目立ちやすいです。

目立つことによって良いことは一つもありませんから、極力目立たないようにすることが大事なのかなと。

実際僕は、かなりの小心者でトラブルは勘弁してもらいたい一心で、ルールやマナーには一段と気を配ります。

稼働中気をつけたい気配り
・空き缶はゴミ箱へ捨てる(他人のものでも)
・椅子を戻す
・メダルが出てくるレールを戻す
・おしぼりは自分で取る
・流すときに頭を下げる

こういった形で他のお客さんや店員さんにアピールすることもあります。

店員さんだって普通の人間ですし、感情はあるはずです。

こうやって店員さんと仲良くなっていると、こっそりと秘密の情報をくれることもあります。(体験談あり)

その他にも出入り禁止になるリスクを減らす具体的な行動はこちらの記事に記載しています。

ハイエナをすると出禁になる?今すぐできる4つの予防策とは!

2020.07.16

ハイエナで安定して稼働するには短期的視点・長期的視点どちらも重要になってきます。

長期的視点で考えることは一見効果が実感しにくいですが、ジワジワと長く効果を発揮してくれます。

小さな気配りで出入り禁止になるリスクを減らしていきましょう。

まとめ:ハイエナで稼ぎすぎると出入り禁止になる?

基本的にハイエナで稼ぎすぎたとしても出入り禁止になることはありません。

実際に3万枚以上保持したこともありますし、最大10万枚所持していた人を確認しているからです。

それだけ稼いでいても、一般客に混じってハイエナ稼働することはできます。

ただしハイエナは目に付きやすいので、一般客よりも出入り禁止になるリスクが高くなりやすい状況は否めません。

なぜなら

ハイエナが出禁になりやすい3つの理由
設定狙いの場合、見せ台にすることができる

ハイエナは良いところがとられるだけ

一般客の遊戯の邪魔になることがある

これら3つの理由から考えられます。

ホールや一般客にとって不要な人物になれば、出入り禁止を言い渡されてしまうでしょう。

そうならないためにも、普段からのルールやマナーを遵守することが何よりも大事です。

椅子を戻したり、ゴミを片付けたりは店員さんの仕事ではありますが誰がやっても良いじゃないですか。

自分がやって遊戯環境を向上させればそれは回り回って自分に返ってくると思います。

そういった気配りをしながらの稼働であればリスクを減らせるでしょう。

もっと根本的に、具体的な出入り禁止にならない方法はこちらの記事にまとめているので、あわせてお読みください。

ハイエナをすると出禁になる?今すぐできる4つの予防策とは!

2020.07.16

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの『情報』であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点である情報」を「線である知識」にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で『情報』を『知識』にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




4 件のコメント

  • 若干内容と異なりますが、一般の方でも10万枚以上貯メダルある人とかいますよ^^;
    だいたいそういう人は会社の社長とかですけどw

    • ぽこちさんコメントありがとうございます。

      10万枚は見たことないですね。

      そこまで貯めてしまうと、目立つし
      スロットでそんなに使うことはないだろうから
      逆に損だと思うんですけどね…。

      会社の社長だと経費で落としたりとかも
      出来ちゃうんでしょうかね(^_^;)

  • 同じチェーン店で貯玉カード作ったんですがマイホは確認ボタン押さないことには見えなくてメダル流す時に注意さえすれば大丈夫なんですが姉妹店の方が台の上にあるデータ表示機に再プレー可能枚数とデカデカと表示されてます!
    私自身目立たないようのりへいさんが書かれてるような事を心がけてますがやはりハイエナというか同じ店に通いつづけたら目立つみたいですね。
    今は知り合いが増えましたよ。

    • ぼっちさん、コメントとTwitterでの「いいね」ありがとうございます。

      同じ系列店でも店舗によって対応が違いますね!
      僕の地域でも、同じ系列でも再プレイ無制限と500枚制限が
      ありましたね。

      データ表示機でデカデカと表示されてしまうと
      その店では目立ったことをするとヤバそうですね(-_-;)

      やっぱりハイエナする人は一般客と動きが変わるので
      しばらくするとバレますね!!
      僕はホールでなかなか声かけたり出来ないので、
      話せる知り合いはほとんどいないです(-_-)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です