パチンコ屋はコロナ感染リスクが低いのか?政府発表資料から読み解く!

アイキャッチ
のりへい
こんにちは、のりへいです。

厚生労働省から
感染リスクの高い場所の例がいくつか出されたと
ニュースに流れてきました!


@厚生労働省ポスター

厚生労働省が発表した
一人の感染者が複数人に感染させた事例として

・ライブハウス
・スポーツジム
・屋形船
・ビュッフェスタイルの会食
・雀荘
・スキーのゲストハウス
・密閉された仮設テント

を挙げています。

そして北海道では「閉鎖的な場所やイベント」としてこの他に

・カラオケボックス
・クラブ
・立食パーティー
・自宅での大人数での飲み会

とより具体的に明示されています。

お気づきかと思いますが
実はこの中にパチンコ屋が入っていないんです・・

一体これはどういうことでしょうか?

ちなみにこのニュースのコメント欄には
「パチンコなんか必要ないから全店廃業でいい!」
「パチンコ屋の方がリスクが高い」
「何か強い力が働いている」
など批判的なコメントが相次いでいました(汗)

僕としては、スロットで一度人生を壊され掛けましたが
その後救ってくれた大事な業界だと思いますし必要だとも思っています!

でも今回の発表にパチンコ屋がないのは
「?」と思ってしまう部分があるのも事実です。

パチンコ業界の未来を変えるかもしれない
現時点で、公的機関が発表していないからと言って
いつも通りパチンコ屋に行くのではなく
“今”行く必要があるのか
立ち止まって考えてみませんか?

※この記事は個人的見解を多く含みます。
現役の医療従事者として正しい知識の共有に努めていますが
一個人の解釈としてご理解下さい。

パチンコ屋は感染リスクが低いのか?

政府からパチンコ屋が
感染リスクの高い場所と発表されなかったのは
感染リスクが低いからでしょうか?

新型コロナウイルスの主な感染経路は
飛沫感染と接触感染と言われています。

飛沫感染・・せき、くしゃみなどにより、細かな唾液の中にウイルスが存在し、半径1mの範囲で感染させる
接触感染・・皮膚の直接的な接触、ドアノブや手すりなど物体的なものを介して病原体が付着して感染させる

つまり
・半径1m以内に人がいる(飛沫感染)
・皮膚の接触がある(接触感染)

この2つの条件を満たすと
感染する可能性が高まる
わけです。

ライブハウスの場合は
他人と密着するくらい近くにいますし
歌う時につばが飛散して
その中にウイルスがいれば感染拡大しますし
スポーツジムの場合は
多くの器具を共有しているので
接触した皮膚を介して感染を拡大している可能性が高いです。

・他人との距離感
・皮膚を介した接触
この2つが感染リスクのキーポイントであるわけです。

それを考慮して
パチンコ屋は?というと・・・

パチンコ屋はコロナの温床!?

パチンコ・スロットの場合を考えると

 
不特定多数の人が同じ空間にいる
他人との距離は比較的近い
(満員電車・ライブ<パチンコ<スポーツジム)
間接的に接触する機会がある(レバー・ボタン・ハンドル)
長時間同じ室内にいる

これらのことを考えると
少なくとも感染リスクが低いとは考えにくく、逆に高いのでは?とさえ思ってしまいます。

しかもパチンコ屋に出入りする人の
手指衛生の状況を考えると
さらに悲惨なモノが浮かび上がってきます。

のりへい
パチンコ屋のトイレには
手を洗わない人がめちゃくちゃいる

こう感じたことはありませんか?

僕はいつも思っています←

体感5割くらいの人が洗ってないのでは?と思ってしまうほどです(汗)

特に甘デジ打っているおじいちゃん!!
杖をついている場合はさらに期待度UP!?

手を洗ったことすら忘れてしまうのか?
そんな感じすらしてしまうわけです。

衛生環境も含めて
メダルやハンドルで間接的に接触するので
新型コロナの感染が拡大する温床になるのではと危惧しています!

若い人は要注意!症状なく感染を広げてしまう可能性も・・

おじいちゃんは手を洗わない確率が高いから危険だ!

という話をしてきましたが、
若い人も新型コロナで言うと危険度が高いです。

手を洗うかどうかは別として
症状がなく感染を拡大させる可能性があるということです。

ライブハウスの例でもあるようですが
ほとんど症状がなく(つまり風邪っぽくもなんともない)
それでいて新型コロナが拡散される訳なので
感染に対する意識が低いまま
多くの人に広がってしまうんですね・・・

特に若い人の場合は
症状が出ない割合が高いらしいので

自分は手を洗うから大丈夫!

ということではなく
症状がなくても
感染を広げてしまうかもしれないくらいの感覚でいる方が良いかもしれません。

実際にコロナの陽性者が
ホールに来店していたケースがあり
臨時休業に追い込まれるケースも出てきています。

そしてそのニュースの風当たりは
台風かそれ以上のものと僕は感じました。

パチンコの遊戯人口は約1000万人
日本の人口は1億2000万人とすると
1/10程度なんですよね。

つまり9割以上の人に取っては
パチンコ業界がどうなっても
全然関係ない
ので叩き放題だと言うわけです。

もちろん僕は必要だと思っているのですが
仮にこの状態で
パチンコ屋から集団感染の例が1例でも出たら
この風潮はもっと強くなると思いませんか?

国会でもパチンコ屋の休業に対して
申し入れがあったようですし
集団感染が発覚した場合は
全国一斉休業の可能性が一気に高まるわけです。

そうなってしまうと
今後のパチンコ業界の未来を左右しかねない
事態にまで発展してしまいます。

僕は期待値論を駆使して
スロットで勝ってきましたが
今こそ本当の期待値を考えて
目先の利益を取るのか
将来的な利益を取るのかを一度考慮しても良いのでは
ないのかな?と思います。

もちろん行くのも自由ですが
その場合は最低限の感染対策をお願いしますm(_ _)m

行かないという英断をされた場合は
未来の期待値を考えているのであれば
この機会に普段できないことをオススメします!

いつもは
「時間がなくて新しいことができない!」

と考えていても
この機会にパチンコ屋で使っていた時間がモロに空くので
是非有効に使って下さい!

僕がオススメする4つの方法をこちらにまとめています!

新しい学びを通して
収入源を複数持つことにより
様々な事態に対応できるようになります。

このような非常事態だからこそ
新しい収入源を手に入れるために
動き始めてはどうですか?

感染リスクの高い場所にパチンコ屋が入っていない!まとめ

スロット台

厚生労働省が発表した
感染リスクの高い場所に
パチンコ屋が入っていなかったわけですが
決して感染リスクが低いのではなく
何らかの力(?)により
載っていなかったのではないかと考えています。

世間の9割からは不要と言われる
このパチンコ業界ですが、僕は1割の少数派です←

これを読んでくれている方の多くも
少なからずパチンコやスロットを必要としている方が多いと思うので
ここで一度考えてもらいたいのです。

全国の学校が休校したり
テーマパークが臨時休業している状況で
パチンコ屋が普通に営業している中
もし感染拡大がパチンコ屋で起こったらどうなるのか?ということを。

もちろん感染拡大なんか起きない方が良いのですが
もし起きてしまった場合
今までは見えない力(?)により
通常通り営業できているホールも
状況が一変する可能性すらあります。

自分が行かなくなったところで
変わらないかもしれませんが
それでも“今”行く必要があるのか?を再考しても良いのではないか?と個人的に考えています。

5年後先もパチンコ業界が存在して行くためには
今の行動がとても大事だと思います。

少しでもこの記事が考えるきっかけになれば嬉しいです^^

スロリーマンは負けてる場合じゃない!今こそ本気でスロット副業で月10万円稼ぐべし!


実は残念ながらブログ1記事を読んだだけでは、あなたはまだ勝つことはできません。

ブログ記事は1つの『情報』であり、1ヶ月前のニュースと同じように忘れてしまうからです。

スロットで勝つための選択肢は2つ

①引き続きブログを読んで、自分で試行錯誤しながらスロットでの勝ち方を学ぶ

②スロットの勝ち方を体系的に学び、勝つ方法を一気に学んで挫折率を減らす

現実世界で使うには「点である情報」を「線である知識」にする必要があり、そのためには順序よく情報を仕入れることが大切です。

この教科書で『情報』を『知識』にして、この苦しい時期を乗り越えるためのスキルを手に入れてみませんか?

スロット副業で1,000万円勝ってきた僕が語る、正しい勝ち方の全てを完全暴露!

しかも今なら、期間限定で特別無料保証付き。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です