ジャグラーを夕方から履歴打ちすることが危険だと思う3つの理由!


©北電子

現在は天井狙いで期待値を積んでいますが
数年前までは
ジャグラーなどのAタイプの高設定狙いで
期待値を稼いでいました。

今でも一応ジャグラーの島をチェックしますが
やはり履歴だけ良くても
打つのは非常に危険
だと思います。

僕がここ数年で
ジャグラー狙いから
天井狙いへとシフトしていった理由を紹介しながら

現在の状況ではジャグラーの設定狙いが
厳しいことを解説していきます。

それではご覧ください。

Aタイプのメリット・デメリット

まずAタイプを打つ際の
メリット・デメリットですが最大のメリットは

高設定をツモれば期待値は極大

このことに尽きると思います。

高設定を打つことが出来れば
移動することがなく
常にプラス期待値を積むことが出来るので

天井狙いに比べて
圧倒的に多くの期待値を積むことが出来ます。

さらにAタイプの場合、
閉店間際まで打ったとしても
ボーナスの抽選確率が変わるわけではないので

天井狙いのように
時間に制限なく期待値が上乗せされていきます。

例えば6時にジャグラーの高設定をツモって
閉店ギリギリまで回せば約5時間の間、
時給2000円から~3000円の期待値が上乗せされていきます。

これは天井狙いにはない要素ですので
とても魅力的で一度高設定をツモれば
夕方からでも1万円くらいの期待値を上乗せすることが可能です!!

このような強力なメリットがありながら
攻めるに至らないのは
それ以上のデメリットがあるからだと考えます。

そのデメリットは・・

本当の設定が分からない!

ということです。

一昔前は設定発表が
当たり前のように行われていた時代でしたが
時代の流れでイベントが規制され
設定発表がなくなったため
正確な設定が不明な時代となりました。

台を開けての確認が出来なければ
その日の設定を正確に知ることは出来ませんが、

1週間とか1ヶ月という長期間のデータを取れば
信頼度を推測することが可能です。

設定6発表台の1ヶ月間のデータの合算が
平均確率と大きく乖離していれば
その発表を疑うべきだし

長期間のデータを取って
設定6の近似値になれば
その発表を信頼しても良いと判断することが出来ます。

発表はホール側の一種のプレッシャーになり
嘘をつけば客が離れていくと言う時代でした。

ただ現在は発表することが出来ずに
煽るだけ煽って終わるケースが非常に多い気がします。

そのためのデータ集めが必須となるわけですが
発表があった時代と比べると、
難易度が格段に上がっていると思います。

本当の設定が分からないから
店側は設定2~4を散りばめておいても
十分利益となり得ます。

つまり昔に比べて
設定のベースを落としても
客に気付かれにくく営業できる
ようになったと言うことです。

客のレベルが格段に向上した

ジャグラーを打つお客さんのレベルが
数年前と比べて格段に上昇しました。

アイムジャグラーが世に出たのは
2007年の1月で今年で10周年です。

この10年の間に
ジャグラーに対する知識が
多くのユーザーに浸透していきました。

出始めの頃の年配者などのユーザーは
BIGが出ず出玉が伴わないジャグラーを
簡単に捨てていました。

出玉で判断していたために
設定差があるREG確率にはほとんど注目していませんでした。

ただ最近では年配者にも
REGに設定差があることが知れ渡ってきて
REG先行台でも追いかけることが増えたので
台が空くことが少なくなり
自分が打てる機会が激減していきました。

過去のジャグラーの記録で残っているものとしては

マイジャグラー 5200G B17 R30
アイムジャグラー3000G B19 R15
という台を夕方から拾って打ち始めています。

これが高設定だったのかは不明ですが
現状でこれほどのクオリティの台を夕方から打てることが
減ったように感じています。

サラリーマンの基本的な稼働時間は
平日の夕方になるので、良い台だとしても
空かなければ打つことが出来ません。

周囲のお客さんのレベルが向上したことによって
やめられにくくなり
さらにREG先行台を狙ってくるライバルも増えてきたため
より立ち回りにくくなってきました。

履歴だけでは設定差が分かりにくい機種が増えた

アイム 台データ

5号機のジャグラーの先駆け的機種は
アイムジャグラーです。

夕方から設定狙いしていた頃も
アイムジャグラーがメイン機種でした。

アイムジャグラーのスペックがこちら
↓↓↓

引用:すろぱちくえすと様 『(ニュー)アイムジャグラーEX(-KT) 設定判別・設定差まとめ』

続いてゴーゴージャグラーのスペックがこちら
↓↓↓

引用:すろぱちくえすと様 『ゴーゴージャグラー 設定判別・設定差・スペック解析』

夕方からの履歴打ちで高設定を打つことが
難しいとされるゴーゴージャグラーと比べてみました。

まず設定判別の肝であるREG確率ですが
アイム
設定1・・1/455
設定6・・1/269(約1.7倍

ゴーゴー
設定1・・1/364
設定6・・1/243(約1.5倍

さらに合成確率は

アイム
設定1・・1/176
設定6・・1/134(約1.3倍

ゴーゴー
設定1・・1/154
設定6・・1/121(約1.24倍

このようにアイムに比べて
ゴー後の方が設定1と設定6との差が小さくなっています。

さらに
設定1のREG確率が1/364ですから
少しヒキが良ければ簡単に1/300を切ったり
短期間であれば設定6の値である1/243くらいで
REGが引けることもあります。

ゴーゴーの場合は
ブドウ確率が極端に低く
ボーナス確率が高いと言う特徴があり
夕方からの履歴では分かりにくいです。

このように機種のスペック自体も夕方からの
履歴打ちを妨げる要因となっています。

ですからホール側は無理に設定6を入れなくても
ユーザーから判断されることが減ったので
設定6を入れる必要がなくなってきます。

それよりも設定6を入れる予算を使って
設定3~4を多めに入れて満遍なく出ているような印象を持たせた方が
稼働が良くなることさえあります。

どんなホールで打つことが大事か?

よく言われていることですが
設定6のないホールで探しても
設定6にたどり着けることはありません。

まずは設定6が入るような
ホールを見つけることが大切です。

それがどんなホールかというと

『設定8くらいの確率の台がある』

ことです。

どういうことかというと、
設定3~4でも1日単位では
設定6くらいの確率でボーナスを引くことがあります。

1日打ったとしても設定で2~3段階くらいの
幅でボーナスが推移することがあるので
もし設定6が入っているホールであれば
設定8くらいの挙動を示す台が出現する可能性が高まります。

出玉にすれば5000枚クラスです。

このクラスの出玉が頻回に見られていれば
設定6が設置してある確率がグッと上がります!!

逆を言えば
5000枚クラスの出玉が1週間や1ヶ月のスパンで
全く出なければそのホールでは設定6を使っている
確率が下がります。

このようなホールでジャグラーの設定狙いをしても
思うような結果が得られないのは明白です!

ジャグラーの場合は
狙うべき設定は『6』一択です。

設定6をブン回せれば時給2500円~3000円クラスになりますから
天井狙いにも引けを取らない期待値を積むことが出来ます。

設定4を基準にしてしまうと
それだけ低設定の可能性も高くなり
時給も激減してしまいます。

過去の僕はこれで失敗しました。

ですから『狙う設定は6』のみで
結果的に4』であった場合は仕方ない
というスタンスの方が高時給が維持されやすいです。

まずは設定8レベルの確率でボーナスが引けている台が
多いホールを見つけて
そこから狙ってみてください。

まとめ

これまで夕方からのジャグラーについて
酷評してきてしまいましたが、

基本的にはAタイプ好きですし、
機会があればジャグラーを打ちたいと思っています。

ただ収支を上げることに特化した場合
Aタイプが天井狙いに比べて不利であるということだけです。

その理由をまとめると
・ホールが設定6を入れなくなった

・ライバルが増えて夕方から拾いにくくなった

・機種のスペックも夕方から判別しにくい仕様になった

これらの理由から
ジャグラー設定狙い→天井狙いにシフトしています。

今は天井狙いですが
状況が変わればジャグラーでもアリだと思うので
ジャグラーなどの設定状況にも気を配っていきたいです。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

2 件のコメント

  • のりへいさんが書かれているとおりなんで省略しますがほんとそうだと思いますよ。

    よほどいい店と時間ある方じゃないとなかなかこぜ6なジャグラーは打てないかと!

    以前ガリぞうさんに質問した記事など見ましたが私はあの人のファンでガチプロなスロッターだと思います(^^)

    • ぼっちさんどうも(*^_^*)

      それぞれの稼働環境にもよると思いますが、
      やはり田舎地域では、
      高設定を使っているホールを探すのが難しいと思います。

      昔はREG先行台が嫌われていたり、
      ブドウ逆算ツールも知られていなかったりで
      設定6の後ヅモも可能でしたが、今は厳しいですよね(>_< ) 久しぶりにこぜ6を打ってみたいと思いつつ
      状況的には厳しいです・・・

      >以前の記事
      中押しチェリーの話ですね。読んでいただきありがとうございます!!
      ガリぞうさんは僕も尊敬するライターの一人で
      前述のブドウ推測や比率判別は参考にしています!!

      スロットの醍醐味である、設定狙いで稼いでいらっしゃるので
      本当に凄い人だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です