期待値スロッターによる期待値麻雀論~ピンフのみでリーチは正解か?~

国士無双
国士無双

今回はスロットとは違う話で、
僕の趣味の一つである
麻雀」の話をします。

どこまで需要があるかわかりませんが
スロットを打っている人って
結構麻雀を打つ人がいますよね。

現に
「麻雀物語」や
「麻雀格闘倶楽部」などの
麻雀に関連したスロット台も出ていますし。

それでスロットには期待値と言う概念が
行き渡っていますが
麻雀の期待値ってあまり浸透していないと感じています。

僕は根っからの期待値論者であり
どんなギャンブルにも期待値があると信じています。

「麻雀もまたしかり」です。

今回は麻雀の期待値について
解説しています。

それではご覧ください。

のりへいの実力は?

まず僕の麻雀の実力ですが
中の上」か「上の下」くらいと
自分では認識しています。

そこそこって感じで
メチャクチャ上手くはないです。

とりあえず客観的な使用として
麻雀アプリ「MJ」では
段位:10段
レート:1820(平均1800~1900)

フリーでは
平均2.19位

段位戦では
平均2.37位

となっています。

4人の平均が
2.5位なので
平均よりも上手になります。

ただそこまで上手いわけではなく
上位との対戦になると途端に脆くなります。

偏差値を示すレートは
1800~1900
2000には到達したことがありません。

レートの基準としては
1500が平均で
1800~は上手い人
2000~は超絶上手い人と捉えています。

なので
段位が5段くらいで
レートも1500~1600くらいの人には参考になるかもしれません

レート1800以上の人にとっては
当たり前の話になるかもしれませんのであしからず。

麻雀における期待値とは・・?

スロットで稼いでいる人の多くは
「期待値」というものを理解して
日々稼働しています。

スロットの期待値は
計算で求めることが出来て
誰にも明確に示されています。

例えばミリオンゴッド~神々の凱旋~で
800Gから打ち始めてAT後32Gやめで
期待値は4000円!!

など明確に数字で出ているので
簡単で誰にでもわかりますね。

ただ麻雀の場合は
自分の手の他に相手の手もありますし
状況もある
さらには残っている牌の違いもあるので
明確に計算することは出来ません。

ではどうやって期待値を計算するのか・・

それは


大量の実践データから
期待値を導き出すのです。

スロットでは
期待値見える化」さんが良くやっている方法で

大量の実践データから
天井やゾーンの当選率を算出して
天井の期待値やゾーンの期待値を計算します。

麻雀でも同じように
大量の実践データを参考にして
期待値を算出して

状況ごとにどのような行動が
一番期待値を取れるのかを判断材料にしながら
打つ牌を決めていくと言うわけです。

言葉ではわかりにくいので
一つ例題を出します。

「ピンフ」のみでリーチをするべきか?

ドラ表示3万

この問題は長年議論されてきました。
※ルールは一発・裏ありのルールで考えます。

たかだか1000点を2000点にするために
リーチをするのはダメだと考える人もいるし

もっと高い点数を狙うべきだと考える人もいるでしょう。

ここに一つの答えを出してくれた著書があります。

それは・・・

 

僕の唯一にして無二のバイブル
『科学する麻雀』です。

この本によると
ピンフのみのリーチでの平均上がり点数は
3500点前後になります。

もちろん巡目などによっても変化しますが


ピンフ×リーチの期待値が3500点なのです!

この本は
大量の実践データを蓄積したものを
統計処理して考察されています。

多少の誤差はあるにしろ
大筋で間違っていない数値になることは
期待値見える化』さんで証明されているので
多くのスロッターには理解しやすいでしょう。

少ないサンプルでは誤差は大きいですが
十分に大量のデータがあればほとんど誤差はなくなります。

それをまとめてくれているのが
この『科学する麻雀』なのです。

ピンフのみでリーチをすれば
平均3500点なのであれば
十分リーチ棒の1000点を出すメリットがあるような気がしませんか?

もちろん
毎回3500点ではなく
最低の2000点になってしまうかもしれませんし、
リーチ一発ツモが絡んで
跳満まで行くかもしれません。

でもそれはただの結果で
スロットの期待値ということを理解していれば
平均3500点に収束することは想像出来ます。

このことからリーチをすることの方が
期待値が高くなると思われるので
僕はピンフでテンパイしたら
迷わずリーチに行きます!

「高い方が良い」と思われる数字にだまされない

麻雀アプリ「MJ」では
そのプレイヤーの打風を
・アガリ率

・振り込み率

・アガリ巡目

・アガリ翻平均
で示されています。

ちなみにこれが僕のデータで

アガリ率:26.70%
振り込み率:13.15%
アガリ巡目:11.29
アガリ翻平均:3.33
となっています。

アガリ率~アガリ巡目までは平均以上の成績ですが、
アガリ翻平均は平均的な数値となっています。

実はこのデータにも裏があって、
科学する麻雀によると
アガリ点が高いほど成績が悪い
というデータになっているのです。

一見高い方が成績が良くなると思われるデータでも
統計を取って比較してみると
そうでないことが多いのです。

成績に直結する因子
(例えばアガリ率・振り込み率)
などの他に
実力者と初心者がどの部分で差が出ているのか
データでも示されているので
とても参考になると思いますよ。

麻雀の基本は全力で攻めて全力で守ること

基本的に麻雀は上がりに向かって全力で突っ走って、
上がれないと悟るやいなや全力でオリるゲームです。

中には回し打ちをする人が上手いと
言う人がいますが、僕はそう思いません。

オリる時には徹底的にオリる人が
上手いと思っているので
回し打ちをして危ない橋を渡ることはしません。

防御に関しても
色々と書いてみたいことはありますが
需要があれば続編を書きたいと思います。

麻雀は友人同士とワイワイと楽しむ人もいるし
手役をいかに作るかを楽しむ人もいて
楽しみ方は人それぞれです。

僕が今回示したものは
麻雀で勝つためのかなり偏った方法なので
どのくらい需要があるのかわかりません。

需要を調べる意味でも
続編(防御編・押し引き編など)
の希望があれば
コメント欄に記載して頂くか
下の悟空の応援ポチをお願いします。

ポチやコメントが多ければ
防御や押し引きについての
続編も書いてみようと思います。

もし続編がなければ今回で麻雀シリーズ(!?)は
一度終了してしまいますが
麻雀の期待値について
少しでも理解してもらえたら幸いです。

スロッターは期待値について
理解しやすいと思いますので
ぜひ理解して頂いて
麻雀でも勝ち組になっていきましょう!!

最後にもう一度僕のバイブルを
紹介しておきます。

中古ですがかなりお買い得なので
ご検討下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

2 件のコメント

  • 科学する麻雀は自分も読みましたが、最初に読んだ時は衝撃でした!
    これを読んでたおかげでパチスロの期待値もすんなり受け入れれたのかなと思います^ ^

    僕は麻雀下手ですが、いつかネット対戦を願いしたいです!

    • コバさんどうも!

      科学する麻雀の衝撃は計り知れないですね!
      僕も衝撃を受けました!

      麻雀もスロットも期待値だと思っていますので
      どちらかを理解すれば、どちらかも理解できるのでしょう(^o^)

      是非ネット対戦もやってみたいですね(>_< )
      色々検討してみます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です