環境の変化で収支が悪化!のりへいが必死に考えた「お小遣い倍増大作戦」とは?

大学生時代から始まったスロット生活は
依存症状態となって、その日の食事にも困るような
本当に惨めな生活も経験することになりましたが
地域が変わることによって
「勝つための正しい行動」をするようになり
年間50万円の収支を達成できるようになったのです。

ようやくスロット勝ち組の仲間入りを果たし
収支も右肩上がりに伸びて行って
2年目には年間100万円を達成するに至りました!

周りの環境の大切さを身にしみて感じていたのですが
このような甘い状況は思ったより長く続かず
しばらくして4号機から5号機への完全移行が進み
全国的にスロット離れが加速する時代に突入してしまいます(゜Д゜)

信頼度が高かったホールからどんどん裏切られていく日々

僕の地域でも例に漏れず
稼働は目に見えて落ちていて
その代償に今まで嘘がないと思っていた設定発表に
嘘が混じるようになっていったのです!

ホールも稼働を維持するために
必死だったと思うのですが
設定発表の札を多く指すために
低設定にもブスブスと札を刺していくようになりました。

それまで信頼度の高かったメインホールでも
目に見えて常連さんが減っていき
結果的にホールの売上げが下がるので
さらに高設定が置けないという悪循環に・・・

そんな状況を目の当たりにして
僕もスロットから遠ざかることが多くなりました。

それでもスロットで勝てることを知ってしまった僕は

のりへい
まだまだスロットで稼ぎたい!!

そんな気持ちで他のホールを回ったり
アツいメールが来たら参戦したりと
試行錯誤しながら懸命に立ち回っていましたが
満足のいく収支は残せませんでした・・

なぜなら「魚のいない池で釣りをしている」のと同じ状態で
アツいメールが来たとしても
結局は存在しない高設定を探してしまっていたからです^^;

それからしばらくして
イベント規制によって
メールでもイベントの告知ができなくなり
それまでイベントに頼り切っていた僕の立ち回りが全く通用しなくなり
ダブルパンチを喰らった僕は
それまで100万円以上プラスだった年間収支が
30万円くらいの収支に落ち込んでいきました。

さらに人生の転機が訪れて、どんどんスロットから離れていく

分岐

そんなスロット環境に
追い打ちを掛けるように
「結婚」という人生における大きな転機があり
僕の生活からスロットが完全に消えていったのです。

ただこの結婚生活も
お金の面ではとても苦労していました。

独身の時は
好きな時に友人と飲みに行って
お会計のことは気にしなかったり
趣味のゴルフに毎月行ったり
お金には不自由しない生活を実現していたのが・・・

突然、お小遣い制になり
どんどん減っていくお金を見ながら苦しい生活をしていたからです。

財布 空
↑マジでこんな感じのこともありました・・・

スロットをやめて時間ができたのと
お金がなくて外に行けなかったので
家でゴロゴロする時間が増えました。

のりへい
なんか楽しいことないかな~?

と言ってYouTubeを見ながら
一日中ゴロゴロしていた時期もありました。

そんな生活が数ヶ月続いたある日
お小遣いを上げてもらうように
勇気を出して妻に相談してみたのです!

のりへい
今月ちょっと苦しいからお小遣い上げてくれないかな?

と機嫌の良さそうな時に聞いてみたのですが…
↓↓↓

のりへい妻
いつもお小遣いあげてるんだから、その中でやりくりして!!

と言われてしまいあっさり棄却されてしまったのです(-_-;)

この出来事をきっかけに

のりへい
自分で稼がなければ俺の未来はない!!

という思いがふつふつとわき上がってきました!!

自分のこれまでの経験から
真っ先に思いついたのがスロットです。

というか「これしかない!」という感じで
とにかくスロットで稼いでやろうと燃え上がっていきました。

ただ当時は少ないお小遣いのせいで
軍資金もほとんどなく
しばらく稼働から離れていたので
半年間は軍資金を貯めたり
スロットで勝つための戦略を考えていました。

その戦略の名前は・・


「お小遣い倍増大作戦!」

そして当時の僕が考えたお小遣い倍増計画とは・・・?

お小遣い倍増大作戦実行へ!!

当時の僕のお小遣いは
2万円の中から昼食代が引かれるので
残るのが1万円ほど(゜Д゜)

どうにかこのお金を
倍増させたいと思って考えたのが
「お小遣い倍増大作戦」です^^

すでにこの時点でスロットでの
勝ち方は知っていたし
高設定をツモれば
数ヶ月分のお小遣いが手に入ることも知っていました。

だからお店が高設定を使ってくれさえすれば
入りやすい台を吟味したり
作戦を立てることもできます。

ただ少ないお小遣いをやりくりするためには
リスクが高すぎること、
高設定を使うお店が極端に少ないため

のりへい
今までと同じ立ち回りではダメだ!

そう判断した僕の戦略は

「5スロ天井狙い作戦!」です。

5円スロット

当時、スロット離れが進んでいて
低貸しホールがあちこちに
出現していた時期というのも重なり
軍資金が少ない状況であれば
レートを下げて破産しないようリスクを最小限にして
稼働しようと考えたわけです。

20円スロットでの2万円負け
5円スロットでは5千円の負けになるので
取り返しがつかない状態を避けられることや
設定に期待できないなら天井狙いの方が有効であることを考えて
低貸しの天井狙いが最も効果的だと
当時の僕は考えたのです。

そんな考えを張り巡らせながら
準備をしていき
さっそく近所の低貸しホールの開拓に乗り出していきました。

最初に向かったのは
稼働は常時2割~3割くらいの低貸しホールでしたが
客層がかなり緩い超過疎店
もともと魅力を感じていなかったので
敬遠していたホールでしたが
客層が超緩かったので
天井狙いの視点で考えると
おいしい台がめちゃくちゃ落ちている
天国のようなホールに変わっていたのです。

5スロで稼ぐための
正攻法を記載した記事はこちら

5スロ天井狙い優良店を見分ける5つのチェックポイントとは?

2019.01.11

5スロで天井狙いが有効だと考える理由とオススメ機種の紹介!

2019.01.09

お小遣い倍増大作戦を
スタートしてから3ヶ月で15万ほどの
お小遣いを増やすことに成功し

これで「天井狙いでも勝てる!」という確信を得た僕は
10スロも併設されていた同じ店で
徐々に高レートへと舵を切ります!

そうやって毎月1万~10万くらいの
お小遣いを上乗せすることが出来た僕は
金銭的な余裕が出てきたところで

稼ぐ金額を増やすべく20スロのあるホールへ
自然と舵を切って行くのです!

のりへい、大きな壁にぶつかる!!

これまで稼いでいたのは
低貸し専門ホールだったので
ライバルはほとんどおらず
自分だけがおいしい状態を実現できていました。

新たなホールを開拓するために
今まで行ったことないホールも含めて
稼ぎやすいホール探しに着手したのですが
20スロでは強力なライバルの存在があり
壁にぶち当たりました!!

それでも低貸し店での経験で
天井狙いが稼げることを知っていたので
何とか20スロで稼ぐために必死になって考えました!

その時に僕は

のりへい
ホールの駒を増やすことで、立ち回りの幅を広げるしかない

約1ヶ月くらいかけて1時間以内でいける
全てのホールを回ってデータを取りまくりました!

この時はとにかく必死で
人生で一番スロットで勝つために行動した時期だったと思います。

たくさんのホールを見ていく中で
天井を拾いやすいホールや
拾いにくいホールが存在していることがわかり
それぞれの特徴もざっくりと
把握することが出来るようになったのです。

この頃からは
徐々に無駄打ちも減ってきて
立ち回りにもシビアになって行くのと同時に
収支が右肩上がりになり
毎月5万~20万程度安定して稼ぐことができて
目標だった100万円の大台を何年かぶりに突破することができました!!

稼ぐことが可能となり
心に余裕を持つことができてからは、
いかに効率良く回れるかということや
金銭的な期待値だけではなく
『トータルの期待値』を考えるようになっていきました。

お小遣いが少ないときは
お金を稼ぐことのみしか考えられなかったのですが
それ以外の
・家族
・健康
・趣味
などスロット以外の期待値を自然と考えるようになったのです。

今までは自分のことでいっぱいで
周りや将来のことなど
見向きもしなかったのが
スロットで勝つようになって
金銭的、精神的な余裕が出てきたこともあり
たくさんのものが見えてくるようになりました。

そしてこの頃から少しずつ気が付いたことがあります。

のりへい
人生で最も大事な家族や自分の健康のために時間を使うことが
期待値を最大化できるのに
自分は仕事というものに人生を大きく支配されている。
のりへい
自分の好きなことに時間を使えないのは
仕事をしているせいではないか…

と考えるようになったんです。

続きの第3章では
その時の心情を詳しく解説しています!
↓↓↓

先読みしたい方はこちら(笑)

のりへい物語
1章.スロットとの出会い~依存症へ突入!あっという間に勝ち組へ転身したキッカケとは?
2章.環境の変化で収支が悪化!のりへいが必死に考えた「お小遣い倍増大作戦」とは?←今ここ
3章.小さい頃に憧れた『安定』した職場なのに、現実を知って嫌気が差した話!
4章.のりへいの人生を大きく変えた出会いと新たなチャレンジまでの全貌を公開!
5章.ブログ開始~初めての収益発生!そのまま波に乗るかと思いきや・・
6章.人生を揺るがす2つの大きな転機と見えてきた理想の新しい世界とは?