三店方式ってどういうこと?メルカリで特殊景品が売られていたが換金は可能?

小銭

少し前のニュースで
メルカリに現金が出品されていて
問題になっていることが流れていました。

その後
現金が出品禁止になり
次にパチンコの特殊景品が出品されましたが、
その出品も禁止されたというニュースが入ってきました。

パチンコやスロットで勝って
換金する時に使用する
特殊景品はパチンコで換金する為に

三店方式』という方法で
合法的に換金しています。

今回は、メルカリで売られていた
特殊景品から三店方式について
調べてみたことをまとめてみました。

それではご覧ください。

日本ではギャンブル行為は違法

カジノ コイン

基本的に日本は
国に認められている公営ギャンブル(競馬・競艇など)を除き
ギャンブル行為を禁止しています。

パチンコやスロットも
一般的にはギャンブルと認識されていますが、
法律では少し違うとらえ方をされています。

パチンコ店で法律で以下のことを禁止して
パチンコ・スロットを遊戯とし、
ギャンブルとは一線を画す状態となっています。

禁止している行為とは・・

1.現金又は有価証券を賞品として提供すること
2.客に提供した賞品を買い取ること(いわゆる「自社買い」)
3.遊技の用に供する遊技球等を客に営業所外に持ち出させること
4.遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること
引用:Wikipediaより

上記のように直接ホールが客に
現金などを渡してはいけない
と言うことですね。

それでパチンコでの出玉を合法的に
換金するシステムが「三店方式」なわけです。

法の抜け道「三店方式」

それでは三店方式がどのような構図になっているかというと・・

1.客がパチンコホールに来ると、遊技場営業者であるパチンコホールは客の現金と遊技球(いわゆる「出玉」)を交換する。
2.客はパチンコで増やした出玉をパチンコホールに持参し、パチンコホールは出玉を特殊景品と交換する。
3.客が特殊景品を景品交換所に持参すると、古物商である景品交換所は特殊景品を現金で買い取る。
4.景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取り、パチンコホールに卸す。
引用:Wikipediaより

このように説明されていますが、
文字だとわかりにくいので
図で解説すると。
↓↓↓

こんな感じですね。

パチンコ屋は直接現金には換えられないので
一度特殊景品に交換します。

特殊景品は地域によって様々で
金であったりボールペンやゴルフボールになっている
ところもあるようです。

僕の地域ではプラスチックの中に『金』が入っていて
それを特殊景品としているところが多いです。

「景品」であれば法律的に問題ありませんので
ホールは客に出玉相当の景品として交換します。

客はその景品を
ホールの近くに”たまたま”あった
古物商(金券ショップみたいなもの)に
持っていって現金に交換してもらいます。

特殊景品は
景品買い取り業者によって買われて
再度ホールへ卸されます。

3つの業種
ホール・景品交換所・景品買い取り業者
介在して取引をするため
三店方式」と呼ばれています。

これによって
直接ホールが現金を交換することなく
客が現金にすることが出来るようになる
わけですね。

やり方としてはグレーな方法なので
違法性の指摘などもされており

IR法案(カジノ法案)などの審議の関連で
パチンコをギャンブルと認定する動きも出るかもしれません。

もしギャンブルとして認定されれば
税金が発生するので
換金した一部に税金が掛かる可能性があるので
今後の動向には注目です。

一応ホールと古物商は別物なので
ホールの店員さんに場所を聞いても
はっきり教えてくれないのは
このような理由があるからですね。

さらにホールの敷地内にあることもありますが、
一度外に出て換金しなければならないことも
この法律に関係しています。

特殊景品を他の店舗に持っていったらどうなる?

換金率表

 
法律的には
ホールと近くに”たまたま”あった
古物商は無関係とされているので
もらった特殊景品をどこに持っていっても自由なはずです。

また『金』が中に入っている景品もあるので
それを『金』の買い取り店に持っていくことも出来る訳です。

たしか以前どこかの記事で
5000円相当の特殊景品の『金』を
金買い取り店に持っていったら
4000円くらいの価格で買い取られたと載っていました。

誰もそんなことをする人はいないと思いますが
ホールで獲得した景品は近くの古物商で
交換してもらうのが一番いいですね。

ただメルカリで販売されていた特殊景品が
どこの古物商でも買い取ってくれるかと言ったら
そうもいかないようで
中には買い取りできない場合もあるようです。

そうなると『金』を売るしかありませんから、
5000円相当の特殊景品が
メルカリで8000円の価格で売っていて、

それを『金』買い取りの4000円にしかならなければ
それだけで4000円の損になります。

4000円と言ったら僕が残業を2時間頑張って
やっと得られる金額です。
メチャクチャ大金ですよ(汗

今はメルカリで現金や特殊景品は取引禁止になっているようですが
間違っても買わないように注意してくださいね。

すぐに現金が欲しい人が買うようですが、
そんなことをしても問題の先送りにしかならないので
お金が無いのであれば
無いなりの生活をしていかなければなりません。

間違っても
少ない軍資金でパチンコやスロットで取り返そうとしたり
身の丈に合わない生活をして破産しないようにしましょう!

先日セクシー女優(!?)のANRIさんが
3万円を恐喝した容疑で
逮捕されて問題になりましたが
お金の大切さについても記事にしています。

併せてご覧ください。
↓↓↓

スロットで稼ぐことは悪いこと?ANRIさん逮捕に見るお金の大切さ!

5号機の終焉〜6号機へ!勝つも負けるも『安定』の時代!

2022年、長らく続いた5号機時代が終わりを迎え、スロットは6号機だけの時代になります。

6号機の大きな特徴は『安定』です。

2,400枚規制や有利区間といった新たな仕様がもたらしたものは、波が穏やかになって勝つときも負けるときも安定しやすくなっているのです。

逆に言うと今、月間収支がマイナスである場合、行動を変えなければ安定してどんどん負債が増えていってしまいます。

安定の6号機時代に突入するからこそ、今が本当の勝ち方を学ぶいい機会なのです。

そんなあなたにおすすめするのが『スロット副業大全 Ver.1.0』という、僕が執筆したスロット”副業”に特化した教科書です!

僕がこれまでスロット副業で1,000万円勝ってきた方法を全て解説していますし、多くの人から好評をいただいている資料です。

スロットで勝つのは簡単なことばかりではありません!

が、毎月3万円負けている人が、正しい知識と行動でプラマイゼロになるだけで人生は大きく変わると思います。

「そんな人が増えれば良いなぁ」と思って、全力で書きました。

もちろんすべて無料でご覧いただけますので、お試し感覚でお読みください。

▼ランキング参加中!ポチッと応援▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ランキング参加中!ポチッと応援▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です