勝率30%でもスロットで稼げる理由!膨大なデータやサイコロで解説!

自分が打っているホールの換金率を知る方法!
のりへい
こんにちは!
スロット副業専門家の『のりへい』(⇨プロフィール)です^^

「どうしてスロットで勝てるんですか?」

やっぱり多くの人が気になる部分ですよね?

正直僕も最初は「スロットで勝つ」なんて怪しいことだと思っていました。

だけど実は理論的に説明できちゃったりするんです。

この記事では、なぜスロットで勝てるようになっているのかという部分を難しい言葉をなくして、初心者さんにもわかりやすく解説しています。

スロットが勝てるのは、未来を計算できるから

スロット抽選でフラグの成立は完全確率であること!

まずスロットが勝てる理由をざっくりとお伝えすると、「打つ前から収支を予想できるから」なんです。

これを少しむずかしい言葉で言うと『期待値』と言ったりします。
※期待値という言葉は、この先何度も出てくるので、ここで覚えておいてください。

この期待値というのは「平均」と捉えることができるので、少しむずかしいと感じたら「平均値のことね^^」くらいに考えていてもらえればいいです。

で、この期待値というのは、実は打つ前から計算できちゃうんですね。

だから、目の前の台が勝てるのか、負けるのかと言うのは打つ前から決まっているので、勝つ台だけを選択し続ければ、あなたはスロットで勝ったも同然なのです。

でもですね、ここで話をややこしくしているのが、スロットで勝つ台と言ってもその日に必ず勝てるわけではないんですね、

スロットの大当たり確率ってだいたい1/200とか1/300に設定されていることが多いです。

で、その確率を1回で落ち着かせようと思っても無理な話で、当日の収支は『運』によって決まってきてしまうんです。

だから初心者の人ほど「勝てる台を打ったのに負けたんですけど」って文句を言ってきます。

確かに言いたい気持ちはわかるんですが、ここで一度冷静になって、低すぎる大当たり確率を極限まで上げて、もっと単純なギャンブルで考えてみましょう。

「期待値」を超簡易版のギャンブルで実感する

「期待値」と言っても現実に見えるものではないので、なかなか実感することが難しいですよね。

ですからこういうときは「簡素化して誰でもわかるくらい簡単な確率のギャンブル」というのを考えてみましょう。

さきほどスロットの大当たり確率は1/300のくらいと言いましたが、これを極限にまで小さくしていきます。

一番簡単なのはコイン投げの1/2ですから、今回はコイン投げで考えていきます。

僕とコインを使って簡単なギャンブルをしましょう

ということで、種も仕掛けもない普通のコインを使って、ギャンブルをしてみることにします。

僕が『親』、あなたは『子』として

条件設定
コインの表が出る・・・子に1万円支払う
コインの裏が出る・・・親に2万円支払う

こういった条件に設定したときに、子であるあなたはこのコインを投げることに同意しますか?

きっと「NO」と答えるでしょう。

じゃあなぜ、「NO」と答えたのか?

コインを投げる前から平均値がマイナスだと感覚的に理解したからではないでしょうか?

ちなみに1回投げることに、どのくらいの平均値になるのか計算してみると

(1万円×1/2)+(-2万円×1/2)=-5000円

つまりこのコイン投げの勝負をしたときに1回あたり平均的に5000円負ける計算になるということです。

この計算結果をスロットでは期待値というわけですね。

で、あなたは「投げない」選択をしたのは知らないあいだに期待値を使ってマイナスだったから避けたということなのです。

じゃあもう少し難しくしますが、今と条件のコインがあったときに5回連続で表が出たコインがありました。

表→表→表→表→表→今ここ

こういう状態になったときにコインを投げますか?

少し難しくなりましたが、答えは「NO」が正解です。

期待値というのは過去の結果には影響されず、いくら過去に5回連続で表が出てプラスになっていたとしても6回目を投げる前の期待値は変わらず-5000円のままなのです。

期待値を使えば目の前のスロットが平均して勝てるかどうかがわかる

今回はコイン投げという最小の確率を考えることによって、期待値の基本的なことを学んでもらいました。

僕がスロット副業で勝てたのは、期待値がプラスになる条件で投資を続けてきただけです。

さっきのコイン投げの子と親を逆転して、あなたが親になってプラスの期待値の条件になったときを考えていきましょう。

1回コインを投げれば平均して+5000円手に入る条件です。

ただ、運が悪いと表が出てしまい1万円を支払わなければならないかもしれません。

では、これを10回、20回と繰り返していったらどうでしょうか?

回数を重ねれば重ねるほど平均値が高まり、マイナス収支の確率がどんどん減っていくのが理解できると思います。

その具体例としてこのグラフをごらんください。

収支グラフ

これは僕が運営しているスロットコミュニティの生徒さんのデータを集計したものです。

赤いラインが予想収支、つまり期待値で、実際の収支が青いラインで示されています。

きっちりとプラスの期待値を積み上げているので赤いラインはなだらかな上昇を描いているのがわかりますね。

青いラインはプラスとマイナスを繰り返してギザギザの線を描きながら徐々に右肩上がりに推移しているのがわかると思います。

1回や2回の実践ではマイナス収支を叩いてしまうことがあるものの、こうやって大量に実践データを集めていくと負ける確率というのがどんどん下がっていくのです。

それは有利なコイン投げを続けるのと一緒で、期待値プラスの台だけを打ち続けさえすれば、負ける確率がどんどん下がっていくのです。

このことから導き出されるのは、短期的な結果ではなく長期的にスロット収支を見ることが大切であり、打つ前にしっかりと計算した上で打たなければならないということです。

僕は常に台を打つ前には期待値がどのくらいになっているのかを把握しながらスロットを打っています。

マイナスの期待値だと計算されれば打つことはありませんし、プラスの期待値だとわかれば積極的に打っていきます。

これを繰り返すことによって、僕はスロット副業で1000万円という大きな金額を稼いできました。

ぜひ、あなたも期待値論を学んでスロットで勝つ方法を理論的に理解して、実践に活かしてみてくださいね^^

5号機の終焉〜6号機へ!勝つも負けるも『安定』の時代!

2022年、長らく続いた5号機時代が終わりを迎え、スロットは6号機だけの時代になります。

6号機の大きな特徴は『安定』です。

2,400枚規制や有利区間といった新たな仕様がもたらしたものは、波が穏やかになって勝つときも負けるときも安定しやすくなっているのです。

逆に言うと今、月間収支がマイナスである場合、行動を変えなければ安定してどんどん負債が増えていってしまいます。

安定の6号機時代に突入するからこそ、今が本当の勝ち方を学ぶいい機会なのです。

そんなあなたにおすすめするのが『スロット副業大全 Ver.1.0』という、僕が執筆したスロット”副業”に特化した教科書です!

僕がこれまでスロット副業で1,000万円勝ってきた方法を全て解説していますし、多くの人から好評をいただいている資料です。

スロットで勝つのは簡単なことばかりではありません!

が、毎月3万円負けている人が、正しい知識と行動でプラマイゼロになるだけで人生は大きく変わると思います。

「そんな人が増えれば良いなぁ」と思って、全力で書きました。

もちろんすべて無料でご覧いただけますので、お試し感覚でお読みください。

▼ランキング参加中!ポチッと応援▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
▲ランキング参加中!ポチッと応援▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です