スロット貯玉利用制限がある方が有利?発想を逆手に取って立ち回る方法!

前回の記事で
サラリーマンが稼ぐ為の
オススメのホール選びについて記事にしました。

詳細はこちら
↓↓↓
スロットのホール選びで視点を変えると意外なホールが狙い目になるかも?

今回は
換金ギャップと貯玉利用制限の視点から考える
ホール選びの方法を記事にしてみます。

各都道府県で
換金率には差がありますが

僕の地域では、
等価交換のホールはなく
5.5枚~5.6枚交換が多いです。

換金ギャップを少なくするためにも
貯玉を利用することは非常に有効なことですが
ホールによって貯玉利用制限の条件が違うことがあります。

それぞれの条件でメリットやデメリットを踏まえて
まとめています。

それではご覧ください。

各ホールの条件とメリット・デメリット

比較

ここではそらぞれの条件で
メリットとデメリットを
まとめています。

全ての条件は台移動・出玉共有可能
な場合です。

不可能なホールもありますが
その場合は
個別にご検討ください!

5.5枚交換 貯玉利用無制限

メリット:投資が多くなっても全て貯玉で打てる
デメリット:ライバルが多くなる傾向

一番のメリットとして
ミリオンゴッドなどの投資が多くなりやすい機種でも
換金ギャップを意識せず打つことが出来ます。

期待値は
等価交換の1割減程度にとどまり
現金投資よりも甘めに基準を設定することが出来ます。

しかしこのような有利な条件は
ライバルも同様です。

従って天井狙いをするライバルが増える傾向にあります。

5.5枚交換 貯玉利用制限あり 当日出玉再利用可能

メリット制限があるのでライバルが少なくなる傾向
   当日まとまった出玉があれば、損失は減少
デメリット:深い投資では現金投資が必要

メリットは、
条件が厳しいのでライバルが少なくなりやすいです。

僕の地域は500枚までの制限が多いのですが
その枚数だとGOD系の天井狙いでは
全て貯玉で賄うことが難しくなります。

それを嫌ってか他のホールで稼いでいる人も
あまり見かけません。

もしまとまった出玉があって
当日に限り再利用できる場合は
ライバルが少ない分
貯玉利用無制限のホールよりも
有利に立ち回ることが出来ます。

5.5枚交換 貯玉利用制限あり 当日出玉再利用不可

メリット:ライバルはほとんどいない
デメリット:深い投資では現金投資が必要
    出玉があっても流してしまえば再利用出来ない

この条件では、
デメリットがかなり目に付くかと思います。

出玉を再利用出来ないので
一度メダルを流してしまえば
いくら出玉があったとしても
利用することが出来ません。

ただ連続で稼働できる場合は
かなり強力な店になります。

この条件を嫌ってライバルとなる人はほとんどいないので
良い台が残っていることが多いからです。

僕のマイホールは
この条件となっていて

貯玉利用に関しては
不利な条件もありますが、
それ以上にライバルがほとんどいないのが大きいです。

結局自分がいい台に座れるかどうかに
掛かっているので
先に取られてしまえばそれまでですからね。

露骨に張り付きもしたくないので
ライバルが少ない環境が好きです(^^)

それぞれの地域や環境によって違いますので、
一概には言えませんが、
意外にもちょっと人気のないホールの方が自分が勝ちやすいこともあります。

この機会に
普段行かないホールに足を伸ばして見てください(^^)

立ち回りなどに関しては
こちらにまとめてあります。
↓↓↓
・立ち回り講座一覧

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です