スロット上手い人を真似して収支向上!特徴と見分け方のポイントを伝授!!

メモを取る

スロットで稼ぐ上で
環境の影響は大きいです。

環境を決める要因としては、
ホール・ライバル・時間・タイミング
など様々なものがあります。

ブログでオススメの立ち回りが
紹介されていたとしても、
それがそのまま自分に当てはまるわけではありません。

ですから、
自分の地域でどのような動きをするのが
正解に近いのか?

それを探るには、
上手い人の真似をする
ことが一番の近道です。

それでは、
どのように上手い人を見分けるのか
僕が使っている方法を紹介します。

会員カードを使用しているか?

会員カード
僕の地域は、
等価交換ではありません。

ですから、
換金ギャップを少しでも埋めるために
「貯メダル再プレー」
を利用します。

上手い人は出来るだけお得に打つために
貯玉をフルに使います。
まずは稼働時に、
会員カードを使って貯玉を利用しているのかを確認します。

さらに、
貯メダルの枚数が見えれば
それも確認します。

もちろん、
ジロジロ見てはいけません(笑)


たまたま見えてしまった風に装います。
←これ大事です

僕の中では、
1万枚以上安定的に持っている人は、
上手い人である可能性があると考えます。

でも、こんな人はダメですよ(笑)

行動を確認する

メモを取る
たくさん貯玉を持っている人を見つけたら
その人の行動をチェックします。

上手い人の行動としては、
・レバーを淡々と押している
・目押しが上手い
・小役狙いを徹底して行っている
・小役カウンターを使用している
・打つ前に必ずデータを確認する
・打つ前、打った後にスマホにデータ入力している
こんな所でしょうか?

とにかく上手い人は無駄な動きが少ないですね。

貯メダルが多くあって、
こんな行動をしている人がいたら
要チェックです!!

その人が、
どんな動きをしているのか
さりげなく確認していきましょう。

設定狙いをしているのか、
天井狙いをしているのか。

設定を狙うとしたら
どの機種で
どの場所なのか

天井を狙うとしたら
打ち始めのG数はどのくらいか、
その日は何台消化したのか、
待ち時間はどのくらいかなど

僕は基本的に天井狙いをしているので、
その上手い人を基準にして
自分の基準を作ります。

例えば、
上手い人が比較的安い期待値でも
たくさんの台を消化していたのであれば、
『安い期待値でも台数を消化するヒットタイプ』

逆に、
安い期待値はスルーして
高めの期待値を狙っていたのであれば、
『高い期待値を狙うホームランタイプ』

に自分がなればいいのです。

それは、
地域やホールによって変わりますし、
空いている台が変わりますので
本当の意味での正解はありません。

しかし、上手い人を参考にすることにより
正解に近い行動を取ることが出来るでしょう。

天井狙いの上手い人はホールに顔を出したと思ったら、すぐにいなくなる

走り出す人
これは僕がサブホールで稼働していた時、
他のホールで見る天井狙いをする
上手い人を見かけました。

行動を少し追っていくと、
ホールをぐるっと回ったと思ったら、
あっという間に出て行ったのです。

そして、
その日はもう顔を見ることはありませんでした。

以前の記事にも出しましたが、
上手い人は
見切りを付けることが上手いです。

僕も、
ホールに行って基準の台がなければ
5分以内に出てくるように心掛けています。

結局上手い人は
期待値を追っているので、
そのホールに打てる台がなければ
次の期待値を追ってホールに移動します。

こんな行動をする人が稼働していたら、
こっそりと状況を確認してみましょう。

どんな基準で打っているのか分かれば、
それを参考にして
自分の基準を決めて見てください。

この方法を用いれば
ブログで読んで勉強した場合よりも、
その地域にマッチした行動が出来る事になるでしょう。

是非ブログを読んで理屈を勉強した後は、
ホールで上手い人を見つけて
自分にとって最適な行動をするように心掛けましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です