スロット天井狙いでボーダーを下げて良い理由と、隠された本当のリスク!

野球 ライン

前回の記事で
ボーダーラインを下げて
行く方針であることを書きました。

それまでには
様々な経緯があるのですが、
『ボーダーを下げることはダメではないか?』
という意見が寄せられました。

このことについて
僕なりの考え方をまとめてみました。

それではご覧ください。

ボーダーラインを下げることによるリスクは?

まず、ボーダーラインを下げると
どんなことが起こるでしょうか?

基本的に時給換算で計算しているので
低い時給の台を消化することになります。

ですから
同じ時間稼働した場合効率が悪くなります。

それから、
天井単発などが連続してしまった場合
浅めから狙うと
投資金額が大きくなるので
資金がパンクする可能性が出てきます。

他にも全体的な
勝率も必然的に下がってくることは
簡単に想像することが出来るでしょう。

ボーダーラインを下げるということは
上記のようなリスクを背負うことになります。

ボーダーを下げることはリスクではない!?

でも最近
ボーダーを下げる行為自体は
リスクでもなんでもないんじゃないか
と思うんですよね。

まあ唯一資金のパンクの可能性が上がるのが
リスクかもしれませんが
それさえクリア出来れば問題ない気がします。

時給換算して1台当たりの効率は
落ちるかもしれませんが
その分台を多く消化すれば良いですし、

勝率が下がったとしても
期待値が取れていれば
最終的にはプラス
になるでしょう。

まだスロットで稼ぎ始めて間もない場合や
そもそも稼ぐことも知らない人にとっては、
狙い目を浅くすることで
勝つ実感が湧かなかったり
資金がパンクしてしまい
スロットで稼ぐことを諦めてしまうというリスクが存在します。

ですから
初心者の方にとっては
狙い目を下げることはリスクになります。

スロットで稼いでいる人に取っての最も大きなリスクは?

考える人

スロットで安定的に稼げている
中~上級者にとっては

ボーダーを下げて
1台当たりの効率が悪くなったり
多少のパンクリスクが上がること自体は
それほど大きなリスクにならないのではないでしょうか?

そういう人にとっての
もっと大きなリスクは


稼働出来ない事で
時給が0円の時間が存在してしまうこと

なのではないかと最近考えています。

ですから多少なりとも
環境によってボーダーラインを調整することが
期待値を最大限取るためには必要なのかなと。

例えば・・
高期待値が拾えない環境の場合は
ボーダーラインを下げて台を取りやすくする

高期待値が拾える環境であれば
ボーダーラインを上げて効率を高める

このような調整が必要になると思います。

今回の僕の場合は
前者が当てはまるわけで
ボーダーラインを下げる行為自体は
悪いことではないと考えるわけです。

今後は、
少し下げたボーダーラインでどれだけ
台数をこなせるかが勝負になります。

ボーダーラインを下げたにもかかわらず
あまりにも拾えなかったりしたら
その時は、
新たなホールをまた探しに行こうかと考えています。

前回の記事で
ボーダーラインを下げると決めた
経緯を書いています。
↓↓↓
サラリーマンが夕方から打つ時の天井狙いのボーダーラインの決め方!!

スロットは今後5.9号機へと規制が強化されます。

その内容についてまとめていますので、
今後に備えてチェックしてみてください。
↓↓↓
スロット5.9号機の規制とは?驚愕の内容とハイエナの未来予想図!?

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

2 件のコメント

  • 自分もいろいろなブログを拝見して思った事は、ボーダーが低いからダメとかは無いと思います。ただ、リスクがあるとすれば消化に時間がかかるので、その間に高期待値の台が空いても打てなかったり、兼業なので閉店リスクが上がるとかがあるかなと思います。

    • コバさん、いつもありがとうございます(>_< ) ボーダーを低く設定するのは 金銭的なリスクさえ許容できれば問題ないと考えています。 閉店リスクについては、 僕もその通りだと思っていて その辺の判断が大事になりそうですね(>_<)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です