スロット初心者は5スロなどの低貸しから始めよう!オススメする理由とは?

5円スロット

時代の流れで、低貸しのホールが以前に比べて増えています。

サラリーマンスロッターの天井狙いにおいて、
低貸しホールで打つことは、ありか、なしか検討しています。

それではご覧ください。

天井狙いを覚えるためには有効ではある!!

まだ天井狙いで稼ぐことが出来ていない人にとっては、
低貸しホールで打つことも勉強になるので「あり」だと思います。

なぜなら、低貸しホールでは遊びの一環として打っている人が大多数であり。
自分の基準に適合するような台が落ちている可能性が高い傾向にあります。

もしかすると、天井機能そのものを知らない人もいるかもしれません。

そのような環境では、自分だけが有利な状態を作ることができ、
多くの台が拾えるでしょう。

引きが弱かった時の金銭的なリスクも少ないですし、
いい台を打ち続けていれば、
結果が付いてくることを体感できると思います。

時給は半分かそれ以下になる

当然ながら、1枚当たりの単価が小さいですので、
20円スロットに比べて時給が格段に落ちます。

期待枚数が同じ訳ですから、例えば
1回当たり+100枚の台を消化したとして、

20円スロットでは100枚✕20円=2000円
5円スロットでは100枚✕5円=500円になります。

消化に掛かる時間は同じなので単純計算で
時間単位の金額は1/4になります。

これから勝ち方を学ぶ人にとっては、
勝ち方を学べる機会になるので、

それ以降負けないためのスキルが付けば
価値は金額以上になりますが

すでに勝ち方を知っている人にとっては、それ以上でもそれ以下の価値でもありません。

勝ち方を学んでからは、20円スロットでの稼ぎの方が稼げる金額が大きくなります。

僕の場合は、
5円スロットではほとんど打つことはないです。
天井に数G~数十Gくらいで到達するのであれば打つかもしれませんが
基本的には探しにも行かないので出会う確率は非常に低いです。

10円スロットでは、条件によって打つことがあります。
20円スロットに比べて厳しめに設定することで、
単価の低さを補っています。

客層が甘くなりやすいですから
20円スロットではなかなか拾えないレベルの台が
打てることもあります。

まとめ

・天井狙いをこれから覚えていく人にとっては有効

・すでに勝ち方・考え方を知っている人にとっては、
時給が下がる部分を考慮して立ち回る必要がある

PS.
実は僕も低貸しで天井狙いを覚えました(^_^;)

低貸し専用ホールで、ライバルはおらず
稼働もそこそこあったので、
月3~5万の期待値を稼げました。

その後、さらに期待値を稼ぐべく
20円スロットへ移り、現在に至ります。

今は、最初にお世話になったホールは潰れて無くなってしまったので
タイミングが違っていたらこれだけ稼げていなかったかもしれません。

運が良かったというか
巡り合わせを感じます。

自分の人生を変えてくれるホールに出会えることは
なかなか無いので貴重な体験でした。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です