第2章 のりへいお小遣い倍増大作戦!!

妻ストップ

さて、第1話の続きですが
結婚してから
半年間はスロットへも
行けず少ないお小遣いをやりくりしながら
生活していました。

でも心の中では徐々に


「少ないお小遣いをどうにかして増やしたい!!」

と思うようになりました。

そのための手段に
僕はスロットを選びました。

すでに勝ち方は知っていたし
高設定をツモれば
数ヶ月分のお小遣いが手に入ることも知っています。

ただ少ないお小遣いをやりくりする
ためにはリスクが高すぎる
そう判断した僕はある作戦に出ます。

お小遣い倍増作戦とは・・?

「5スロ天井狙い大作戦!」

です。

5円スロット

当時、
スロット離れが進んでいて
低貸しホールがあちこちに
出現していた時期でした。

そして天井狙いであれば
大きなリスクもないし
さらに低貸しなら
少ない小遣いでも大丈夫だろうと判断して
低貸しホールの開拓に乗り出しました。

向かったのは
稼働はさっぱりの低貸しホールでしたが
客層がかなり緩い過疎店

設定狙いをしていた時は
敬遠していたホールでしたが
客層が超緩かったので
おいしい台が拾いまくれました!

スタートしてから3ヶ月で15万ほどの
お小遣いを増やすことに成功しました。

これで「勝てる!」という確信を得た僕は
10スロも併設されていたので
徐々に10スロへ移行していきました。

幸い等価だったので
換金ギャップがなく
非常に立ち回りやすかった
です。

ライバルがほとんど存在せず
ほぼ据え置きだったので
おいしい台をたくさん拾うことが出来ました。

そうやって毎月1万~10万くらいの
お小遣いを上乗せすることが出来た僕は
徐々に20スロに舵を切っていきます。

のりへい、最初の壁にぶつかる!!

頭を抱える

やはりこれまでの低貸しホールとは
違ってライバルが強力
今までのようなおいしい台が拾いにくくなってしまったのです。

それでも5スロでの経験で
天井狙いが稼げることを知っていたので
低貸しホールをメインにしながら

20スロの天井狙いに有利なホール探しに乗り出しました。

約1ヶ月くらい掛けて
自宅から1時間以内でいける
全てのホールを回ってデータを取っていきました。

これまでで一番スロットで勝つために
一生懸命に行動しました。

そして
たくさんのホールを見ていく中で
天井を拾いやすいホールや
拾いにくいホールの特徴を学ぶことができ、
その経験が今でも僕の基礎として生き続けています!

あのとき
一生懸命ホール巡りをして良かったなぁ
と振り返ってみて思いますね^^

この頃から
徐々に無駄打ちも減ってきて
立ち回りにもシビアになってきました。

努力した分
負けた時のショックが大きくなっていたので
とにかく負けないように必死に考えて稼働していきました。

そのおかげで
毎月5万~20万程度安定して稼ぐことが出来るようになり
年間100万円を達成しています。

稼ぐことが可能となり
心に余裕を持つことが出来てからは
いかに効率良く回れるかや

金銭的な期待値だけではなく
『人生の期待値』を考えるようになっていきました。

これはスロットをやっていて
大きな成長だと感じています。

お小遣いが少ないときは
自分のことだけで精一杯だったのが
お金に余裕が出来てからは
値段を気にせず買い物を出来るようになったし

大切な両親や妻にプレゼントを買う余裕も出て来ました。

実際にプレゼントを買うことは
金銭的には負担になりますが

自分の感謝の気持ちを
プレゼントという形で表すことで
親孝行に繋がると考えています。

普段あまり実家に帰ってあげることが出来ない
両親へのささやかな気持ちですが
この行動が人生の期待値の向上に繋がっていると信じています。

いつ何時両親と離れてしまうか分からないので、
「親孝行が出来なかった」と
自責の念に駆られることはとても辛いことで

それが少しでも親孝行できていたと思えば
救いになるものです。

今までは
自分のことでいっぱいで先のことなど
見ることが出来なかった僕ですが

スロットで勝つようになってから
たくさんのものが見えてくるようになりました。

この頃から徐々に仕事に対する
不安や不満が強く
なっていき
何とかならないかと
考えるようになっていきました。

長くなったので続きは
次回の話をご覧ください。
↓↓↓
サラリーマンをして感じる不自由