サラリーマンはスロットで負けている場合ではない!生活実態調査からの考察!

スマホでニュースをチェックしていると
面白い記事がありました。

その記事を読んでの感想や
危機感を持ったことについて
記事にしてみました。

それではご覧ください。

記事の紹介

埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入が必要で、子供が大学に入ると支出が急に増え、奨学金がないと成り立たないとする調査結果を、県労働組合連合会(埼労連)と有識者がまとめた。「賃金の底上げとともに、教育や住宅の負担を下げる政策が必要」と指摘している。

調査は、昼食を食べる場所や日ごろの買い物の場所や支出など、日常生活でのお金の使い方を聞く「生活実態調査」と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」のアンケートを、昨年1月に埼労連の組合員など3千人に依頼し、3カ月で597人(有効回答率約20%)が答えた。

その分析で、回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを持つ生活を「普通の生活」と定義。回答者がよく買い物をしている店などで実際の価格も調べた。

こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。
出典:朝日新聞DIGITAL埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査

30代でも「普通の生活」をするために
約600万円も必要だそうです。

僕が会社から頂く給料だけでは

全然足りません!

それほど多い給料をもらっていないとは思いますが、
凄く少ないとも思いません。

一般的な給料に近いのではないかと思うのですが
「普通の生活」をするには全然足りないんですよね(^_^;)

平均年収と必要金額との間に
180万円もの乖離があるので
僕と同じ感覚を持っているサラリーマンの方は
同じくらいの金額だと思います。

僕の場合はスロットで
年間100万円くらいの
仕事以外の収入があるので
それでやっと「普通の生活」に近づけるかな
というレベルです。

もし労働だけで
「普通の生活」を手に入れようとしたら
疲れた体に鞭を打って
掛け持ちしてバイトなどするしかありません。

教養娯楽費は年代を重ねると、どんどん減る!

30代の教養娯楽費は約4万5千円ですが、
50代になると2万8千円まで減額します。

理由としては教育費が
10万円も上昇しているから、
それを補うために
娯楽費が削られるということでしょう。

世の中の働き盛りと言われる
パパにとっては厳しい世の中ですね(-_-;)

多分パチンコやスロットは
娯楽費の中に含まれると思いますが、

月に4万~5万負けてしまえば
他に娯楽費に充てられませんし
それ以上負けていれば
「普通の生活」を送ることも許されなくなります。

お給料をたくさんもらっている方は
問題無いですが、

一般的な給料の人は
スロットで負けていては
「普通の生活」すら送れなくなるのです。

それも年を重ねていくごとに
どんどん娯楽費が削られていくので
パチンコスロットで負け続けていれば
次第に低貸しレートになるか
最終的にはやめるしか無くなります。

やめないためには負けないことが大切

財布 空

どんな年になっても
好きなことをやっていたいというのは
全ての人の希望だと思います。

でもスロットで負けてしまえば
次第には行けなくなる金銭状況になってしまいます。

ですからスロットを長くやりたいのであれば
負けないこと
さらには
少しでも稼げるようになることで
長く楽しむことが出来ます。

今は情報が簡単に手に入る時代になったので
スロットでの勝ち方や負けない方法は
簡単に手に入ります。

後はそれを理解して実行するだけです。

理解していても行動が伴わないと
結果が付いてきません。

少し我慢して打たないことや
店を移動することで
将来やめなくて済むようになるかも知れません。

」我慢するか
将来」我慢するか
になるのです。

僕は出来るだけ長くやりたいと思ったので
」少し我慢なり苦労なりする方を取りました。

そうすることで
長い期間スロットをやることが出来ると思ったんですね。

もし出来るだけ長くスロットをやりたいと思っていて
今現在負けてしまっている人は
今からでも遅くないので勉強してみて
まずは「負けない」方法を
身に付けてみてください。

少し我慢するだけで
負けないようになることは
それほど難しくはありません。

」頑張って長くスロットをやるか
将来」にスロットが出来なくなって
辛い思いをするか


それを決めるのは今の自分です。

どんな些細なことでも質問を受け付けています。
24時間以内に必ず返信しますので、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
最後までお読み頂きありがとうございました。
現在、ランキングに登録中です。
皆様の応援1ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村
パチスロ ブログランキングへ

投稿者: のりへい

30代サラリーマン、天井狙いを中心にスロットでお小遣いを稼いでいます。 スロットでお小遣いの稼ぎ方など情報を提供していきます。

“サラリーマンはスロットで負けている場合ではない!生活実態調査からの考察!” への 4 件のフィードバック

  1. 兼業でスロットやる人の方が
    スロットが好きな感じするんですよね

    期待値稼働してても
    5スロのクラセレやりますからね
    (最近のスロットの中で一番面白い笑)

    一部を除いて専業のやつらは
    好きでもないのにスロット打ってて
    ブログの記事も不快です

    それじゃ仕事と同じだろって

    なんでのりへいさんのことは応援してます

    1. カイジさんコメントありがとうございます。

      確かに専業だと「作業感」ハンパないんじゃないですかね?
      毎日ひたすら期待値を積まなければいけないですから。

      >5スロのクラセレ
      いいですね(^_^)
      僕もHANABIは好きでたまに打ってましたね。
      逆押しでの1確が好きでひたすら逆押ししてました(>_< ) 僕は元々ただスロットが好きでやめたくなくて勝てるように頑張ったので
      他の人にもスロットが好きならやめないでいて欲しいと思ってますね!

      応援ありがとうございます。メチャクチャ嬉しいです。
      これからも更新頑張りますのでよろしくお願いします(*^_^*)

  2. 自分のスロットの稼ぎが、こんな大変な思いをして少ないお小遣いで打ってる方々の負けで成り立ってると思うと、少し複雑ですね(-。-;

    1. コバさんどうも(^_^)

      確かにそれは複雑ですね(-_-;)

      負ける人がいなくなってはこの業界は成り立たないですし
      そのような人たちがいるからこそ稼げているので
      感謝の気持ちは忘れてはいけないですね。

      いつまでも謙虚な気持ちを持ち続けたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です