スロットと競馬の勝ち方の違い、圧倒的に競馬の方が難しい理由

競馬 直線

競馬で勝つことを勉強していますが、スロットでの勝ち方の違いという視点で考えてみました。改めて、競馬で勝っていくことが非常に難しいと感じています。

1.勝率を上げることが回収率を上げることに繋がらない

これが非常に大きいと思うのですが、スロットの場合、同じ機種を狙う時、基本的に勝率が高い方が回収率が高くなる傾向になります。機種が違う場合は、一概に言えない部分もありますが、概ね

勝率の上昇=回収率の向上

という、式が成り立ちます。
つまりは、勝率が出来るだけ高い状態を追い求めていけば、必然的に回収率の向上に繋がっていきます。
難しいところは、勝率の高い状態を追い求めすぎると、打てる台がなくなって全体的な収支がMAXでなくなる可能性があることです。
これは、周りのライバルであったり、環境に依存することが多いので明らかな正解はありませんが、バランスが非常に大切になってきます。

しかし、競馬の場合、勝率を上げるために、的中率を上げると、逆に回収率が低下してしまう可能性があります。
的中率を上げるためには、

  1. 強い馬から馬券を購入する
  2. 馬券を購入する点数を増やす

などの方法が考えられます。どちらも的中率が上がるのは感覚的に分かります。

強い(人気になりやすい)馬から買う場合

強い馬から馬券を購入する場合、的中率は向上すると思われますが、人気になりやすく当たっても配当が少ないため、トータルで見ると回収率が100%を切る事もあります。
この辺りは別の記事でも解説していますのでよろしければご覧ください。

的中率にはこだわらない理由

多点買いをする場合

馬券を購入する点数を増やすと、当たる確率は上がりますが、投資金額が増えたり、1点当たりの購入金額が減ってしまうため回収率が低下します。

よく他の競馬記事を読んでいると負ける人の特徴として、多点買いをしてしまうことが挙げられています。 買いたい馬を絞り切れず、「あれも怪しい」「この馬も怖いな」と言って、買い目を増やしていては回収率の向上は見込めません。

データや自分の予想力を信じて、多くても5点以内での予想を目指していくべきであると考えています。その時に考え得る情報から自分が納得して絞り込んで外れたら仕方ありません。 逆に仕方ないと割り切れない程絞れていなければ買わない選択肢も必要です。

「(予想は外れて)悔しいけれど、(自分の選択に)後悔はない」 このような選択を繰り返していければ、馬券力の向上に繋がるのは明白です。

競馬では、『勝率の向上≠回収率の向上』である

以上のことから

勝率の向上≠回収率の向上

の図式となり、ここが難しくしている要因ではないかと思います。競馬の場合、当たりやすい馬券を買い続けているだけでは、回収率の向上は望めないのです。

このことはとても大切な考えなので肝に銘じておきましょう。

『欲』との戦い

やっぱり人間ですから、誰しも馬券を的中させたい気持ちがあります。
当てたいという『欲』に負けて、人気のある馬に流れてしまうと回収率が低下してしまうので、決して欲に負けてはいけません。

スロットの場合でも実は勝率はそれほど高くない

例えば、スロットでも勝率は40%くらいしかありません。つまりは、半分以上は負けてしまうのです。それでもトータルの収支をプラスにすることは可能です。

競馬の場合、どのくらいの的中率・勝率がベストになるかは、やってみないと分かりませんが、単勝馬券1点買いの場合、1番人気の勝率は3~4割程度と言われていますから 1~2割くらいが丁度良いバランスになる当たりかと予測しています。 今後、考察してみたら記事を挙げてみたいと思います

競馬では、当てることよりも、期待値が高いと思われる馬券を、結果に囚われず狙って行くべきです。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です