スロット天井狙い連敗続きで勝てない時、初心者が行うべき精神安定法!

座禅

これまで、初心者講座として
サラリーマンをしながらスロット天井狙いで稼いで行く方法を紹介しました。
・講座一覧

この記事を最初から読んで、
実践をすれば
ある程度の収支をあげられるようになると思います。

長期的な視点で見れば
勝ち続けることは可能ですし、
負けてしまう確率は0%に限りなく近いです。

ただ、短い期間で見るとそうとは限りません。

1台単位・1日単位では、
負けてしまうこともあるでしょう。

僕の成績では勝率は、
40~45%くらいで推移しています。

逆に言うと、60%は負けています。

運悪く負ける方の60%が続いてしまうと、
自信を失ったり、
精神的に苦しくなります。

そうなると立ち回りがブレてしまい、
結果として収支が不安定になり
「スロットで稼ぐことが出来ない」と挫折してしまう原因になります。

そんな時は、
どのように精神を安定させるのか
対処法の一例を紹介したいと思います。

それまでの行動を見直す

コーヒーを飲む

結果が出ている時は、
これまでの行動を見直すことは少ないです。

結果という目に見える形で現れているので、
間違った行動をしていてたまたま運良く勝ったとしても
勝った』という経験から自分の行動を改めません。

逆に結果が出ていない時は
自分の行動を見直すチャンスです。

・本当に正しい行動をしていたか
・納得のいく台を選択したか
・遊び打ちはしていなかったか
・最善の行動を取ったか

これらのことを見直してみましょう。

どうやって見直せばいい?

見直す方法は簡単です。

計算してみればいいのです。

計算というと難しく思う人もいますが、
簡単な足し算と引き算が出来れば大丈夫です(^_^)

予想される期待値を計算して、全部足してみて
実収支との差を比べていきましょう。

エクセルなどの表計算があれば楽に出来ます。

期待値は、
2-9伝説すろぱちくえすとさんなどの
解析サイトを利用して出します。

大体100Gずつの期待値が記載されているので、
打ったG数を調整しましょう。

例えば
750Gからの期待値は、

700G +3000円
800G +4000円だとしたら

+3500円と計算すれば良いのです。

1円単位の正確な期待値を出すことは難しいので
100円単位くらいで出してみてください。

期待値を出したら
全部足してみて、
実際の収支との差を計算しましょう。

僕も、昨年の10月~12月にかけて
ゴッド系の機種で
下ブレ20万円以上を記録しました(^^;)

詳しくはこちら
12月の収支が最低記録更新ペース!!年間収支が大変なことになっています・・・

この時は、
確かに収支はあまり良くなかったのですが、
打っていた台選択に間違いはないと思っていましたし、
特に精神的にキツいことはなかったです。

計算してみて、
20万以上も下ブレしているのを知って
驚いた程度です(^_^)

でも、これを稼ぎ始めの初心者が同じ状況になったら
精神的にキツいだろうし、挫折する気持ちも分かります。

期待値プラス

でも、期待値について理解できていれば
上の図のように多少運が悪かったとしても負けないくらい
期待値を積み上げればいいということが分かるので、
同じ行動を取り続ければいいのです。

上の図や期待値についての詳しい解説記事はこちら
実践すれば簡単に誰でも稼げる!?スロット初心者が勝つための3STEP!!

逆に自分が思っていたよりも期待値が稼げていなければ
立ち回りを改めればいいでしょう。

自分が納得して打てる台がなければ、
他のホールに行って探してみたり、
他の人が気付かない『見えない期待値』を取るために
G数のデータを取ることに時間を使えば良いのです。

まとめ

結果が出ていない時ほど、
自分の行動を見直す良い機会になります。

そんな時は、
一度振り返って自分の
立ち回りを見直してみてください。

これを繰り返して自分流の立ち回りが確立出来れば、
精神的に安定することが出来ます。

最終的にスロットで稼ぐ為には
ホール選びや台選択が重要です。

他にもメンタルの保ち方、お得な情報など
まとめてありますので、
よろしければどうぞm(_ _)m
勝つための講座はこちら
↓↓↓
・初心者講座一覧

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です