パチスロとの出会いから、典型的負け組へ!きっかけ1つで勝ち組になった話!

アバター 小さめ

明けましておめでとうございます。
ブログを開設して1ヶ月経過しましたが、
何とか記事を書き続けることが出来ています。

今年は、自分のペースでブログを更新し
続けることを目標にしていこうと思います。

2017年は、
僕たちのようなサラリーマンでも
スロットで勝つことが出来るということを
講座形式で作成してみようと思います。

今は、
プラス収支にすることはそれほど難しくありませんが、
僕も決して
順風満帆に勝てるようになったわけではありません。

スロットにハマってたくさん負けてきました。

勝つことを勉強し直してから、
安定して勝つことが出来ています。

簡単にこれまでのパチスロ歴の紹介をしようと思います。

初めてのスロットは友人の誘いから

走り出す

僕が初めてパチンコ屋に足を踏み入れたのは、
大学生の頃で友人の誘いからでした。

同じように友人の誘いがきっかけで
始めた人はかなり多いのではないでしょうか?

パチンコはギャンブルだという認識であったし、
負けることが当然だと思っていました。

正直怖いイメージもあったのですが、
断れない性格もあり
渋々付いて行ったことを覚えています。

中に入ると、
轟音とともに台がキラキラ光っていたり
思ったよりも綺麗な店内に
不思議と怖いイメージはありませんでした。

友達はスロットで当時大流行していた、
4号機北斗の拳を打っていました。

当時は北斗の拳がどの店にも大量に設置してあり、
4号機の最盛期の時代でしたね。

僕は訳も分からずウロウロしていましたが
ラオウとのバトルをしている台には
メダルが一杯ありましたので、
ラオウと戦えば良いというのは何となく分かりました。

残念ながら、
北斗の拳のアニメやマンガは
一切見たことがなく、
相手の名前もよく分かりませんでした。
(後にラオウというラスボスと戦うことを知り、
初めて聞いた時はカップラーメンのような名前だと思いました。笑)

メダルの価値は当時は分かりませんでしたが、
TVゲームみたいな画面もあるので
単純に面白そう!!
と思ってしまいました。

それまでは
趣味でRPGゲームをやっていたこともあり、
経験値を貯めて敵と戦って倒せばメダルが出てくるものだと思い込んでいて、
コツコツとレベル上げをやっていけば自分が強くなって
次第に勝てるようになるんじゃないかと勘違いをしていました(^_^;)

プレステのファイナルファンタジーⅦやⅩはやり込みましたし、
ドラクエはⅤやⅧまでやっています。

初めて行った日は、友達が打っているのを見ていただけでしたが、
運良く当たって、2万円くらいの勝ちだったと思います。

帰りに焼き肉をおごってもらい帰りました。

こんなに簡単に、ゲームのようなことをやって
おいしいものが食べられるなんて素晴らしい!!

そう思うようになっていました。

徐々にスロットにのめり込んでいく・・

頭を抱える人

それからは、パチンコ屋に対するイメージも変わって来て、
友達の誘いにも喜んで付いていくようになりました。

友達に演出を教えてもらいながら
少ないバイト代の中から3千円ほど投資してみたりしながら
北斗の拳を打つようになり
少しずつスロットに、
のめり込んでいきました。

何回か大当たりしたり、ルールが分かってくると
今度は一人でやりたいと思うようになり、
バイト代を握りしめてパチンコ屋に向かうようになりました。

当時は、
とにかく早く当たって連チャンさせれば良いと思っていて、
それを祈りながらレバーを叩いていました。

やっと当たっても、
単発で終わってしまうと、
自分のヒキの悪さのせいにして、
コンビニでに置いてあった本の
『ボーナス継続打法』や『チャンス目誘発打法』
なるものを本気で実践したり、
完全な負け組になっていきました。

攻略法に関しての記事はこちらをどうぞ!
↓↓↓
攻略法・セット打法は存在する?初代北斗の拳『BB継続打法』の真実!?

もちろんそんなことで勝てるはずもなく、
自分がどうしてこんなに負けるのか
自分だけ運が悪い不幸な人間だと考えるようになりました。

負けたくはないので、
雑誌を購入して勉強もしました。
設定6の機械割はどうだとか・・・
設定6の小役確率はどうだとか・・・
設定6の初当たり確率はどうだとか・・

知識だけは一人前に付いていましたが、
結果は変わりませんでした。

それは、行動が変わらなかったからです。

ふらっとパチンコ屋に行って、
良さそうな台を打って散財したり、
たまに早い当たりで連チャンすると
「設定6だ」と小躍りしますが、
結局はそんな簡単に設定は入っておらず負けまくったり。

多分この時は、バイト代のほとんどをスロットに使っていたと思います。

学生時代は、ホントに良い思い出がなく
やめようと思っていても、常にスロットのことが頭から離れず
少しでもお金があると、自然とパチンコ屋に向かっていました。

この時が一番辛かったですね。
ただ、
自分は知識があるから勝てるはずと勝手に思い込んでより深みにハマってしまっていました。

止めたいけど止められない、依存症の状態だったと思います。

ただ幸いなことに
学校の方が忙しくなり、
スロットどころではなくなりました。
そのお陰でスロットからしばらく離れることが出来ました。
もし、時期が違っていれば廃人一直線だったかもしれません(^_^;)

就職して環境が一変、行動にも少しずつ変化が!

ジャンプする人

そんなことがありながらも
何とか就職でき、
その関係で引っ越しをしました。

しばらくは仕事が忙しくパチンコ屋に行けない時期がありましたが
仕事に慣れてきたある休みの日に
引っ越し先のパチンコ屋に足を踏み入れました。

土地が変われば、
パチンコ屋の環境もかなり変わっていて
大学時代にはなかった、
夜の設定発表なるものがありました。

それまでは、知識だけはありましたが、
本当に高設定なのかどうかは不明でした。
それが、この地域では答え合わせが出来る!

そのことが衝撃で、
次の日から夜に設定発表を見に行って台を記録したり、
その台を打っている人をチェックしていました。

仕事帰りや休みの日を利用して、
これまでのデータから打つ台を決めて行くようになりました。

小役を数えて設定を判別する時代へ、収支も付けるようになる

時代も5号機に移行しており、
「エヴァ~まごころを君に~」
などの、数えて設定判別をする時代の幕開けでした。

当時は、カウンターで数えながら打った台を携帯で判別して
夜の発表で設定6の札が刺さるのが嬉しくて
それを目標に朝から打ちに行っていました。

その頃から、
自分がどれだけ勝っているのか知るために
収支表を付け始めたと思います。

収支を付け始めた時は、
自分が思ったほど勝てていませんでした。
無駄な機種を打ってしまったり、
打ち足りず好きな機種を打ってしまっていたのが原因でした。

データを見直しながら反省し、結果が変わっていく過程が面白くて
記録を付けていくことも辛くなくなりました。

この頃から一気に収支は改善して、年間100万円近く収支をあげることが出来ました。

イベント規制により、設定狙いが不調に・・

頭を抱える

ただ、5号機中盤からイベント規制が入り、
告知がなくなりました。

これまでと同じように立ち回っても
設定が入っていないことが多く
それまでの結果が出ないため、
パチンコ屋から足が離れた時期もありました。

しばらくは収支も付けていましたが
大きく稼ぐことは難しくなって、
年間50万円前後の収支だったと思います。

設定狙いから天井ハイエナへの以降、そして現在へ

そんな中2~3年前から
この状況で勝つのであれば
天井ハイエナの方が有利では?と考えるようになり
設定狙い→ハイエナに移行していきました。

今では9割以上、天井ハイエナでの稼働になっています。

こうなってからは収支も安定してきて、
大体年間100万円くらいの収支をあげられるようになりました。

設定狙いをしていた頃は、
環境が良かったので勝てましたが、
今は設定で勝つことは難しいです。

このような厳しい時代だからこそ、
しっかり勉強して、安定的にスロットで稼いで欲しいと思います。

今は偉そうに収支を公表している僕でも
以前は単なるスロット好きの負け組学生でした。

周りの環境に助けられた部分もありますが、
勝つことを勉強して、今があると思います。

安定して勝つためには時間が掛かりましたが、
僕が勉強して理解している事を
出し惜しみなく公表していく予定です。

今スロットで負けてしまって苦しんでいる人は
記事を読んで、
良いと思ったことは吸収して、
勝ち組へと転身してもらえれば嬉しいです。

勝ち組になることは
思ったよりも難しいことではないので
思い切って飛び込んでみてください。

勝ち組になるためにも
ホール選びや台選択が重要です。
他にもメンタルの保ち方、お得な情報など
まとめてありますので、よろしければどうぞm(_ _)m
これまでの講座はこちら
↓↓↓
・初心者講座一覧

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です