スロットの目押しを効率的に練習する個人的オススメ方法3選!

目押しをせずに
スロットのストップボタンを押していく方法を
「おやじ打ち」といいます。

それではこのおやじ打ちと比べて
目押しをきっちりやった時の
金額差がどのくらいになるか知っていますか?

目押しの重要性を語るには
この金額について
知る必要があります。

今回は
目押しの重要性を金額で示して
スロット台の決まりを確認し、
最後に効率良く目押しを習得する為の
練習方法を紹介していきます。

それではご覧ください。

目押しによって得られる効果はどのくらい?

「勝ち組養成講座」の第1弾でも例題が出て来ましたが、、
再度その例題を紹介します。

例えばジャグラーでチェリーを目押しせず
適当押しした場合を計算すると・・

ジャグラーでのチェリー確率は約1/33で
適当に押すとチェリーを取りこぼす確率はリール配列上約1/3です。1時間に700G回すとするとチェリーは約21回成立するので
適当押しでは1/3の7回を取りこぼす計算になります。

1回につき2枚の払い出しですから、
計14枚の損失になります。

1時間で280円
丸々ホールの利益となり
我々が純粋に損してしまうのです。

ここで
仮に仕事帰りの2時間ジャグラーを打ったとしましょう。

勤務日数を20日として1ヶ月40時間です。
280円✕40時間=11,200円/月年間にすると
11,200円✕12ヶ月=134,400円/年
13万円以上の損失が出てしまいます。

全く目押しをせずに
適当に押してしまうだけで
これだけの金額差になります。

取りこぼしをしてしまうと
単純にその枚数が損となりますので
極力損を少なくするために
目押しが必要なのです。

スロットのリールと制御について

MY ジャグ3
©北電子

スロットのリールのコマ数は、
21コマ以下と決まっています。

ほとんどの機種は21コマを採用していますが
もっと少ない数のコマ数で発売された機種もあります。

そしてそのリールの回転速度は
1周約0.75秒と決まっています。

多分慣れるまでは
このスピードはかなり早く感じるかも知れませんが
もうひとつ重要なルールがあります。

それは「スベリコマ数」です。

スベリとは特定の場所で押してから
実際にリールが止まるまで
最大4コマ動いていいということが規定されています。

これによって
ピッタリと絵柄を狙わなくても
リールが勝手に動いて
手助けをしてくれます。

ある程度狙えていれば
揃ってくれるのですが、
遅く押してしまうと
スベリの恩恵を全く受けられないので
初心者のコツは

「少し早めに押す」ことを
意識することです。

ピッタリと狙おうとするのではなく
止めたいところのやや上あたりで押すと
滑って揃ってくれることがあります。

他にも細かなルールがあるのですが
基本的には
4コマ滑ることと
少し早めに押すことを意識してもらえれば
いいと思います。

初心者にオススメの目押し練習方法

野球にしろサッカーにしろ
どんなスポーツでも練習は大切です。

ただ闇雲に練習しても
中々上達しないので

監督や指導者に指導をしてもらって
効率良く練習する方が
早く上達します。

中には良い指導者に巡り会えて
その才能を伸ばす人もいますので
正しい練習方法で取り組むことが大切です。

スロットの目押しができない人の多くは、
目押しの練習方法が分からないため
ただ普通にリールを眺めながら
ストップボタンを押しています。

実践を重ねて慣れてくれば
次第に出来るようになるかも知れませんが
その間に多くの損失をしてしまいます。

目押しの練習には
いくつかコツがありますので
ここで紹介していきます。

目押しの種類にはいくつかあって
・色押し
・タイミング押し
・切れ目押し
・透過押し
・直視
など色々あります。

その中でも
まず覚えてもらいたいのが
色押しタイミング押し</span>です。

これが
まどかマギカの配列図です。

まどかマギカ配列図
©Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

目押し初心者の方は
まず大きな図柄
例えば白7を狙って押していきましょう。

最近の台は見やすくするように
透過性が高く
特定の図柄が光って見えるように設計されています。

この色を見ながら押すのが
「色押し」という打ち方で
最も基本的な方法です。

少し色が見えにくい場合は
図柄の大きさを利用して
リールの端っこを見ていると、

赤7や白7やBAR図柄など
普通の図柄よりも
少し大きめのものは
出っ張って見えます。

この出っ張りを参考に
目押しすることで
色押しの代用が出来ます。

色押しが出来たら
次は「タイミング押し」についてです。

例えば中リールの
赤7の2コマ下と
3コマ上にスイカがあります。
↓↓↓

これを赤7を目安に
少し早めに押すと下のスイカをフォロー出来ますし、
少し遅めに押すと上のスイカをフォローすることが出来ます。

さらには右リールの赤7の5コマ下にも
スイカがありますが
これも赤7をかなり早めに狙うことで
間接的にスイカを狙うことが出来ます。

ただマギカの場合は
中リールは白7の1コマ上
右リールは白7の1コマ下
スイカがあるので
白7を目安に押すだけで
スイカを揃えることが出来ます。

つまりは
スロットが回る1周のタイミングを掴んで
特定の図柄(赤7やBARなど)が
良いタイミングで押すことさえ出来れば
間接的に小役を狙うことが可能なので
ほとんどの小役は揃えられます。

実際に僕は
主にタイミング押しを利用して
小役を取得しています。

普通に遊戯する上では
特に不便は感じませんので
タイミング押しだけマスターしてしまえば
他の機種にも流用できる
ので
目押し初心者を卒業することが出来ます。

目押し上達のコツ

色押しやタイミング押しの最も早く上達するコツは、
とにかくリールの1周のタイミングを掴むことです。

常に同じ速度で回っているので
その速度が分かれば
タイミング良く押せます。

リールが1周するタイミングを
とにかく身に付けることが最優先です。
その後に
3コマ上だと「このくらい遅く」とか
2コマ下だと「このくらい早く」とか
微調整は経験を積みながら調整します。

この微調整に関しては
慣れるしかないので
実践あるのみです。

でも大体1周のタイミングが掴めれば
ある程度の前後の調整は出来るようになるので
とにかく1周のタイミングを
体にたたき込む
ことです。

タイミングさえマスターしてしまえば
他のどんな機種でも応用が利くので
頑張って覚えましょう。

実践的なジャグラーでの練習方法を紹介

目押し練習方法

目押しの練習をする上で
1周のタイミングを図る必要が
あるのですが
ジャグラーやハナハナなどは難しい部類に入ると思います。

なぜなら
ジャグラーの左リールは7図柄とBAR図柄が2つずつあるため
難易度が高くなっています。

それでもジャグラーなどは
機種の特性上
分かりやすいため
初心者にオススメの機種です。

ですから
今回はジャグラーを例に
1周のタイミングを掴む方法
紹介していきます。

MY ジャグ3

これがマイジャグラーの図柄配列図ですが
左リールには7とBARが2つずつありますね?

図柄が1つだけであれば
リールの1周のタイミングに合わせて
トン、トン、トン、トン、・・・と良いリズムを刻めるのですが、

図柄が2つ以上あると
トトン、トトン、トトン、・・・と
ノイズが入ってしまうようになってしまうわけです。

片方を除外してタイミングを取ると
トン、トン、トン、トン・・・のタイミングになるので
それに合わせて押すとうまくタイミングが取れるのですが

初心者にとって、
2つ目の図柄を除外するのが難しいので
ジャグラーの左リールでタイミングを取るのは
かなりの難易度になっています。

ですから慣れない間は

右リールから目押しすることを

オススメします。

右リールは
7図柄とBAR図柄が上下に塊となっていて
1カ所しかないので
1周のタイミングを掴むためには最適です。

ですから通常時から
毎G右リールの7図柄とBAR図柄を狙ってみてください。

成立小役によってリールの動きが変わるので、
毎回同じ場所で押したとしても、
止まるところは変わりますが、
大体7やBARが枠内に止まっていれば
タイミングが取れてきている証拠だと思います(^^)

実は目押し初心者の妻も
左リールのチェリーはほとんど取得できないのですが
右リールの7とBAR図柄は
枠内に押すことができています。

ですからジャグラーでは、
まずは右リールの感覚を覚えて
タイミングが取れてきたら
徐々に左リールの目押しをして
チェリーを取得するようにしていくと
スムースに上達していきます。

具体的練習方法別のメリット・デメリット

目押しの練習をするのにいくつか方法がありますので
それぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。

・ホールで実践する

オススメ度★★★☆☆

メリット
実践経験が養われる
集中力が保たれる

デメリット
長時間練習するとお金が掛かる

・ゲームを購入して練習する
エヴァ
(だいぶ前に購入したPSソフト、まだ眠ってました^^)
オススメ度★★★★☆

最近はスマホにダウンロードして
遊ぶことが出来るので
以前に比べて格段に敷居が低くなりました。

メリット
目押しをアシストしてくれる機能がある
リール配列を表示しながら練習することが出来る

デメリット
初期投資がかかる
ゲームなので実戦感覚と異なることがある

・ゲームセンターで練習する

オススメ度★★★★★

メリット
ホールに行くよりお金が掛かりにくい
実践的な練習ができる

デメリット
機種が古いものもあり、バックライトなどの不具合があることがある
緊張感が少ない
投資金額はホールに比べて半分程度

それぞれの方法には
メリット・デメリットがあります。

個人的には実戦感覚を養いつつ
金銭的負担も少ないゲームセンターでの
練習がおすすめですね^^

ゲームやアプリでも
補助機能が付いているので
練習するには良いですが
実戦感覚と違うところがあるので
難しいところです。

どんな方法でもマスターできれば、
年間で大きな金額の損失を防ぐことができるので
是非マスターしてください。

目押しは練習すれば誰でも出来るようになるので
練習量が最も大切です。

目押しがどうしても習得できない時の最終手段

練習したけど上手くいかない、
目押しをするのが面倒臭い

こんな考えの人もいるかもしれません。
そんな時は、最終手段として

目押し不要の機種を打つ!!

具体的には
バジリスク系
ミリオンゴッド系
ルパン・ガールズパンツァーなどの平和系

液晶が大きく、
リールが小さい機種が当てはまることが多いです。

このような機種は、
目押しをしなくても一切取りこぼしなく遊戯することが出来るのが特徴です。

目押しが不必要なことから
初心者にも受け入れやすいかもしれません。

どうしても目押しをするのが難しければ
機種を選んで遊戯するのも1つの方法であると思います。

ただし、目押しが必要なく損失がないからといって、
適当な台に座ってしまっていては
収支は一向にあがらない
ので気をつけてください。

目押しは
塵を積み上げて大きな山にすることです。

期待値がマイナスの機種を打って
勝てるようになるほどの効果はありませんのであしからず(^^;)

目押しについてのまとめ

レ点

・目押しをしないことによる損失はかなり大きい
・誰でも最初は初心者である
・コツを掴んで練習すれば早く上達する
・まずは色押しからスタートしてタイミング押しをマスターする
・練習方法は、ホール・ゲームセンター・ゲームアプリなどそれぞれメリット・デメリットがあるので考慮しながら実施を
・最終手段として目押し不要の機種もあるがそればかりでは勝てないので目押しの練習は必要

目押しはスロット初心者にとって
最初の壁になることが多いです。

最初はリールが回って
線のように見えて
何が何だか分からないかも知れません。

でもじっくり「見よう」と意識することで
少しずつ見えてくるようになります。

どんなに目押しがうまい人でも
最初は必ず初心者から始まります。

意識して練習することによって
圧倒的に早く上達出来るので
次から意識しながら打ってみてください。

その意識が
後の数万円・数十万円の収支の差
なって返ってきますので
凄く大切なことです。

わずかなことですが
少しずつ成果を上げていきましょう。

次の講座はこちら
↓↓↓

スロット期待値稼働でスランプ時に確認する3つの事と、1つの解決方法!

2017.10.19

スロット勝ち組養成講座一覧はこちら
↓↓↓

スロット勝ち組養成講座!
1章.スロット初心者のために勝てる理由を5分で解説!!そのシンプルな理由とは?
2章.スロットの期待値って何?簡単な計算で1分以内に算出する方法
3章.スロット天井狙いの期待値って何?目の前の台の価値を一瞬で算出する方法
4章.スロットで効率を意識した目押しの考え方と克服するための練習方法←今ここ
5章.スロット期待値稼働でスランプ時に確認する3つの事と、1つの解決方法!
6章.スロットの換金率を理解している?非等価店でも必勝の具体的作戦を伝授!
7章.スロットでの守るべきルール10選と気を付けたい「マナー」のまとめ!
8章.スロット初心者ほど収支管理を徹底するべし!継続できる付け方も紹介!
9章.スロットで勝つことが当たり前になった世界とは?
10章.スロットで稼ぐことに頼りすぎると危険!?隠された本当のリスクとは?
最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です