スロット初心者のために勝てる理由を5分で解説!!勝ち組養成講座【第1章】

こんにちは、のりへいです。

今回はスロットで勝てる仕組みや
勝てるマインドを全て伝授する

『スロット”勝ち組”養成講座』

としてシリーズ化して解説していきます。

とりあえずこのシリーズを読んでおけば
スロットで勝ち続けることはもちろん、

スロットで勝つことによる
メリット/デメリットも解説して行く予定ですので
それらの悩みも解決できます。

さらにスロットで稼いだ次のステージとして
スロット以外の収益源を確保して
精神的に安定した人生を送っていくための情報を
紹介しているメールマガジン
運営しているので
登録してみてください。

「勝ち組」とありますが
収支をプラスにすることだけが
勝ち組だとは思っていません。

たとえ負けていたとしても
精神的負担なくスロットと向き合って居られるのも
勝ち組だと思っています。

収支は±0でも
楽しんだ分だけプラスであれば
勝ち組
だと言うことですね^^

他にも
『勝つスロット8:楽しむスロット2』
というように
バランスを調整しながら向き合うと
楽しく長く付き合うことが出来ます!

ただ多くの人は
勝ち方を知らず、
スロットを打つことによって
大切なお金を失う人が多い
です。

ですからこの講座では
まずは勝ち方を知ってもらって
少しでも金銭的負担を減らした状態で
スロットに向き合ってもらおうと考えて

スロットでの勝ち方や勝つためのマインドを
中心にお届け
しようと思います。

第1回の今回は

スロットが何故勝てるのか?
ということを解説していきます。

今やネットが普及して
これまで存在自体が疑問視されていた
「スロプロ」が存在していることが
明らかになっています。

スロプロが存在している事実を知り
スロットで勝つことが
夢物語で無い
ことを理解してください。

なぜスロットで勝つことが出来るのか、その理由を解説

日本の法律の上では
パチンコやスロットは「遊戯」で
あると定義されています。

ただこれは建前上の話で
一般的にはギャンブルとして認知されています。

ホールに出入りしている人の
大体90~95%の人は
トータルで見ると負けていて

汗水垂らして稼いだお金を
ホールに献上して
目の前のスロット台の購入費用や
照明などの電気代、
さらには店員さんのお給料に変わっています。

1回1回の結果では
勝つこともあれば
負けることもあるでしょうが
10日、1ヶ月、3ヶ月と月日を重ねるうちに
多くの人は少しずつ
ホールにお金を出して「遊戯」しています。

ホールも慈善事業ではないので
あなたのお財布の中に勝手に
お金を入れてくれるようなことは

絶対にしません!!

それをしてしまえば
新しいスロット台が買えなくなったり
店員さんのお給料が支払えなくなり
ホールを経営することが出来なくなるからです。

多くの人が理解しているように
”ギャンブルは胴元が勝つ”ように出来ているので
勝つための努力を何もしない人は
長期的に見れば必ず負けてしまうのです。

ですから今負けてしまって
苦しい思いをしている人は

まずはスロットはギャンブルであり、
今の状態で打ち続けていくと100%負けてしまう
ということを覚えておいてください。

このことは非常に大切ですから
よ~く覚えておいてくださいね。

今スロットで勝っている5~10%の人は、
このことをよく理解していますので、
勝ち組になるための第一歩となるでしょう。

さて、今回のお題は
「なぜスロットで勝つことが出来るのか?」
その理由の解説でしたね。

スロットのことを解説する前に
他のギャンブルに目を向けてみましょう。

公営ギャンブルでは・・

手に汗握る 馬券

競馬は国が認めている
ギャンブルの一つで
国が認めているものは
「公営ギャンブル」と呼ばれています。

パチンコやスロットは
国がギャンブルと認めていないので
そのようには呼ばれません。

実は僕も競馬の勉強をしていた時期がありました。

そこで学んだのが
『控除率』というものです。

競馬では馬券という形で
一旦お金を回収してから
配当という形で
客さんに還元します。

この時に胴元が差し引く
利益の割合を控除率
というのです。

競馬の場合は
20~30%に設定されていて
HPでも確認できます。

例えば1~3番の馬に
それぞれ500万・300万・200万の
合計1000万円投票があったとします。

1.・・500万
2.・・300万
3.・・200万

そうすると主催者は
購入額から控除率を引いた分を
払い戻します。

今回の控除率を20%とすると
800万円の払い出しなので
当たった時のオッズは
1・・1.6倍
2・・2.6倍
3・・4.0倍
となるので
どんな結果になったとしても
主催者は200万円の利益を得ることができるのです。

ですから主催者はレースを開催しさえすれば
一定の利益が確定
するという仕組みです。

馬券の売り上げが多ければ多いほど
収入も比例して増えるので
CMを使って若い人を呼び込もうとしている訳です。

少し話が逸れましたが
パチンコ屋に至っては
控除率が決まっているわけではないので
高設定ばかり置いて大赤字になる営業をすることが出来ます。
(そんなホールは限りなく少ないですが・・・)

このように自分が有利になるような
お店や日付を選んでいけば
勝ちやすくすることが出来ます。

競馬では控除率が存在するので
常に20%取られる勝負になるのですが

スロットの場合は
こちらの選択によって
100%以上にすることが可能
なので
結果的に常勝することが出来るようになります。

つまりスロットでは
他のギャンブルとは異なり
選択肢が広いため
稼ぎやすくなっている
のです。

スロットは「遊戯」であるため本気で稼ぐ人が少ない

先ほども書きましたが
基本的にスロットは「遊戯」であり、
それ自体を楽しんでいる人も多いです。

負けることをある程度許容しながら
遊びや純粋な趣味として
スロットに向き合っている人もいます。

スロット自体は出来るだけユーザーに楽しんでもらったり
興奮してもらうような仕掛けが
盛り込まれています。

音や光もその一つで
プレミア役を引いた時の
音や祝福を体験したくて
打つ人も多くいます。

そのような人たちは
ある意味負けることは織り込み済みなので
勝つことに必死ではない部分もあります。

稼ぐことに対して
本気の人とそうでない人が
同じ土俵で勝負しているようなものです。

「稼ぐ」ということに
重きを置いていない人も多いため
ちょっとした気持ちや行動によって
大きく収支が変わることがあります。

例えば目押し一つを取ってみても
その意識の違いで
収支に大きな影響を及ぼします。

楽しみながら打っている人の中には
目押しをせず
適当にストップボタンを押している姿を目にします。

個人の自由なので
どうやって押してもいいのですが

その目押しがどのくらいの
差になっているのか知っていますか?

例えばジャグラーで
左リールのチェリーを目押しせず
適当押しした場合を計算すると・・

ジャグラーでのチェリー確率は約1/33で
適当に押すとチェリーを取りこぼす確率は
リール配列上約1/3です。

1時間に700G回すとするとチェリーは約21回成立するので
適当押しでは1/3の7回を取りこぼす計算になります。

1回につき2枚の払い出しですから、
計14枚の損失になります。

1時間で280円
丸々ホールの利益となり
我々が純粋に損してしまうのです。

仮に仕事帰りの2時間ジャグラーを打ったとしましょう。

勤務日数を20日として1ヶ月40時間です。
280円✕40時間=11,200円

年間にすると
11,200円✕12ヶ月=134,400円
13万円以上の損失が出てしまいます。

まさに『塵も積もれば山となる』です。

スロットで勝つということは
このように塵をたくさん集めていくことなのです。

決して
「一撃で5000枚出た!」
「1日で10000枚稼いだ!」
というような華やかなものとは違って
地道なことをコツコツと積み上げていくものなのです。

こういった細かいテクニックが
スロットのあらゆる場面で役に立ちます。

そしてそれらを常に意識している人が
安定して勝つことが出来るようになり
その積み重ねによって
負けることがあり得なくなるのです。

スロットは勝てるか負けるか簡単に計算できる

スロットでは
予想される収支を簡単に計算することが出来ます。

もちろん1回1回は
その予想通りになりませんが
長期的に見れば
その予想に近づくのです。

いくら勝てそうなのか
いくら負けそうなのか
スロットでは全て数字で管理されており
打つ前から計算することが出来ます。

これは「期待値」という言葉で
表されていて
このブログや他のサイトでも
多く使われている言葉です。

難しい言葉かもしれませんが
スロットで勝っていく上で
非常に大切な概念ですので
次の章で詳しく解説しています。

勝てそうな状況を簡単に計算できるので

勝てる部分だけ打って

負ける部分を避けるような

動きをすることが出来ます。

パチンコや公営ギャンブルでは
スロットほど正確に
計算できないので
自分に不利な状況でも
気付かないことがあります。

スロットでは
比較的簡単な計算で
それらを割り出すことが出来るので
不利な状況を極力避ける
「リスク回避」が長けています。

このリスク回避が
スロットで稼いで行く上で
非常に重要な役割を占めていて

ギャンブルでありながら
ほぼ勝つことが確定された状態のみを
打つことが出来る
のです。

これもスロットの強みの一つであり
勝ちやすいと考えられる理由です。

スロットで勝つためには我慢も必要!!

POINT

先ほどまでスロットで勝てる理由を
いくつか紹介してきました。

スロットでは計算が簡単に出来て
自分が勝ちやすいところだけ打っていけば
勝てると言うことをお伝えしましたね。

コレを見ると
スロットで簡単に勝てそうな気がしますよね?

でも「言うは易く行うは難し」のことわざがあるように
実際に行うのは難しさも伴います。

知識はあるのに
勝てていない人は
この行動が出来ずに挫折してしまう人が多いのです。

以前友人に
僕がスロットでの勝ち方をレクチャーしたことがありました。

彼は根っからのスロット好きで
毎月数万円も負けが込んでいました。

Aタイプが好きで
ジャグラーなどを仕事終わりから
打っていることが多かったです。

そんな彼に天井狙いについて話をしたら
興味を持ってくれたので
狙い方や動き方を伝えて
実際に取り組んでもらっていました。

最初はそれを意識して
動いていましたが
打てない状況が続くと
打ちたい欲に負けて
大好きなAタイプを打つようになり、

それが続いていくと
最終的には元通りになってしまいました。

彼曰く
勝つために我慢するくらいなら
負けても良いから目の前の台を打ちたい

ということでした。

僕の教え方がまずかったのかも知れませんが、
一般的な人の気持ちを代弁してくれているのだろうと
解釈しました。

そんなに難しいことではないと思ったのですが
一般的に我慢をしたり
欲を抑えたりすることに対して
非常にストレスを感じる人が多い

ということを実感させてくれる出来事でした。

でも逆に言うと
負けている90%の人と違う考えや行動が出来たら
稼げるようになる
ということであると言えます。

打つことをしない人が勝つことが出来る!!

スロットで勝っている人の
大きな特徴として
「打つことをしない」
コレに尽きると常々感じています。

「なぞなぞ」のようになっていますが
決してそうではなく

打てる状況でなければ

打たないで帰る選択を出来る人のことです。

ホールにいるということは
そのほとんどがパチンコやスロットを
打とうという目的でそこに居るわけです。

そんな中で
勝てる根拠のある台が一台もなかった時に
「打つ」という選択肢を選ばずに
帰宅したり別の店に移動できる人の方が

打つことよりも勝つことを意識している

からです。

負けている人の特徴に
勝ちたいよりも打ちたい気持ちが強い
傾向があります。

欲望との闘いになりますが、
どちらの欲が強いかと言うことです。

勝つ欲が強いのか
打つ欲が強いのか
この中で勝つ欲が強い人の方が
収支の上で有利になるのは間違いないです。

でもスロット遊戯者の一部には
ジャグラーは200G以内に当たりやすいとか
大ハマりの後は連チャンしやすいとか
根拠のない迷信(オカルト)を信じている人がいます。

でも結局オカルトを信じている人は
スロットで楽に勝とう
ということが根底にあるのだと思います。

自分の過去の経験に照らし合わせて
根拠のない台を打ち散らかして
勝った時には「自分の実力」
負けた時には「遠隔」「運がなかった」と
他人のせいにして

本当に大切な勝つための努力をしていない人たちです。

決してオカルトがダメとは言っていませんし、
それで楽しんでいる人はいいですが

負けた理由を自分以外のものに
当たるのは明らかに方向が間違っています。

でも恥ずかしい話
昔の僕はずっとこの思考が付きまとっていました。

負けるたびに
・たまたま運がなかっただけだ
・自分だけ当たらないようになっている
・遠隔だ!!

負けた結果を自分以外のせいにして
自分を正当化していました。

でもそんなのは
「どうすれば宝くじの1等が当たるだろうか?」

と考えているのと一緒で
考える方向が大きく間違っていたのです。

その結果学生時代は
極貧の生活をしてしまい、
良い思い出なんかほとんど作れず終わってしまいました。

そんな間違った考え方をしていた僕でも
正しい思考で
正しい行動をすることによって
安定して勝つことが出来るようになりました。

世の中には多くの
スロットで生計を立てている人がいますが
基本的な考え方は同じです。

勝てるお店選びをして、
勝てる台選びをして、
勝てる機種選びをして、
勝てるテクニックを駆使して
スロットで勝っています。

勝つために才能は不要です。

強いて言うなら
中学数学程度の計算力があれば
誰でも勝つことが出来ます。

要は正しい知識を持って正しい行動をしているかどうか、

それに尽きます。
例外はありません。

今まで負け続けていたのには理由がありますし
勝つための知識がないか
知識があっても行動出来ていないかのどちらかでしかありません。

逆に言えば
どちらも実践できた時には
誰でもスロットで安定して勝つことが出来るのです。

スロットで勝ち続けるための唯一のパターンとは?

「スロットで勝つ」というと
少ない投資でボーナスに当選させて
そのボーナスを連チャンさせて
数千枚もの出玉を獲得する
ということをイメージすることが多いでしょう。

実際にこれが出来れば
最強なのですが
世の中そんなに甘くないですよね・・

そんなことがまかり通ってしまったら
パチンコ屋は経営することが出来なくなり
この世からパチンコ屋の存在自体が消えてなくなります。

パチンコ屋が存在していると言うことは
それほど旨い話は転がっていないということの
証明であると言えます。

ではどうやって勝って行くのかと言うと・・

投資<回収

となるようにすれば良いのです。

「そんな簡単なこと当たり前じゃないか」
なんて声が聞こえてきそうですが、
これを実際にやることが結構難しいんです。

まず普通にスロットを打っていたら
こんな結果にはなりませんからね。

投資を最小限にしながら
回収を最大限にすることを
常に心掛けながらスロットを打つことが必要です。

投資を最小限にするために
台選択をシビアに行ったり
店移動など足を使う必要が出て来ますし、

回収を最大限にするためには
毎G小役を目押しして
取りこぼしによって損をしないように
メダル1枚や2枚を取りに行くような
行動を必要とします。

一般的なイメージとは大きくかけ離れるのですが
これがスロットで常勝するための
唯一の方法
であり
この方法以外で勝ち続けていくことは不可能です。

ただあなたがこれらのことを意識して
一般の人より有利に立ち回って行くことが出来れば、

その恩恵はスロットを打てば打つだけ
お金として自分に舞い戻ってきます。

確かに面倒臭いことばかりですが
小さいことの積み重ねが
未来の収支を決定付けていきます。

スロットが何故勝てるのか?具体的な理由についてまとめ

レ点

スロットが勝てると言える
具体的な理由は以下の通りです。

〇選択肢が広い
(ホール・台選択は自由)
〇スロットは「遊戯」であるので
本気で勝とうとする人が少ない
〇勝てる台なのか負ける台なのか
簡単に計算できる
〇計算が簡単なので
「リスク回避」がしやすい
〇小さな地道な努力が大きな成果になる
〇スロットで勝つことは我慢が必要
〇技術的な問題よりも
欲に打ち勝つことが出来る精神力が大切
〇投資を減らして回収を最大限にすることのみ考える

結局は楽して勝つことが出来る訳ではなく
様々な努力や我慢をすることによって
勝てるようになります。

最初はこれらの努力や我慢が
煩わしく感じるかも知れませんが
慣れてくると当たり前になり
勝つことが当然の状態になります。

これは「稼げる自分への成長」であり、
この成長こそが
スロットで勝っていくための必須条件なのです。

いくら他人に頼っていても他人はあなたの代わりに
スロットを打って稼ぐことはできませんから。

当たり前と言えば当たり前のことですが、
スロットで勝ちたい人の多くは
早く当たりが引けて
たくさん連チャンする方法を教えて欲しい
と考えています。

ただ残念ながらそんなことは
パチンコ屋が存在しているこの世にはありえないことであり、
そういった他力本願な考えはこの場で
バッサリと捨て去ってしまい

スロット勝つことのみに
自分の全精力を注ぎ込むようにしましょう。

そうすれば
僕のように
毎月のお小遣いを肩身の狭い気持ちでもらうことなく

行きたい飲み会に堂々と参加出来たり
後輩に焼き肉を奢って感謝されたり
欲しいものを欲しいと思った時に買うことが出来たり
好きな人にプレゼントを買うことが出来たりします。

あとつい最近ですが、
妻の車がかなり古くなり
税金も上がってしまったので

中古車でしたが、
ローンを組むことなく
ほとんどをスロットで稼いだ
お金で購入することが出来ました^^

スロットで稼げると
このように大きな出費にも強くなりますね!

そんな未来を手に入れたいのであれば
少しずつでもいいので
一緒に勉強をしていきましょう。

今から参入しても全く遅くない

「スロットは稼げる」と
声を大にして言っても中には

「もう遅いから」と考えて
全く意に介さない人もいます。

でも本当に遅いのでしょうか?

確かに一時期は
知識がある人が少なく
おいしい時代もありました。

先見の明があった人たちは
おいしいところを取っていますが
後発組だってそんなに悪くないです。

すでに先人が歩いた道を
たどれば良いので
新しいことを開拓するよりも遙かに楽です。

そもそも今勝ち方を知らずに
スロットで負けてしまっている人は
まず勝ち方を学んで
少しでも負債を減らせるように努力した方が
長い目で見てもスロットを楽しめると思うんです。

現在毎月3万円ほど負けている人が
勝ち方を知って、
毎月±0に出来れば
その人は3万円も浮かせることが出来ます。

毎月3万円ということは
年間36万円です。

1年勝ち方を知るのが遅れるごとに
36万円の損失となるのです。

安定して勝っていくためには
昔に比べて厳しい環境になりつつありますが
負けないように立ち回るのは
それほど難しいことではありません。

負けないようにすることだって
立派に自分が成長しているということですから
取り組み始める時期に遅いということは全く無いです。

逆に言えば
今この瞬間から初めても良いくらいですからね。

先延ばしにしても結局やらなくなるか
そのうち忘れてしまうのがオチですから
勉強するなら今がチャンスです。

次の章では具体的に
スロットで勝つための計算式を
紹介します。

たった一つの公式だけで
全ての機種の価値が手に取るように分かります。

詳しくは次回の講座で解説しています。
↓↓↓

スロットの期待値って何?簡単な計算で1分以内に算出する方法!!

2017.10.11

スロット勝ち組養成講座一覧はこちら
↓↓↓

スロット勝ち組養成講座!
1章.スロット初心者のために勝てる理由を5分で解説!!そのシンプルな理由とは?←今ここ
2章.スロットの期待値って何?簡単な計算で1分以内に算出する方法
3章.スロット天井狙いの期待値って何?目の前の台の価値を一瞬で算出する方法
4章.スロットで効率を意識した目押しの考え方と克服するための練習方法
5章.スロット期待値稼働でスランプ時に確認する3つの事と、1つの解決方法!
6章.スロットの換金率を理解している?非等価店でも必勝の具体的作戦を伝授!
7章.スロットでの守るべきルール10選と気を付けたい「マナー」のまとめ!
8章.スロット初心者ほど収支管理を徹底するべし!継続できる付け方も紹介!
9章.スロットで勝つことが当たり前になった世界とは?
10章.スロットで稼ぐことに頼りすぎると危険!?隠された本当のリスクとは?

在宅副業で月3万円を手に入れるための4つの無料プレゼント配布中

 
 
 
 
 
 

全てのノウハウを詰め込んだ4つの無料プレゼント!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です