競馬新聞は本当に必要!?他の人がやらないことに勝利の鍵が!!

新聞 マークシート

皆さんは、競馬で予想するときは何を情報源にして予想しますか?
多分、多くの方が「競馬新聞」や「スポーツ紙の競馬欄」と答えるのではないでしょうか?

ただ、今の自分の状況を考えたら、デメリットの方が多いと考えたので、競馬新聞は購入しない方針でいきます。
その理由は…

1.値段が高い

競馬新聞の魅力の1つに、まとまって見やすいデータや調教などの取材データでしょう。予想をするために必要な情報もあると思います。
安いスポーツ新聞でも1日120円なので4週✕土日で計算すると、月に1000円くらいかかります。競馬新聞だと1日400円くらいかかるので、月に3000円近くかかるでしょう。今のところ、馬券購入するのは重賞のみを考えているので、そのために月々1000円から3000円の出費は痛すぎるし、僕にはまだ、それらの金額を回収する自信がありません。
なので、とりあえずネットでの情報収集を中心に考えています。直近のでデータのみであれば、ネットでも十分な情報があるので、無料で使えるものは積極的に活用していこうと思います。
使ってみて使いやすいオススメのサイトは今度紹介します(^^)

2.人と違うことをすることが回収率向上のための方法

競馬で回収率を上げるには、オッズとの関係が考えられます。
競馬のオッズというのは控除率や売り上げによって決まっているのは以前紹介しました。
↓↓↓
その時の記事はこちら

券種によって、控除率が決まっていて、売り上げに対して一部が主催者(JRA)に入って、
残りを当たった人で山分けするシステムです。

つまり、1億円の売り上げがあって、単勝(還元率80%)のそれぞれの売り上げとオッズの関係が
1番人気に4000万円だとオッズは2.0倍
2番人気に2000万円だとオッズは4.0倍
3番人気に1000万円だとオッズは8.0倍



10番人気に10万円だと80.0倍 になります。

かなりざっくり書きましたが、こんな感じになります。

要はオッズというのは、馬券を買った人達の人気投票になるわけですね。そして、多くの人は競馬新聞を読んで予想をしている。
この事実から考えると、競馬新聞を買って、他の人と同じような買い目になってしまうと、平均値である70~80%の回収率に落ち着いてしまうのでは無いかと考えています。

もちろん、新聞には多くの情報が入っていますから、今後多くの(重賞以外の条件戦などの)レースで予想する場合には必要になってくるかもしれません。
ただ、現状のスタンス(重賞レースのみの馬券購入)だとあまり必要性を感じません。

新聞の代わりに、出走馬の前のレースを必ず確認する

新聞などを購入しない代わりにそのレースの
出走馬全頭の前レースは必ず映像で確認しようと思います。

そうすることによって、新聞には表現されないような
・直線での不利
・位置取りのミス・仕掛けのタイミングのミス
・余力残し
・力の限界
などが見えてくるのかなと。
その他にも多くの情報があると思いますが、
そういった生の情報が生きてくることは少なからずあるのではないでしょうか?

そして、その馬の本当の実力が出せなくて惨敗した前走の影響で、人気がなくなっていれば
人気が下がる為に、ある程度の勝ちが見込めて、当たったときの配当が大きくなる状態。そこに「期待値」が詰まっていると、僕は考えています。

その「期待値」をうまく取れれば、回収率の向上が見込めるので、そこを狙えるように情報収集をしていこうと思います(^^)

まとめ

出来るだけ不要な支出は減らしながら、回収率を向上させることは長く続ける上で必要なことだと思います。
そのために、新聞を購入せず、無料で入手できるデータを活用して行こうと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です