スロット非等価での損失の計算方法と実践からの損失を試算した結果!

コイン

今回は、
現金投資の時に生じる
換金ギャップについて
どのくらい損になるのかを
解説しています。

僕の地域では、
等価交換のホールはありません。

新規のホールを開拓していますが
そこには貯玉がないので
勝負するには貯玉の有無が
非常に大きく影響している
ことを痛感しました。

以前にも似たような記事を作成しましたが、
改めて検証してみたいと思います。

現金投資による損失の計算方法

前回の記事でもお伝えしましたが、
56枚交換の場合の
意味・仕組みのおさらいをします。

借りる時は50枚なので、
その時点でのメダルの価値は

1000円/50枚=20円/1枚
です。

56枚交換の場合
このメダルを換金する時に
価値が減ってしまいます。

どのくらい減るのかというと

1000円/56枚=約17.8円/1枚
になります。

1枚当たりでは
20円-17.8円=2.2円
ずつ価値が落ちてしまいます。

つまり1000円をサンドに入れて、
そのまま換金すると

2.2円×50枚=110円
の差が出てきます。

この110円が『換金ギャップ
となるわけです。

換金ギャップは
確かに不利となることもありますが、

メリットとしては
ホールとしては利益も取りやすくなるので
高設定などのお店が不利になる設定を
入れやすくなる傾向にあります。

換金ギャップの違いによって
設定の入り方は全然違うので
高設定になかなか座れない方は、

低換金率のホールを視野に入れると
高設定を打つ機会が
増える可能性があります。

天井狙いで稼ぐ為には
あまり恩恵はありませんが・・

自分が嫌だと思う分
ライバルも同じ気持ちで敬遠しやすいので、
そこを狙う方法もあります。

損失の計算式

換金ギャップがどのくらいの損失を与えるのか
現金投資と、
貯メダル再プレーの場合で
検証しています。

現金投資の場合

計算式については
すろぱちくえすと様を参考にしています。

色々なサイトを見てきましたが
一番わかりやすい解説だと思います。

換金ギャップによる損失割合=50÷交換率(◯◯交換)
換金損=投入金額×換金ギャップによる損失割合

引用:すろぱちくえすと

電卓を使用すれば簡単に計算できます。

要は何%減らされるのかを計算する
ということです。

47枚貸出しの場合は
50→47にして計算すれば良いです。

貯メダル再プレー&手数料無しの場合

会員カード

次は
持ち玉を使用した場合や
貯メダルを利用した場合です。

こちらの場合は、
複雑な計算は必要ありません。

メダルを
1枚17.86円で借りて
1枚17.86円で換金するので
換金ギャップが存在しません。

20円に対して約11%少ないので
期待値は等価の11%減った額となります。

例えば50枚等価交換の場合
期待値2000円だとすると、
メダル換算で+100枚になります。

メダル100枚は56枚交換では、
1785円分になります。

2000円の11%減は、
1780円(2000円×89%)ですので、
ほとんど同じ数値になります。

小数点を入れていないので
多少の誤差は出ますが
大きくズレることはないでしょう。

現金投資であれば、
1000円を入れてメダルにした瞬間に
110円も損失していましたが、

貯メダルを利用すれば
そのような損失を気にすることはなくなります。

もし1ヶ月で10万円ほど現金投資しているとしたら
それを貯メダルで済ませるだけで
11000円も損をしてしまいます。

10万円も投資しないよ!!

と思われるかもしれませんが、
思っているよりも投資している可能性もありますから
注意してください。

例えばある日は、
投資2万円で3万円の回収で+1万円

次の日は
投資1万円で回収1万円で±0円

その次の日は
投資2万円で回収1万円で-1万円

だったとします。

この場合の収支は±0ですが、
投資は5万円になっています。

もし最初の現金投資だけで
その後は貯メダル再プレーをすれば、
3万円の現金投資がなくなるので

3万円×11%=3300

つまりは
貯メダルするだけで3300円も
プラスにすることが出来るのです。

やったことは、
現金にしないで貯メダルするだけです。

たったこれだけで
±0→+3300円にすることが出来ます。

いかに毎日現金投資をすることが
損になるか
分かりましたか?

貯メダルがあるかないか
だけで狙えるG数が変わって来ますので
出来るだけ貯メダルを作って利用するようにしましょう。

中には、
貯メダル再プレー制限のあるホールも
あると思います。

僕の地域では500枚制限が多いですが、
出来るだけ貯メダルを利用しながら
稼働するように意識しています。

それだけでもかなりの金額が
変わりますよ。

以前の記事の一部抜粋です。
※計算は55枚交換で計算

昨年の10月から1月まで
約4ヶ月で
投資額が120万円を超えています。

もちろん貯玉を出来るだけ使っていますが、
もし全て現金だったとすると・・・

120万円=1200×千円です。

千円を1200回サンドに投入する訳です。
千円当たりの損失は90円ですから、

1200×90=108,000円です!!

4ヶ月足らずでこの金額ですから、
年間にしたらものすごい金額になります。

※補足:貯メダル使用無制限のホールではない為、
120万円の中には一部現金投資もしています。
実際の差はこの半分くらいだと思います。

今回は、貯メダルを使用せず全て現金だった場合を計算しています。

詳細はこちらの記事を参照ください。
↓↓↓
スロット非等価の差額を計算してみた!!たった4ヶ月でも大きな金額に?

たった4ヶ月でも
現金投資と貯メダル利用では
かなりの金額の差が出ます。

このことを意識するだけで、
月単位・年単位での収支が
大幅に改善する
かもしれません。

ホールで貯メダル利用出来る場合は
積極的に利用していきましょう。

貯メダル制限時の
天井期待値の出し方をまとめています。

併せてご覧頂けると
実践にも生かせると思います。

併せてご覧ください。
↓↓↓
貯メダル制限時の期待値を、複雑な計算を使わず超簡単に算出する方法!!

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です