スロット天井狙いで閉店取り切れずをそれほど恐れなくても良い理由!

時計を確認

僕たちサラリーマンスロッターにとって、
閉店終了というのは、避けて通れない道です。

仕事終わりの遅い時間からの稼働の場合、
当たってから上乗せしまくりで、閉店まで続いて取り切れなかった
と言う経験は誰にでもあるかと思います。

出来れば閉店前に取り切れれば最高ですが、
その辺のリスクについて自分なりの考察を紹介します。

機種の特性を考慮する

まずは、その台がボーナス終了後どこまで打てば最大の期待値が取れるかということを考えます。

例えば、モンキーターンや戦国コレクションのような
当たりが終了した後、天国ゾーンである100ゲームちょっとまで回さなければいけない場合は、かなり厳しめに設定します。

天国ゾーンがある機種は、比較的ゾーンの後半100~130くらいでの当選が多い傾向にあります。
100ゲーム回すとなると10分弱の時間が掛かりますし
そこから大当たりして、ボーナスを消化するにも時間が掛かります。

その間に閉店が来てしまえばおいしい状態を捨てなければいけないので
もったいないです。

全てを取り切った前提での期待値ですから
期待値を取り損ねることになります。

逆に、最近は即止め出来る機種が増えてきています。
そのような台は21:00~でも視野に入れることが多いです。
もちろん、閉店で取り切れなければ損をしますが、

そのボーナスが終わってしまえば、
それほど大きな期待値が残っていないので
損失が少ないと考えられます。

打ち出しから天井までハマって出続けた場合を考える

一番投資が多くなった状態(天井到達)で
閉店まで当たり続けたら
どの程度回収できるか簡単に計算しておきましょう。

ミリオンゴッド神々の凱旋の場合
僕は21:00~では、1000G以上を基準にしています。

1500Gが天井になるので
500G消化に45分で21:45にボーナススタートします。

1時間800Gとすると、仮に純増を2.5枚と少なめに設定しても
800G✕2.5枚で約2000枚回収できる計算になります。

投資は約25G/50枚とすると
投資は500G/25G✕50枚で約1000枚になるので

閉店で取り切れなくても、+1000枚で終われます。

個人的には、このくらいであれば打っても良いかなと思っています。

さじ加減は個人差がありますので、
もう少し厳しい条件にしている人もいます。

ただ、

どんな時でも自分の基準を明確に持って
悔いのない台を打っていくことが
大切になるのだと思います。

スロットで勝っている人は頭を使って、ベストな行動を考察しています。
僕も、少しでもプラスになるよう頭を使って稼働しています。

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です