「未だに遠隔操作を信じる人って凄い」という記事を読んで思ったこと

PUSHボタン

先日
クロロ店長が運営する
「みんパチ」に関する記事で
面白いものがありました。

クロロ店長の記事はこちら↓↓↓
【みんパチに関するお知らせ】未だに遠隔を信じている人って凄い

みんパチとは・・・
読者がホール情報などを
投稿してそのホールの評価を決めようとする
画期的な試みのサイトです。

残念ながら
僕がいる地域は
レビューが集まっていないので
有効に活用できていませんが

読者の生の声が聞けるし、
2ちゃんとは違って
運営側の審査が入ることもあって
建設的な意見が多いと思います。

都会などのレビューが多い地域では
上手く活用すれば
立ち回りの幅が広がりそうですね。

みんパチに投稿された意見の中に
遠隔を疑っている人たちが多くいて驚いた
という記事の内容でした。

そんな記事を読んで思ったことを
記事にしてみました。

それではご覧ください。

遠隔を信じる気持ちはよく分かる

最初にクロロ店長の記事を見たときの感想は
「まだ遠隔を信じている人がいるのか」
「勿体ないな」でした。

まあ僕も昔は
遠隔を疑ったことがありましたので
気持ちは分かるのですが、


そんなもの信じても何の得にもならないんですよね。

このことは、
昔の自分に言ってやりたいし、
まだ遠隔を信じている人がいれば
この言葉を少しでも受け止めて欲しいです。

そもそも個人レベルでスロットの確率を収束させることは
無理なことですし、
偏りはどうしても生じます。

その偏った部分だけ取りだして
「遠隔だ、犯罪だ、詐欺だ」
と騒いでも何も変わりません。

確率がブレるのは
仕方ないことで
自分の力ではどうしようも出来ません。

自分の力ではどうにもならないことに対して
文句を言っても
結局は何も変わらないんですよ。

昨日と同じレベルの自分がいて
それがずっと続いて

1ヶ月後も半年後も1年後も10年後も
ずーーっと同じレベルの自分がいます。

結局負けることには原因があるので
それを自分が制御できない
自分以外に原因を求めても何の解決にもなりません。

悔しかったとき自分以外のもののせいにしやすい

悔しい人

人間は、
上手くいかなかったときに
他人や自分以外のもののせいにして
自分を正当化します。

「サワーグレープス」という言葉をご存じですか。

いそっぷ童話で
「すっぱいぶどう」という話があります。

きつねが山を歩いていて
おいそうなブドウがなっていた。

何とかブドウを取ろうと
飛び上がったりするが、
届かずに1つも取れなかった。

きつねは去り際に
「きっと、あのブドウはすっぱくて
おいしくないブドウに違いない」
と捨て台詞を残して
行ってしまった。

という話です。

僕は遠隔を信じてしまう心理は
このきつねに近いんじゃないかと思うんです。

出来なかった事や
上手くいかなかった時に

自分の都合の良い言い訳で
正当化したり、評価を低くしたりします。

スロットで勝ちたかったけど
負けてしまったのは
遠隔操作が悪い!(自分は悪くない)

という思考になります。

ことわざになるくらいなので
人間が陥りやすい心理なのでしょう。

疑うことは悪くないが、勉強もせずに疑う事は間違い

勉強しない

スロットで負けてしまった時に
自分は悪くない!遠隔が悪い!
と考える人間の心理は理解できます。

でもこの情報社会で
何も調べず、何も信じず
自分の価値観だけで生きていては何も成長しません。

決してスロットで負けることが
いけないのではないです。

楽しみでスロットを打つ方や、
友人たちとワイワイスロットを打って
気分転換することは全く問題ありません。

でもスロットで
負けたくない・少しでも勝ちたいと思っているのに
自分の理想にならない理由を
他のものに求めるのはちょっと違うかなと・・

そして今は何でも調べられる時代ですから
「スロット 遠隔」で調べれば
色々な記事が出てくるでしょう。

その中には
遠隔肯定派や否定派、中立派(?)
など様々な意見があるでしょう。

僕は記事を読んでいく中で
スロットで勝っている人の考えを参考にしました。

その人たちは口を揃えて
遠隔はほとんどない!」と言っているのです。

最初は不安でしたが、
多少遠隔されたとしても
負けないような立ち回りをしようと思ったんです。

それはつまり

自分自身のレベルアップ
ですね。

そうすると全く同じ環境で稼働しているのに
見えてくるものが変わってくるんです。

期待値がマイナスだと思われる台にも関わらず
夢中で消化している常連さんと
今までの自分の姿がダブって見えたんです。

その時悟りました

自分は負けるべくして負けていたのだ」と。

そうなれば後は勝つための勉強や行動をしていけば
自ずと結果は付いてきます。

そうなればもう遠隔など疑う事はないんですよね。

もし遠隔があるとしたら、
自分は±0か負けているはずで
勝てるわけがないのだから

勝っているという事実が
遠隔という見えないものの疑いを晴らしたわけです。

僕も昔はスロットで負けまくって、
遠隔のせいにしていた時期がありましたが、
1から勉強し直して
考えを改めることが出来ました。

その時に比べて今は
情報を簡単に手に入れられる時代になりました。

ですから当時の僕に比べて
情報を取りだして勉強することは
とても簡単なことだと思います。

遠隔を信じていては、
金銭的な期待値ももちろんのこと
人生の期待値も損失してしまいます。

遠隔を疑う前に
自分自身のレベルアップをしてみましょう。

そうすると見える世界が変わって来ます!

遠隔については
以前の記事にもまとめています。
あわせてご覧ください。
↓↓↓
スロットの遠隔操作はある?ない?現時点での実態を徹底的に解説!

こちらもどうぞ
↓↓↓
・初心者講座一覧

どんな些細なことでも質問を受け付けています。
24時間以内に必ず返信しますので、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
最後までお読み頂きありがとうございました。
現在、ランキングに登録中です。
皆様の応援1ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村
パチスロ ブログランキングへ

投稿者: のりへい

30代サラリーマン、天井狙いを中心にスロットでお小遣いを稼いでいます。 スロットでお小遣いの稼ぎ方など情報を提供していきます。

“「未だに遠隔操作を信じる人って凄い」という記事を読んで思ったこと” への 4 件のフィードバック

  1. 遠隔信者のみなさんの凄いところは、遠隔で負けてると思ってるのにパチ屋に行き続ける事ですね(-。-;

    まぁ、そんなみなさんのおかげで勝ててるんですが^ ^

    1. コバさんコメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりです!!

      遠隔やオカルトが信じられている間は
      パチンコ屋が潰れることはなさそうですね。

      遠隔信者さんたちも負けたいと考えている訳ではないと思いますが、
      結局努力して勝とうとしないので
      勉強するという思考にはならないんでしょう。

  2. 論点がずれてますが負けてる方や某爆○などにはハイエナ行為がみっともないとか汚いとかいう表現をしている方がいますが逆にあなたは他人が少しでも回した台や高設定と思える台天井に近い台はまわさないんですか?と問い返してまともに論破されたことありません。
    パチンコ屋で遊戯してるということは18歳以上でほぼ大人なのに何故負けているのに勝とうとする努力学習をしない自分に非があると私は思います。

    1. ぼっちさん、コメントありがとうございます。

      ぼっちさんのおっしゃるとおり、
      負けている人本人に100%非があると思います。

      遠隔を信じて負けている人は、
      自分のせいではなく他人のせいにして
      自分自身は何も努力せず、
      今日と変わらない自分を明日以降も続けています。

      でも勝っている人は少なからず勝つための努力をしていると思うし、
      努力もしないで全部人のせいにしてしまうのが
      「一番勝てない道」だということに気がついて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です