スロットで期待値のある台を拾えない時に取るおすすめの対処方法!

走り出す人

前回は、ホール選びの重要性とチェックポイントについて解説しました。
勝つためのホール選びはここがポイント!初心者がチェックするべき重要項目とは?

ホールが決定した後は、
そのホールで台を選択していきます。

自分が基準とする期待値以上の台が空いていたら
それを打っていきましょう。

ただし、
すぐに見つからないこともたくさんあります。

特にここで挫折する人が多いです。

挫折しないためにも
こんな時どうしたらいいのか解説していきます。

そもそもなぜ簡単に拾えないのか?

頭を抱える

これまでの初心者講座で
天井狙いをオススメしてきました。

でも僕も、
最初から天井狙いで稼いでいたわけではありません。

じゃあどうやって、
天井狙いを勉強したのか?

皆さんと同じように
ネットで情報を拾って勉強したのです。

この画面を見ていると言うことは、
スマホかパソコンで
インターネットに繋がっている状態ですね?

今や色々な情報がインターネットを通じて
簡単に手に入るようになりました。

今までは情報を探す能力を問われましたが、
これからはその情報を取捨選択する能力が必要になります。

僕もスロットで稼げなくなった時期に
スマホでブログを読んで、
天井狙いの有効性について知りました。

それを実践していって、
効果が実感できたので
今でも継続して天井狙いをしています。

スマホ操作
天井に関する情報は
携帯・スマホがあれば
いつでもどこでも引き出すことが出来ます。

スロットを打っているほぼ100%の人は
携帯かスマホを持っていて、
簡単に天井についての情報を知ることが出来ます。

よっぽどの初心者でない限り
天井を知らないということはないでしょう。

例えば
ミリオンゴッド~神々の凱旋~の天井は
約1500Gですが、
1300Gとか1400Gなど、
もうちょっとで天井に到達するような
お宝台はほとんど落ちていません。
(年に1度くらいは拾えるかもしれませんが、安定的に拾うのは難しいです)

残り100Gであれば、
大体4千円くらいで回せてしまうので
スマホで調べてしまえば、
ほとんどの人が止めないでしょう。

現在は、
天井の存在は多くの人に知れ渡っており
有効性も知られています。

そのため、簡単には期待値のある台を拾えないのです!!

では、こんな時どんな対処をするのが
有効なのか紹介します。

前日のハマりG数をメモしておく

メモを取る

まず、前日から準備が始まります。

特に古いタイプのデータカウンターで有効ですが
ハマりG数をメモしておくことは、
収支をあげることにおいて非常に重要です。

このメモのお陰で、
他の人には分からない
「見えない期待値」を拾うことが出来ます。

先ほどの話で、
天井まで残り100Gや200Gでは捨てられている事は少ないと
説明しました。

これは、見えている時の話で
見えていない時はこの限りではありません。

当日当たりがなく
700Gまでハマったとします。

データカウンター上は700Gと表記されるため
打っている人は1500Gまで打つことを
躊躇するかもしれません。

でも前日に600ハマっていたらどうでしょう?

対策がされていなければ
前日600G+当日700G=1300G
となります。

このように上手くいくことは稀ですが、
それでも当日1300Gハマりを拾う確率に比べて格段に
可能性は上がるはずです。

ここまで上手くいかなくても、
前日500G+当日400G=900G
くらいであれば、探せば拾えるでしょう。

特にデータカウンター上で前日G数が見えない場合は
非常に有効になります。

このような裏技を使うことで
稼ぐ可能性を高めていく訳です(^^)

下見はしなければいけないの?

夜の街

閉店間際にホールに行って、
G数をメモすることは、
安定的に多くの稼ぎを得るには必要です。

ただ、仕事もして家庭を持っている場合は
下見が難しいこともあるでしょう。

僕も次の日が休みでもない限り
閉店間際の下見には行きません。

では、G数をいつメモするかというと、
そのホールに寄った帰り際にメモを取るのです。

仕事終わりにホールに寄って、
稼働出来たり、出来なかったりするわけですが

そのホールを出る前に
ハマりの大きい台の
「総G数 大当たり数 ハマりG数」
をメモします。

翌日にホールに行った時に
大当たり数が変わっていなければ
総G数を確認して、
G数が増えていればその増えた分を
ハマりG数に足します。

そうすることで
前日のハマりG数を把握することが出来ます。

たったこれだけです。

これだけなら簡単に出来そうな気がしませんか?

閉店間際に下見に来なくても
帰り際に
データを取っておくだけで
自分だけしか分からない
見えない期待値が拾える可能性が出てきます。

帰り際であれば、
まだ多くの人が稼働しているでしょうし
カウンターをチェックしていても
目立ちにくいというメリットもあります。

目立ってもいいことは1つもないですからね(^_^;)

極力目立たないように気をつけることも大切です。

その店に宵越しでも基準の台がなかった時の次の行動!

走り出す人

当日ホールへ行って、
メモを頼りにしながら
自分の基準以上の台を探します。

でも、
毎日安定的に拾えるわけではありません。

時には拾えない場合も出てくるでしょう。


この時の対処法が収支を大きく分けます。

一番のオススメは
店を移動することです。

僕も参考にしている、
「初当たり890円」の管理人ぽこちさんは、

120秒ルールを設定しているようです。

さすがに、僕の場合は120秒と言うわけには行きませんが、
5分以内を目安に店を出るようにします。

僕が考える、スロットで稼ぐ上手い人は
『打たないことが出来る人』
だと思っています。

これは、その店に打てる基準がなかった時に
打たないで帰る・店を変えることが出来る人ということです。

ホールにスロット台が200台あったとして
そのホールにいると、200台が対象ですが、
店を4店舗・5店舗と移動する人は、
台の対象を800台・1000台に増やすことが出来ます。

どちらが有利になるかは
考えるまでもありません。

中には、1つのホールにとどまって
休憩室でスマホゲームやマンガを読んだりして
空き台待ちをしている人を見かけますが

僕は、勿体ないと思っています。

手持ちホールを3店舗くらい持っていると、
1店舗目で稼働出来なかった時、
2店舗・3店舗目に移動出来ます。

そこで稼働が出来たり出来なかったりしますが、
一通り回った後に1店舗目に戻ってみることも多いです。

ホールを回っている間に時間が経過するので
その間に台が育っていることもあります。

このように足を使って稼ぐことも出来ます。

僕も頭を使うことは得意ではありませんが、
足を使うことは誰にでも出来ます。

多くの人は移動することを
面倒くさがって同じホールにいることが多いです。

他の人がやらないことをやることにより
勝ち組になることが出来るのではないでしょうか?

打てる台がなくて困った時は、
そのホールにとどまるだけではなく
少し面倒でも、自分の足を使って稼いでみてください(^^)

最終的にスロットで稼ぐ為には
ホール選びや台選択が重要です。

他にもメンタルの保ち方、お得な情報など
まとめてありますので、
よろしければどうぞm(_ _)m
勝つための講座はこちら
↓↓↓
・初心者講座一覧

最後までお読み頂きありがとうございました!!
質問受付中
↓↓↓
お問い合わせはこちら

のりへい
スロット規制で稼ぎにくくなっても、新たな収入源を確保して稼ぎ続ける方法が学べる動画を
今なら完全無料で紹介しています。
さらに今なら感想送付で3つの追加プレゼント!!
▼詳細は下の画像をクリック▼

LP画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です