スロットでつい遊び打ちをしてしまう人の特徴と実際に行った克服法を紹介!

先日スロット稼働している友人と会話している時、

「ホールに入るときは期待値稼働を
するように気をつけているのだけど
気がついたら遊び打ち(養分打ち)をしてしまって困る」

というような発言がありました。

スロットで勝ち組になるのには
①知識
②行動力
③精神力

が必要になります。

初心者から中級者になるために
知識を持って行動出来ていても
最後の精神的な問題で
その行動を維持出来ず

なかなか次のステップに行けない人
多くいます。

今回はそんな人に向けて
僕が実際に行った方法も紹介しながら
解決方法を提示してみたいと思います。

それではご覧ください

意志が弱いことを前提にする

考える人


「自分は意志が弱い人間だ」

このことは、
多くの人が抱いている感情だと思います。

僕も意志が弱く
朝早く起きようと思ったり
運動をしようと思ったりしていますが、
実際に行動出来ないことが多いです。

人間は誰しも弱い部分を持っていて
その1つが意志が弱いということでしょう。

スロットを打ちに行って


「今日は絶対養分打ちをしないようにしよう」

と決めたとしても

数時間後には
ホールで期待値のない台を打ってしまって
負けた後に後悔することがあります。

僕にも同じような時期があって
それを克服することで
安定してスロットで勝てるようになりました。

まずは
人間は意志が弱いということを
意識しましょう。

そして無理のない解決策を
検討することが大事です。

メモを取り振り返る癖を付ける

勉強する人

ホールに入ると
あの轟音と独特な雰囲気で
正常な思考が一時的にできなくなります。

その時は最善だと思って行動したとしても
冷静なときに振り返ってみると
全然良い行動でなかった
ということはよくあります。

振り返って反省することが
成長に繋がります。

スロットもダイエットも同じ原理

以前の記事でも紹介しましたが、
ダイエットで有名な
『レコーディングダイエット』
をご存じですか?

食べたものや体重を記録するだけの
誰でも出来る簡単なダイエット方法です。

人間は記録をすれば、
後から見返すこともありますし、
数字を良くしようと
頑張る心理が働きます。

その心理を利用してダイエットに生かすわけです。

スロットの養分打ちを制限したり
ダイエットで食事を制限したり
何かしらの制限があることは
人間にとってストレスになります。

それで一番ストレスが掛かる場面、
「スロットを打ちたい時」や
「おいしいものを食べたい時」
に冷静な判断が出来にくくなり
誘惑に負けてしまいます。

それを記録しておいて
ストレスが少ないときに
見直して反省すると言うものです。

こうやって
見直すことによって
自分が出来ていない部分を
把握することが出来ます。

失敗してしまうパターンや状況を
冷静なときに検討することが出来ます。

僕も以前収支を付けているときに
乱れ打ち」というカテゴリーを作っておいて
収支を入力する時に

天井狙いやゾーン狙いなど
明確な根拠がなかった場合に
そのカテゴリーに入れるようにしました。

ガラケー時代のデータなので
今は手元にありませんが、

乱れ打ち項目だけで
-20万~-30くらいの
収支だったと思うので


「乱れ打ちのカテゴリーに入らないように
根拠を持って立ち回ろう!」

と冷静な時に考えることが出来ました。

こうやってメモを取って分析すると

例えば、
期待値稼働をしようと思ってホールに行って
その時に基準以上の台が見つからなかったら
ついつい好きな台を遊び打ちしてしまう
ことを原因分析出来ます。

この原因を分析するとすれば

・打てる台を見つけられない

・店を移動することが出来ない

・自宅へ帰る事が出来ない

・打ちたい欲求に負けてしまう

こんな感じでしょうか?

反省した後は現場で実践!その時のポイントは?

POINT

メモを取って反省した後は
ホールで実践するだけです。

打てる台を見つけられない場合は
知識を増やして
狙える台の幅を広げましょう。

最初は
覚える台の数が多いので
大変だと思いますが

何度か打ったことのある機種であれば
狙い目など記憶に残るので
古い機種を覚えていったら
後は導入される新台の知識を入れればいいのです。

最近は導入されるペースも早くなっているので
僕も覚えるのに必死ですが
1週間に2~3機種くらいであれば
それほど難しくないです。

店を移動することや自宅へ帰る事は
初心者の方にとっては
かなりハードルが高いと思うので
これについては
最後に対策を紹介します!

打ちたい欲求に駆られてしまうのであれば
一度冷静になることが大切です。

一度台をキープしておいて
トイレに行ってみたり
外に出てみたり
休憩スペースでコーヒーを飲んでみたり
しながら本当にその台を打つ意味・根拠があるか

ということを冷静になって
考えてみてください。

ホールの中にいると
独特な雰囲気に飲まれて
冷静な判断が出来なくなることが多いので

一度席を外して考えることは
非常に有効な手段になります。

遊び打ちしたくなった時の
自分なりの対処法が見つかるといいですね。

スロットよりも優先したいことをする

天秤

先ほどの
店を移動したり
自宅へ帰ったり出来ない場合の
僕が行った対処法を紹介します。

それは
「スロットよりも楽しいことや優先したいことを見つける」
ことです。

僕は昔からゲームが好きで
家ではテレビよりもゲームをやっていることが
多かったです。

最近はめっきりゲームをすることも
減ってしまいましたが、
以前はよくやっていました。

スロットで遊び打ちしたりして
負けが続いてしまった時は、
新しいゲームを買って来て

ホールで自分以上の基準がなかった時に
そのホールに残るのではなく

「家に帰ってゲームでもやろう!」

という気持ちで、
自宅へ帰ったりしました。

他にも
趣味でゴルフをやっているので
クラブを車に積んでおいて
ホールを出た後に
ゴルフの練習に出かけたりしました。

ホールから移動した方が
僕にとって楽しく有意義に過ごせる
環境
にしたわけです。

人間は損得を計算しながら行動を決めています。

僕は学生の頃からタバコを吸っていましたが、
ある時を境に禁煙することが出来ました。

今では全く吸いたいとも思いません。

ではなぜやめることが出来たのか?

きっかけは
増税でタバコの値段が上がったことです。

値段が上がる前に
2カートンくらい買っておいたのですが
1ヶ月持たずになくなってしまいました…。

その時に
「タバコ台1ヶ月に1万円以上もするなんて
勿体ないな」

と思ったんですね。

そして
最後の一箱残り10本くらいを
いつでも吸えるお守り代わりとして
車に入れて禁煙を始めました。

最初の3日はきつかったですが
その後は、

「3日我慢して振り出しに戻るのは勿体ない」

と言って1週間経ち

「1週間我慢して振り出しは勿体ない」



と勿体ない精神で、
2年以上1本も吸わずに来ています。

僕の中では
タバコを吸うことが「
という感情になっていって
辞めることが出来ました。

最初はお金を損するという
意味で始めましたが
徐々に吸って振り出しに戻ることが
損であるという感情になっていって
最終的に辞めることが出来ました。

スロットでも
同じように
養分稼働をしてしまうことが
」であり

移動することが
」である環境にすると
少しは遊び打ちを減らせると思います。

好きな台を好きなだけ打って
ストレス発散することは
否定しませんが、

それによって金銭的なストレスを
抱えてしまうのであれば
是非上記の方法を試してみてください!

意識や心掛け1つで
行動が変わって収支も改善すると思いますよ。

初心者から抜け出すには
正しい知識・行動力が大切です。

こちらに関連した記事を
紹介しているので併せてどうぞ!!
↓↓↓

スロット初心者でも絶対に負けないための方法や立ち回りのコツ!


スロット稼働時に注意したい遊び打ち!やめ時を間違えると時給が激減?

どんな些細なことでも質問を受け付けています。
24時間以内に必ず返信しますので、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
最後までお読み頂きありがとうございました。
現在、ランキングに登録中です。
皆様の応援1ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村
パチスロ ブログランキングへ

投稿者: のりへい

30代サラリーマン、天井狙いを中心にスロットでお小遣いを稼いでいます。 スロットでお小遣いの稼ぎ方など情報を提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です